中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Hannes Ludyga, Obrigkeitliche Armenfürsorge im deutschen Reich vom Beginn der Frühen Neuzeit bis zum Ende des Dreißigjährigen Krieges (1495 - 1648), Berlin 2010.
『近世初頭から30年戦争末までのドイツ帝国における統治権力の貧民救済』
 
本書は、ミュンヘン大学法学部の法学博士ハネス・ルディガ氏(PD Dr. jur. Hannes Ludyga)による教授資格取得論文(Habilitationsschrift)です。神聖ローマ帝国、領邦国家、都市において、それぞれの統治権力が行った貧民救済に関する法規定を網羅的に分析しております。

拙稿「貧民への木材供与」では、都市当局による救貧政策に関して、その研究動向をまとめましたが、本研究の存在は知りませんでした。研究手法や研究の目的は、ぼく自身の関心とは異なるものの、アウクスブルクの事例も含まれているし、取り上げてしかるべきだったと思います。反省。せめてもの罪滅ぼし(?)に、以下に目次を紹介しますので、どうかご寛容ください。

*****

A. Einleitung
はじめに

I. Einführung in die Thematik und Gang der Darstellung
テーマへの導入と叙述の手順
II. Literatur und Quellenlage
文献・史料状況

B. Die Armut an der Wende vom Mittelalter zur Frühen Neuzeit
中近世転換期における貧困


C. Die Armenfürsorge auf den Reichstagen an der Wende vom Mittelalter zur Frühen Neuzeit
中近世転換期における帝国議会での貧民救済

I. Der Reichstag von Worms 1495
1495年ヴォルムスの帝国議会
 1. Die Einholung von Erkundigungen über Bettler
 物乞い調査の意見聴取
 2. Das Armenrecht der Reichskammergerichtsordnung von 1495
 1495年帝室裁判所規則の貧民法
II. Die Lindauer Reichsversammlung von 1496/1497
1496/97年のリンダウ帝国集会
 1. „Lex fundamentalis" für die Armenfürsorge
 貧民救済のための「根本規則」
 2. Die rechtlichen Ursprünge für den Lindauer Reichsabschied bei
der Armenfürsorge
 貧民救済におけるリンダウ帝国議会決議の法的起源
III. Der Freiburger Reichsabschied von 1498 und der Augsburger
Reichsabschied von 1500
1498年のフライブルク帝国議会決議と1500年のアウクスブルク帝国議会決議
IV. Maximilian I. und die obrigkeitliche Armenfürsorge
マクシミリアン1世と統治権力の貧民救済
V. Die territorialrechtlichen Bestimmungen zur Armenfürsorge
領邦法的な貧民救済関連規定

