中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2011年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

回顧と展望

みなさまお久しぶり。台風15号で成田着が叶わず、新千歳空港に向かい、北海道で一泊したりと慌ただしい一時帰国となりましたが―初北海道、美味しいラーメンだけはちゃっかりと頂いてきました―、いまは実家でのんびりと過ごしております。帰国してすぐに、大きな本屋さんに行って『史学雑誌』5月号の「回顧と展望」を手に取りました。

「2010年の歴史学界―回顧と展望―」『史学雑誌』(第120編第5号、2011年5月)

『史学雑誌』の5月号は、昨年に歴史学界で発表された著作・論文から、信頼できる研究者たちがそれぞれに重要と思われる成果を取り上げて、短い論評をつけて紹介するというもの。歴史を学ぶ大学院生にとっては、研究の重要な道しるべとなりますし、若手の研究者にとっては、自分の論考が取り上げてもらえるかどうかが気になるところ(再録)。

ありがたいことに、拙論「16世紀後半における薪節約術の発明とその社会背景」も、ヨーロッパの「近代―ドイツ・スイス・ネーデルラント」(渋谷聡)で取り上げていただいていました。一段落を使って紹介してもらい、嬉しい限りです。「本論文では特権授与にいたるプロセスがかなり詳細に解明されているが、薪節約の「技術」そのものについては詳らかではない。そこがわかれば、「一六世紀文化革命」(山本義隆)につながる新たな局面も見えてこよう」(341頁)、とのこと。16世紀文化革命については、正直なところ、本論文執筆時にはまったく意識してませんでしたが、たしかにその方向から薪節約術の発明を捉えてみることで、意義ある考察が可能となるかもしれません。

一時帰国でのんびり過ごそうと思っていたのですが、ありがたいことに、新たに論文執筆の機会が頂けそうなので、ここはひとつ、またがんばろうと思います。とはいえ、読みたかった本もたくさん購入してしまったので、時間を見つけてこのブログにその読書感想も書いていきたいと思います。それでは、また。
[PR]
by schembart | 2011-09-30 12:40 | 研究 | Comments(4)
2週間前のコフェル山登り、頂上でのなんちゃって山岳狂会ご一行の昼食休憩がミュンヘンの地元紙「ミュンヘナー・メルクーア」の一面(?)を飾りました。なんちゃって新聞デビューです。記者の要求に笑顔で答えるメンバーをよそに、草臥れ姿で後ろの方にちゃっかり写り込んでしまっているのが、ぼくです。
b0175255_048673.jpg

Münchner Merkur, Garmisch-Partenkirchener Tagblatt, Freitag, 9. September 2011
[PR]
by schembart | 2011-09-20 00:46 | 登山 | Comments(2)

ベネヴァントお花編

ベネヴァントのお花編です。昨年の8月と見比べると、また味わいもひとしおかもしれません。
b0175255_343379.jpg

b0175255_3444626.jpg

b0175255_3454070.jpg

b0175255_3463926.jpg

b0175255_3474678.jpg

b0175255_3484478.jpg

b0175255_3494958.jpg

b0175255_3505711.jpg

b0175255_352032.jpg

b0175255_353367.jpg

b0175255_3593213.jpg

b0175255_404068.jpg

b0175255_42687.jpg

b0175255_441026.jpg

b0175255_45744.jpg

b0175255_463666.jpg

b0175255_474637.jpg

b0175255_491691.jpg

[PR]
by schembart | 2011-09-19 04:09 | 登山 | Comments(0)

ベネヴァント登頂

昨日のなんちゃって山岳隊は、ベネディクテンヴァント登頂をめざしました。ぼくは一年ぶり。雨の途中断念を経て、昨年8月にリベンジ成功した、あのベネヴァント。景色に富んだ、素敵な登山コースです。

