中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

新年度のご挨拶

ずいぶんとブログ更新が滞っておりました。3月は環境史研究会での報告など、研究上も新しい出会いが続きました(報告レジュメスライド)。気が付けば、いつのまにか桜も咲いて、まわりは春の陽気です。変わったことと言えば、自動車免許を(ようやく)取りました!

2014年度に入り、ぼくも日本学術振興会の特別研究員PDとしての生活が始まりました。研究のテーマは、「中近世のアルプス山脈・レヒ川流域における地域環境史」というものです。受入は京都大学(服部良久先生)ですので、今後は西日本に足を運ぶことも多くなるかと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年にアウクスブルク大学に提出した博士論文、口頭試問の日取りが5月28日に決定しました。いまから緊張してしまいますが、最後まで気を抜かずに頑張らないといけません。アウクスブルクやミュンヘンの友人たちにも挨拶できるのが今から楽しみです。ちょうど登山の季節なので、それも楽しみ。その様子もまたブログでご紹介できればと思います。

この間に刊行された業績をいくつか。

〔史料翻訳〕
渡邉裕一「アレクサンダー・ベルナーの救貧制度調査報告記(1)―アウクスブルク」『エクフラシス 別冊』1号(2014年)、161-166頁
渡邉裕一「薪節約術の発明家特権―請願書と皇帝による特権付与証書」『エクフラシス別冊』1号(2014年)、167-177頁

〔報告要旨〕
渡邉裕一「16世紀後半アウクスブルクの《危機対応型》森林政策―災害史研究の視点から(2013年度早稲田大学史学会大会報告―西洋史部会)」『史観』第170号、2014年3月
渡邉裕一「自然災害時における都市の森林政策―アウクスブルクの森林書記会計簿(1563-1607年)を史料に(第109回史学会大会報告—西洋史部会)」『史学雑誌』第123編(1号)、2014年1月、138頁

2014年度もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
Commented by ミュンヘンなんちゃって山岳狂会 at 2014-10-04 20:19 x
おーい、Servus Nabechan
ich kann dich per email nicht erreichen.
Ist sie immer noch aktiv oder hast du die Adersse geaendert ?
Wo bist du denn jetzt ?
Bitte lass uns mal wissen, wo und was du gerade herumtreibst.
Schena Gruass und haberede.
Berg Heil !
by schembart | 2014-04-03 14:57 | 研究 | Comments(1)