D. Die Armenordnungen der Städte seit 1520/1521
1520/21年以降の諸都市における貧民条令

I. Der Reformbeginn in den Städten
諸都市における改革の始まり
II. Die Wittenberger Beutelordnung von 1520/21
1520/21年のヴッィッテンベルク巾着袋共同財庫条令
 1. Der Weg zur Beutelordnung und ihr Erlaß
 巾着袋共同財庫条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Beutel" bzw. „Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「巾着袋共同財庫」あるいは「喜捨箱金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen: Die Versorgung der Hausarmen
 保護が必要な者たち:在宅貧民の生活保障
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Lebensmittelvorräte
 生活必需品の備蓄
 7. Pest und Armenviertel
 ペストと貧民区
 8. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
III. Die Kirchenordnung der Stadt Wittenberg von 1522
1522年のヴィッテンベルク教会条令
 1. Der Weg zur Kirchenordnung und ihr Erlaß
 教会条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Gemeine Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「共通喜捨箱献金箱あるいは共同金庫」
 4. Die geplante Armensteuer
 計画された貧民租税
 5. Die Unterstützungsberechtigten
 保護受給資格者たち
 6. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 7. Die Darlehensvergabe an Handwerker und arme Menschen
 手工業者と貧しい人々へのローン貸与
 8. Die Wirkung der Kirchenordnung
 教会条令の効果
IV. Die Armenordnung der Stadt Augsburg von 1522
1522年のアウクスブルク貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge
 貧民救済のための資金調達
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Armenabzeichen und die Registrierung der Armen
 貧民徽章と貧民の登録
 7. Die Trink- und Spielvorschriften
 飲酒・賭博規定
 8. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
V. Die Armenordnung der Stadt Nürnberg von 1522
1522年のニュルンベルク貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Gemeine Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「共通喜捨箱共同金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
VI. Die Leisniger Kastenordnung von 1523
1523年のライスニッヒ喜捨箱条令
 1. Der Weg zur Kastenordnung und ihr Erlaß
 喜捨箱条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die Gemeindekasse bzw.
der „Gemeine Kasten"
 貧民救済の資金調達:ゲマインデの箱、あるいは「共通喜捨箱共同金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Kastenordnung
 喜捨箱条令の効果
VII. Die Armenordnung der Stadt Straßburg von 1523
1523年のシュトラースブルクの貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die Opferstöcke
 貧民救済の資金調達:献金箱
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
VIII. Die Armenordnung der Stadt Ypem im niederländischen Flandern
von 1525
1525年の低地地方フランドルのイープル貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民保護体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die „gemeine Börse"
 貧民救済の資金調達:「共通の財布」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護の必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Das Gutachten der Sorbonne
 ソルボンヌ大学の所見
 7. Die Armenfürsorge und Juan Luis Vives
 貧民救済とファン・ルイス・ビーベス
IX. Die städtischen Hebammenordnungen
都市の産婆条令
X. Zusammenfassung
まとめ
 1. Die Grundbedingungen für die Neuordnung der obrigkeitlichen
Armenfürsorge
 統治権力の貧民救済の再編成のための基本的前提
 2. Die Kommunalisierung, Rationalisierung, Bürokratisierung und
Pädagogisierung der obrigkeitlichen Armenfürsorge
 統治権力による貧民救済の市営化、合理化、官僚化、教育化
 3. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 4. Die Überkonfessionalität der Reformen
 改革の超宗派性
 5. Die Wirkungen der städtischen Armenordnungen
 都市の貧民条令の効果

E. Die Reichspolizeiordnung von 1530
1530年の帝国ポリツァイ条令

I. Die Verabschiedung der Reichspolizeiordnung
帝国ポリツァイ条令の議案決議
II. Eingeschränktes Bettelverbot, Heimatprinzip, Ausgleichsprinzip und
Prinzip der Generalprävention
限定的な物乞い禁止、属人主義、調整原則と一般予防の原則
III. Das Hospitalwesen in der Reichspolizeiordnung und die diesbezügliche
Entwicklung im Reich
帝国ポリツァイ条令にみる病院施設と帝国におけるその展開
 1. Die Spitalverwaltung
 施療院管理
 2. Die Armenfürsorge
 貧民救済
 3. Die Krankenpflege und Beherbergung
 看病と宿泊
 4. Die Altenpflege
 老人介護
IV. Zusammenfassung
まとめ

F. Das Edikt Karls V. für die Niederlande vom 7. Oktober 1531
1531年10月7日の低地地方に対するカール5世の勅令


G. Karl V. und die Armenfürsorge in Spanien: Die Ansichten der Moraltheologen
スペインにおけるカール5世と貧民救済:倫理神学の見方


H. Die Reichspolizeiordnungen von 1548 und 1577 sowie die Reichskammergerichtsordnung von 1555
1548年と1577年の帝国ポリツァイ条令、および1555年の帝室裁判所規則


I. Die landesrechtlichen Bestimmungen zur Regelung der Armenfürsorge
貧民救済規制の領邦法的規定

I. Die Grundlagen der Territorialgesetzgebung bei der Armenfürsorge
貧民救済の領邦立法の基礎
II. Die Anfänge der Territorialgesetzgebung bei der Armenfürsorge in
Hessen, Sachsen und Württemberg
ヘッセン、ザクセン、ヴュルテンベルクにおける貧民救済の領邦立法の始まり
III. Die Überkonfessionalität bei der Armenfürsorge: Kleve, Berg und
Jülich, Trier und Köln
貧民救済の超宗派性:クレーフェ、ベルク・ユーリヒ、トリーア、ケルン
IV. Der Einfluß der Reichspolizeiordnung auf die Territorialgesetzgebung
bei der Armenfürsorge: Heimatprinzip und Hospitalwesen
貧民救済における領邦立法に対する帝国ポリツァイ条令の影響関係:属人主義と病院施設
V. Die Ausweisungsbefehle und Bettelverbote in den Territorien
領邦における追放命令と物乞い禁令
VI. Die Finanzierung der Armenfürsorge
貧民救済の資金調達
VII. Die Armenordnung von Herzog Wilhelm V. von 1558
1558年の公ヴィルヘルム5世の貧民条令
VIII. Die Armenordnung von Kurfürst Friedrich III. von 1574
1574年の選帝侯フリードリヒ3世の貧民条令
IX. Die Armenordnung von Kurfürst Maximilian I. von 1627
1627年の選帝侯マクシミリアン1世の貧民条令
X. Die Bergordnungen einzelner Landesherren
領邦君主による鉱山条令
XI. Zusammenfassung
まとめ