さっそく出発。もう森は秋の匂い。少し紅葉も見えました。牛たちも夏のアルプから降りてきます。
b0175255_19234622.jpg

b0175255_19252398.jpg

雨の予報もあったものの、途中から太陽も出てきて、青空がひろがりました。
b0175255_19283769.jpg

b0175255_19314251.jpg

b0175255_19333212.jpg

b0175255_19363557.jpg

森の中でお昼ごはん。お腹一杯になりました。森を抜けると、目の前に聳えるベネヴァントが。
b0175255_19404981.jpg

アタック開始。
b0175255_19423693.jpg

b0175255_19461590.jpg

b0175255_19472939.jpg

頂上の十字架が見えました。
b0175255_19504514.jpg

到着~。十字架の下で身体を休めるなんちゃって隊員。疲れたー。
b0175255_19531311.jpg

b0175255_1956120.jpg

下山開始。てこてこと歩きます。ひたすらに。
b0175255_1959483.jpg

b0175255_2004480.jpg

b0175255_2041292.jpg

木の精のおじさんと一年ぶりの再会。よっ、と挨拶して、ひたすらに歩きます。
b0175255_2063942.jpg

b0175255_2091942.jpg

優駿にもご挨拶。
b0175255_20111827.jpg

ようやく帰ってきました。疲れたー。歩いた総距離は24キロを超えた模様。すごい。ミュンヘン近くのアウグスティーナーのレストランで晩御飯。二ュルンベルガー・ヴルストが美味しかった。
b0175255_2014495.jpg

その後、始まったばかりのオクトーバー・フェストにちょっとだけ寄って雰囲気だけ味わってきました。人がすごい。雨が降り出したので大人しく帰宅。疲れたけど、とても良い登山となりました。
b0175255_2017187.jpg

b0175255_20191161.jpg

[PR]
by schembart | 2011-09-18 20:19 | 登山 | Comments(2)
Reinhold Reith, Umweltgeschichte der Frühen Neuzeit (Enzyklopädie deutscher Geschichte Band 89), München 2011.
ラインホールト・ライト『近世の環境史』

定評ある『ドイツ史百科』シリーズの最新刊。著者は、ザルツブルク大学経済・社会史講座のラインホルト・ライト教授。本書は、①テーマの百科事典的概説、②研究の基本問題と動向、③資料・文献一覧の三部に分かれます。以下が目次になります。

******

Vorwort
はじめに

I. Enzyklopädischer Überblick
百科事典的概説

1. Was ist Umweltgeschichte?
環境史とは何か?
1-1. Feld und Epoche
フィールドとエポック
1-2. Periodisierung: Die Frühe Neuzeit und die Umweltgeschichte
時代区分:近世と環境史
1-3. Räumliche Dimension der Umweltgeschichte
環境史の空間的広がり
1-4. Enzyklopädischer Ansatz
百科事典的な糸口
2. Natürliche Umwelten
自然的環境
2-1. Das Klima
気候
2-2. Klima und Landwirtschaft
気候と農業
2-3. Klimaextreme und Naturkatastrophen
極端な気候と自然災害
2-4. Seuchen und Bevölkerung
疫病と人口
3. Anthropogene Umwelten
人為的環境
3-1. Kulturlandschaften
文化景観
3-2. Fließgewässer und Seen
河川と湖沼
3-3. Kulturpflanzen
栽培植物
3-4. Fauna
動物
3-5. Wald
森林
3-6. Bergbau und Hüttenwesen
鉱山と冶金
3-7. Gewerbe
生業
3-8. Stadt
都市

II. Grundprobleme und Tendenzen der Forschung
研究の基本問題と動向

1. Klima und "Kleine Eiszeit"
気候と「小氷期」
2. Naturkatastrophen: Deutung und Bewältigung
自然災害:意味と克服
3. Seuchen
疫病
4. Wald
森林
5. Energie
エネルギー
6. Stadt
都市
7. Nachhaltigkeit und naturale Ressourcen
持続性と自然資源
8. Perspektiven
展望

