中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

ヨアヒム・ラートカウ氏インタビュー

フリージャーナリスト・岩上安身さんのサイトで、本日2月2日、日本時間で10時から環境史家でビーレフェルト大学名誉教授ヨアヒム・ラートカウ氏(Joachim Radkau)のインタビューが配信されるようです。見たいけど、ドイツだと深夜だから起きていられるだろうか…。

こちら

大阪市立大学の招聘で来日されているようです。ぼく自身も、ラートカウ氏の研究からは多くを学ばせてもらっていますが(例えば、こちら)、今回の来日では、とくに戦後日独における核エネルギー政策の比較について重点的に講演されたようです。

こちらの文献も、次の一時帰国時には読んでみようと思います。

ヨアヒム・ラートカウ(森田直子・海老根剛訳)「ドイツ反原発運動小史」上・下『月刊みすず』599号(2011年11月)、600号(2011年12月号)

ラートカウ氏の主著『自然と権力』の邦訳もみすず書房から近刊とのこと。要チェックです。
[PR]
by schembart | 2012-02-02 08:15 | サイト紹介 | Comments(0)