J. Formen der geschlossenen Fürsorge
閉じられた救貧の諸形態

I. Die Entstehung der Waisenhäuser
孤児院の成立
 1. Die Waisenpflege
 孤児の養育
 2. Das Waisenhaus in Lübeck vom Jahre 1546
 1546年リューベックの孤児院
 3. Das Waisenhaus in Hamburg vom Jahre 1604
 1604年ハンブルクの孤児院
 4. Das Waisenhaus in Blankenburg vom Jahre 1632
 1632年ブランケンブルクの孤児院
 5. Zusammenfassung
 まとめ
II. Die Entstehung der Zucht- und Arbeitshäuser
矯正・労働施設
 1. Die ersten Zucht- und Arbeitshäuser in Europa
 ヨーロッパ初の矯正・労働施設
 2. Die Gründung der Zucht-und Arbeitshäuser im deutschen Reich
 ドイツ帝国における矯正・労働施設の創設
 3. Zusammenfassung
 まとめ

K. Weitere Regelungsmodelle bei der Armenfürsorge
貧民救済におけるさらなる規制モデル

I. Die Luxusverbote
贅沢禁止
II. Die Heiratsverbote
婚姻禁止
III. Die Anfange der Witwen- und Waisenkassen
寡婦・孤児扶助基金の始まり
IV. Armut und Kriminalität
貧困と犯罪
V. Die medizinische Versorgung
医療の世話

L. Zusammenfassung
まとめ


*****

都市、領邦、帝国のそれぞれの「お上」は、貧民救済に関してどのような条令を公布し、貧民の保護についてどのような政策をとってきたのか? その影響関係は? 統治権力による貧民救済よりも、都市における自助・相互援助を重視するマルティン・ディンゲスの示唆深いテーゼが正面から取り上げられてはいないのが、ちょっぴり残念ではありますが、中近世移行期の貧民救済政策の変遷を追うのには最適な文献だと思います。

ちなみに、アウクスブルクの孤児院に関してはこちら、都市の救貧政策についてはこちら、ニュルンベルクの貧民家庭の家計分析はこちら、養老施設としての12人兄弟館についてはこちら、をご参照ください。
[PR]
by schembart | 2012-06-27 01:17 | 文献紹介 | Comments(0)

三者面談の延長

今週に予定されていた面談が2週間後に延長と相成りました。先生もお忙しいご様子。

面談のために準備を進めていた草稿は、なんとか80パーセントほど出来上がっていたものの、まだまだ未完成。面談延長が決まって、ちょっとほっとしているぼくは、根っからの怠け者なのです。うう。お尻を叩かないといけません。またいつもの悪い癖で、まだまだ史料の引用が多すぎです…。史料に頼り過ぎてはいけません。議論をしないと。議論を。史料集を作ってるわけじゃない、ぼくは博士論文を書いてるんです。繰り返し、自分に言い聞かせます。

先週末は、ドイツで森林関係の研究をされている方とご飯を食べて、ビールを飲む機会がありました(dunkelさんかみつキッドくん。どうもありがとうございました)。いやはや、楽しかったです。森林研究と言っても、分野も様々です。林業経営や林政学、地理学、環境学などなど、つらつらと話してるだけでも、興味深い話題が盛りだくさんで、良い刺激をもらってきました。

今日は月一恒例のミュンヘン州立図書館参り。いつもお世話になっているミュンヘンの研究者仲間の先輩とご飯です。いつものごとく、これまた刺激をもらって来ようと思います。いくつか本も借りくる予定。時間があれば、またこちらでも紹介したいと思います。

しっかりと今の研究を完成させて、このブログもちゃんと終えられるよう、頑張らないといけません(目指せ有終の美)。そんなことばかりを、この頃よく考えております。
[PR]
by schembart | 2012-06-25 17:28 | 研究 | Comments(0)