III. Quellen und Literatur
資料・文献一覧

1. Lexika
事典
2. Übergreifende Darstellung und Sammelbände
基本文献と論文集
3. Natürliche und anthropogene Umwelten
自然的および人為的環境
4. Klima und "Kleine Eiszeit"
気候と「小氷期」
5. Naturkatastrophen: Deutung und Bewältigung
自然災害:意味と克服
6. Seuchen
疫病
7. Wald
森林
8. Energie
エネルギー
9. Stadt
都市
10. Nachhaltigkeit und naturale Ressourcen
持続性と自然資源
11. Perspektiven
展望

*******

まだ購入したばかりなので、これからじっくりと読み進めて行こうと思います。以前に紹介しました『環境史・入門』と並んで、本書も近世環境史研究の基本文献となるでしょう。ちなみに、中世の環境史については、こちらの文献が参考になります。

ちなみにちなみに、ドイツ環境史については、主に近代以降を対象にした文献が中心になりますが、九州大学の田北廣道教授による社会経済史学の視角からの詳細な研究動向論文があり、非常に参考になります。しかも、九州大学のリポジトリで公開されてますので、海外からも読むことがきて有り難い。こちら。続編が楽しみです。

田北廣道「社会経済史学の再構成に向けて : ドイツ環境史の可能性(1)」『經濟學研究』 77(5/6), 2011年, 73-107頁
[PR]
by schembart | 2011-09-16 18:55 | 文献紹介 | Comments(0)

滞在許可の延長申請

今日は大学の外国人局(Akademisches Auslandsamt)に行って、滞在許可証(Aufenthaltstitel)の延長申請をしてきました。

これまでは、パスポートに貼るシール式の滞在許可証でしたが、2011年9月からシステムが変更したようで、EU市民以外の外国人には、チップ付きの電子カードの滞在許可証が発行されることになったようです。作成には申請から4~6週間ほどかかるようで、来週に日本への一時帰国を予定しているぼくは、別に仮許可証(Fiktionsbescheinigung)を作成してもらいました。

チップ付きになり、いろいろと使用方法も多様化したみたいですが、アウクスブルクの場合、申請時における重要な変更点は二点。まず延長の申請料金が高くなりました。60ユーロから80ユーロに。ちなみに、初めて滞在許可を申請する場合は100ユーロ。DAAD奨学生は、ありがたいことに、今までと変わらずこの料金は免除となります。ありがたや、ありがたや。仮許可証の発行にも20ユーロかかるようですが、ありがたいことに、これも免除。感謝感謝。

もう一つは、指紋(Fingerabdrücke)を採られること。右手と左手の人差し指で三回づつスキャンして、いちばん写りが良い指紋が採用されるようです。滞在許可の延長申請も、そのぶん手続きが煩雑になり、以前よりも時間がかかっていました。それでも、アウクスブルクはそれほど大きくない都市なので、他の大都市に比べると、ずいぶんとスムーズに手続きは進みました。その日の混雑具合にも左右されると思いますが、ぼくの場合、今日は待ち時間・手続き時間、合わせて一時間とちょっとくらいでした。

郵便で送付されるから、必ずポストに名前を書いておいてくださいな、とのこと。どれくらい送付までに時間がかかるかは、まだ担当者のおばさんもわからない、とのこと。まあ、待っていてください、とのこと。こうして今年も、新しいシステムに面食らったものの、とくに不愉快な思いもせずに、無事に滞在許可証の延長を終えることができました。これでほっと一息。良かった良かった。
[PR]
by schembart | 2011-09-16 03:29 | 留学生活 | Comments(2)
以前に雑誌紹介「三十年戦争」でも触れさせてもらった文献、筆者の斉藤氏から抜き刷りをいただきました。どうもありがとうございます。先月末に送っていただいたのですが、こちらで取り上げるのを失念してました。

斉藤恵太「〔研究動向〕歴史のなかの三十年戦争」『史学雑誌』第120編第6号、2011年6月、62-86頁

分厚い研究蓄積を持つ分野では、丁寧な研究史の整理と的確な現況把握が非常に重要な作業となります。同時にそれは、とても手間のかかる、難しい課題でもあるわけです。とくに外国史の場合、その難しさはひとしおです。論文、とても勉強になりました。論文の最後に記された展望が、今後の研究でいかに深められていくか、気になるところ。DAAD奨学生の同期としては、負けてられないや、というそんな思いもあるわけですが、今後もいろいろと勉強させてもらおうと思います。ぼくも頑張らないと。
[PR]
by schembart | 2011-09-15 01:07 | 文献拝受 | Comments(0)