地獄谷 お花編

お花編でーす。
b0175255_1653241.jpg

b0175255_1661966.jpg

b0175255_1665159.jpg

b0175255_1674858.jpg

b0175255_1691579.jpg

b0175255_169588.jpg

b0175255_1610244.jpg

b0175255_16111899.jpg

b0175255_16121939.jpg

b0175255_16124379.jpg

b0175255_16132846.jpg

b0175255_16143019.jpg

b0175255_16152451.jpg

b0175255_16161251.jpg

b0175255_16172190.jpg

b0175255_16181129.jpg

b0175255_16185778.jpg

b0175255_16192674.jpg

b0175255_16201436.jpg

b0175255_162154100.jpg

b0175255_16222359.jpg

b0175255_1623109.jpg

[PR]
by schembart | 2012-06-18 16:23 | 登山 | Comments(0)

三度、地獄谷へ

先日のなんちゃって山岳隊は、念願の地獄谷(Höllental)へ行ってきました。2010年2011年と同様、絶好の登山日和。アルプシュピッツ・バーンに乗り込んで、一気に標高2000メートルまで駆け上がります。まずはアルプシュピックス(AplspiX)という空中に飛び出す展望台へ。
b0175255_1712234.jpg

まだ雪で地獄の門が閉ざされているとのこと。今回は別ルートから、ホッホアルム(Hochalm)方向からぐるりと回り込んで地獄谷を目指します。ずーっと下り。眼前に広がる絶景を楽しみながら、足を踏み外さないように気を付けて、下っていきます。
b0175255_1716496.jpg

b0175255_17165146.jpg

まだまだ雪が解け残された個所も。
b0175255_1718336.jpg

右端にアルプシュピックスが見えますね。
b0175255_17202225.jpg

尾根を越えると、地獄谷が全貌を現わします。やっぱり迫力がすごい。
b0175255_1722472.jpg

b0175255_17235841.jpg

b0175255_1726044.jpg

b0175255_17304771.jpg

b0175255_17315469.jpg

b0175255_17323530.jpg

b0175255_1734342.jpg

b0175255_17372226.jpg

ようやく地獄谷へ。ここからは雨具に身を包みこみ、渓谷を通り抜けます。雪解け水で、ものすごい迫力でした。渓谷から眺める青空は、とても印象的です。
b0175255_17394956.jpg

b0175255_17414611.jpg

b0175255_17451120.jpg

b0175255_1746563.jpg

b0175255_17475448.jpg

b0175255_17485857.jpg

b0175255_1751294.jpg

b0175255_1753447.jpg

b0175255_1754541.jpg

b0175255_17582382.jpg

地獄谷を抜け、ハンマースバッハ(Hammersbach)の駅まで緑のなかを歩きます。
b0175255_17595439.jpg

b0175255_1812727.jpg

b0175255_1823670.jpg

ミュンヘンまで戻って、お手頃価格のイタリアン・レストランで夕食。満腹で帰途につきました。地獄門を超えるコースは、夏真っ盛り頃に。お花編はまた次回。乞うご期待。
[PR]
by schembart | 2012-06-17 18:06 | 登山 | Comments(0)

カモメ

野狐禅の「東京紅葉」「ぐるぐる」に並ぶ名曲をご紹介します。「カモメ」



*****

青を塗って 白を塗って
一息ついてから最後に ぼくの気持ちを塗った
空の絵を描いてたつもりが
海みたいになってしまって 開き直って カモメを描いた

ぼくはもう疲れ切ってしまってね
部屋のカーテンを全部閉めきったんだよ
ぼくはもう疲れ切ってしまってね
段ボール箱の中に閉じこもったんだよ

君との思い出を書いて 君への感謝の気持ちを書いて
一息ついてから ぼくの本当の気持ちを書いた
遺書を書いてたつもりが ラブレターみたいになってしまって
丁寧に折りたたんで 君に渡した

「カモメ」野狐禅
作詞・作曲:竹原ピストル
*****

PVの寺島進さんが、これまた、格好良い。ぐっとくる一曲です。ぼくもがんばらないと。
[PR]
by schembart | 2012-06-15 22:31 | 思い出 | Comments(2)
≪2012年6月14日更新≫