フライシュバンクお花編

お花編でーす。5月に咲いていた花と見比べると、なかなか面白いかもしれません。
b0175255_21523366.jpg

b0175255_215556.jpg

b0175255_2232419.jpg

b0175255_21563367.jpg

b0175255_21583124.jpg

b0175255_222021.jpg

b0175255_2244481.jpg

b0175255_2273163.jpg

b0175255_2284164.jpg

b0175255_2294296.jpg

b0175255_22104269.jpg

b0175255_2213831.jpg

b0175255_22145321.jpg

b0175255_2216044.jpg

b0175255_22175678.jpg

b0175255_22185471.jpg

b0175255_2220942.jpg

b0175255_22214394.jpg

b0175255_2222584.jpg

b0175255_22235169.jpg

b0175255_2224598.jpg

[PR]
by schembart | 2011-09-13 22:25 | 登山 | Comments(0)
前回の続きでーす。下山するなんちゃって山岳隊員たち。
b0175255_2040423.jpg

b0175255_2046357.jpg

記念撮影。
b0175255_2051093.jpg

b0175255_2053429.jpg

相変わらず良い天気。気分良く歩いて降りて行きます。
b0175255_2056251.jpg

b0175255_2101210.jpg

b0175255_2134083.jpg

帰りも中継地点の山小屋で休憩です。
b0175255_2110250.jpg

花の写真をぱちりぱちりと撮りながら、気持ち良く下山は続きます。風が心地良い。
b0175255_2115614.jpg

b0175255_21174777.jpg

b0175255_2120523.jpg

b0175255_2125118.jpg

西日に当たって草や木が輝いております。
b0175255_21283469.jpg

b0175255_21315675.jpg

b0175255_21333168.jpg

b0175255_21405686.jpg

ようやく駐車場に到着。疲れたけども、とっても楽しい登山となりました。
b0175255_2144736.jpg

エング村のレストランで晩御飯。ぼくはじゃが芋とブロッコリのオーブン焼きを注文しました。
b0175255_21472377.jpg

お花編はまた次回。お楽しみに。
[PR]
by schembart | 2011-09-12 21:48 | 登山 | Comments(0)
先日のなんちゃって山岳隊は、今年の5月に挑戦し、雪が積もって尾根歩きは危険と登頂を断念したあのフライシュバンクのリベンジ登山へ行ってきました。天気は晴れ。絶好の登山日和です。このごろのなんちゃって山岳狂会は、天候に恵まれております。隊員の日頃の行いが良いのでしょうね、きっと。なんちゃって。

さっそく出発。日差しは強く、ひぃひぃ言いながら登ります。
b0175255_19582671.jpg

b0175255_201419.jpg

b0175255_2043966.jpg

b0175255_20935.jpg

日陰を見つけたら休憩し、小川を見つけたら顔を洗う。そして、ひたすらに歩きます。
b0175255_2017360.jpg

b0175255_20124772.jpg

b0175255_20212514.jpg

ようやく中継地点の山小屋に到着。ここでお昼ごはん。美味しい。
b0175255_20242410.jpg

お腹も一杯になったので、てっぺん目指して再び登り始めます。
b0175255_20281372.jpg

b0175255_20311838.jpg

b0175255_20333720.jpg

ようやく尾根に到着。目の前が開けます。ここからは未踏の地。
b0175255_20371853.jpg

b0175255_20384665.jpg

b0175255_20411644.jpg

b0175255_2047198.jpg

頂上に到着!!絶景が広がっております。ほんと気持ち良い。十字架の下でくつろぐなんちゃって隊員たち。
b0175255_20443287.jpg

b0175255_20495323.jpg

b0175255_20515274.jpg

続きはまた後編で。お楽しみに。
[PR]
by schembart | 2011-09-11 20:56 | 登山 | Comments(0)