久方ぶりに更新です。

*****

ドイツで日本語の本を見つけるのは至難の業。アウクスブルクの貸本屋さんをはじめます。ドイツ語の勉強に疲れて、ひさびさに日本語に触れたいなと思っているアウクスブルク(あるいは南ドイツ)在住の方々に、ドイツでぼくの持ってる小説や本をお貸しします。以下がリスト。希望があれば、コメント下さい。まだぼく自身も未読な本もあるので、とりあえず相談くださいな。(「貸出中」などの情報は、随時このページを更新していきます)

貸出規約:アウクスブルク在住の方(南ドイツ在住の方、要相談)、ぼくの個人的な知り合いの方、あるいは知り合いの知り合いの方(要相談)

新着本
単行本
徳川林政史研究所編『徳川の歴史 再発見 森林の江戸学』東京堂出版、2012年

文庫
網野善彦『日本の歴史をよみなおす(全)』ちくま学芸文庫

新書
仲正昌樹『日本とドイツ 二つの戦後思想』光文社新書
仲正昌樹『日本とドイツ 二つの全体主義 「戦前思想」を書く』光文社新書


小説
単行本

宮本輝 『宮本輝全短篇』上・下巻、集英社
ポール・オースター、柴田元幸訳『オラクル・ナイト』新潮社
ポール・オースター、柴田元幸訳『幻影の書』新潮社

文庫
川上弘美『真鶴』文春文庫
川上弘美『ざらざら』新潮文庫
川上弘美『どこから行っても遠い町』新潮文庫
志賀直哉『暗夜行路』新潮文庫
宮本輝『流転の海』新潮文庫
宮本輝『地の星: 流転の海 第二部』新潮文庫
宮本輝『血脈の火: 流転の海 第三部』新潮文庫
宮本輝『天の夜曲: 流転の海 第四部』新潮文庫
村上春樹『羊をめぐる冒険』上・下巻、講談社文庫(ドイツ語版あり)
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』上・下巻、講談社文庫
村上春樹『スプートニクの恋人』講談社文庫(ドイツ語・英語版もあり)
村上春樹『国境の南、太陽の西』講談社文庫(ドイツ語版あり)
村上春樹『海辺のカフカ』上・下巻、新潮文庫(ドイツ語版、雑誌『少年カフカ』もあり)
ジョン・アーヴィング、中野圭二訳『ホテル・ニューハンプシャー』上下巻、新潮文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下、角川文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『天使と悪魔』上・中・下、角川文庫

ミラン・クンデラ、菅野昭正訳『不滅』集英社文庫
W.フォークナー、加島祥造訳『八月の光』新潮文庫

その他
単行本

池澤夏樹『春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと』中央公論新社
内田樹・釈徹宗『現代霊性論』講談社
内田樹『街場の読書論』太田出版
内田樹×中沢新一×平川克美『大津波と原発』朝日新聞出版
村上春樹『シドニー!』文藝春秋
村上春樹編集長『少年カフカ』新潮社
村上春樹『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです―村上春樹インタビュー集1997-2009』文藝春秋
浅野拓・毛内ヒロやす『富山しあわせ勝負―21世紀へのシナリオ』富山県、1991年
椎名誠『岳物語』集英社、1985年
鈴木紀夫『大放浪―小野田少尉発見の旅』文藝春秋、1974年

文庫
川上弘美『書評集・大好きな本』文春文庫
佐藤亜紀『外人術:大蟻食の生活と意見~欧州指南編~』ちくま文庫
柴田元幸、沼野充義、藤井省三、四方田犬彦編『世界は村上春樹をどう読むか』文春文庫
徳永康元『ブダペストの古本屋』ちくま文庫
藤原新也『黄泉の犬』文春文庫
町山智浩『アメリカが最もバカだった4年間 底抜け合衆国 2000~2004』ちくま文庫
宮本常一『山に生きる人びと』河出文庫
村上龍『対談集・存在の耐えがたきサルサ』文春文庫
米原万里『他諺の空似―ことわざ人類学』光文社文庫
米原万里『打ちのめされるようなすごい本』文春文庫
サン・シモン、青木薫訳『フェルマーの最終定理』新潮文庫
マイケル・ギルモア、村上春樹訳『心臓を貫かれて』上下巻、文春文庫

成瀬治『近代ヨーロッパへの道』講談社学術文庫
宮崎市定『アジア史概説』中公文庫
石寒太『山頭火』文春文庫
陳舜臣『北京悠々館』講談社文庫
ジェームズ・カーン(広瀬順弘訳)『グーニーズ』角川文庫
ヴェルナー・ゾンバルト、金森誠也訳『恋愛と贅沢と資本主義』講談社学術文庫
フェルナン・ブローデル、金塚貞文訳『歴史入門』中公文庫
ジャック・アタリ、斎藤広信訳『1492 西欧文明の世界支配』ちくま学芸文庫

マックス・ヴェーバー、大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫

新書
阿部謹也『物語 ドイツの歴史―ドイツ的とは何か』中公新書
石井正『世界を変えた発明と特許』ちくま新書
池澤夏樹編『本は、これから』岩波新書
池内紀『人と森の物語―日本人と都市林』集英社新書
磯田道史『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』新潮新書
大澤真幸『不可能性の時代』岩波新書
川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書
菊池良夫『警察の誕生』集英社文庫
坂井栄八郎『ドイツ史10講』岩波新書
佐々井秀嶺『必生 闘う仏教』集英社新書
釈徹宗×内田樹×名越康文『現代人の祈り―呪いと祝い』サンガ新書
瀬戸口明久『害虫の誕生―虫からみた日本史』ちくま新書
(貸出中)藤木久志『中世民衆の世界―村の生活と掟』岩波新書
『日本の論点』編集部編『10年後の日本』文春新書(2005年刊)
杉山正明『モンゴル帝国の興亡 上』講談社現代新書
山本七平『日本資本主義の精神―なぜ、一生懸命働くのか』光文社カッパ・ビジネス

ドイツ関連書籍
魚住昌良『ドイツ―古都と古城と聖堂』山川出版社、2002年
踊共二『ふくろうの本・図説 スイスの歴史』河出書房新社、2011年
大西健夫/U.リンス編『ドイツの統合―分断国家から普通の国へ』早稲田大学出版部、1999年
大西健夫編『ドイツの経済―社会的市場経済の構造』早稲田大学出版部、1992年
田中敏/W.E.シュレヒト『和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方』白水社、1991年
旅名人ブックス『ドイツ・バイエルン州―中世に開花した南ドイツの都市物語』日経BP、1999年
[PR]
by schembart | 2012-06-14 16:48 | アウクスブルクの貸本屋 | Comments(2)

虹が出ました

雨上がりの空に。
b0175255_4373443.jpg

b0175255_4393464.jpg

[PR]
by schembart | 2012-06-09 04:38 | 留学生活 | Comments(0)

テーゲルベルクお花編

お待たせのお花編。
b0175255_5272793.jpg

b0175255_529238.jpg

b0175255_5301923.jpg

b0175255_5342470.jpg

b0175255_536310.jpg

b0175255_5372522.jpg

b0175255_5383045.jpg

b0175255_5395275.jpg

b0175255_5405878.jpg

b0175255_542046.jpg

b0175255_543827.jpg

b0175255_5441198.jpg

b0175255_545659.jpg

b0175255_5462379.jpg

b0175255_5475338.jpg

b0175255_5484886.jpg

b0175255_5495079.jpg

[PR]
by schembart | 2012-06-05 05:50 | 登山 | Comments(0)

山のうえから新白鳥城

昨日のなんちゃって山岳狂会は、テーゲルベルクからかの有名なノイシュヴァンシュタイン城を見下ろして、シュヴァンガウの町まで下りてくるコース。まずはロープウェイ・テーゲルベルクバーン(Tegelbergbahn)で一気に上まで駆け上り、その足でブランダーシュローフェン(Branderschrofen: 1880m)の頂上を制覇。片道40分で踏破できるお気軽山頂でした。景色は申し分ありません。
b0175255_18312077.jpg

b0175255_1837622.jpg

b0175255_18392524.jpg

b0175255_1841231.jpg

b0175255_18443977.jpg

b0175255_18454937.jpg

b0175255_18501682.jpg

テーゲルベルクまで戻り、ここからノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)を目指してのんびり下っていきます。
b0175255_18513654.jpg

b0175255_18531314.jpg

b0175255_18541097.jpg

見えてきましたね。昨年の夏に見た地点に近づいてきました。
b0175255_1857593.jpg

b0175255_1913924.jpg

修理中の個所も。
b0175255_1934876.jpg

ホーエンシュヴァンガウ城。
b0175255_195342.jpg

山を下り、シュヴンガウの町まで、のんびり歩きます。そして晩御飯。
b0175255_1964964.jpg

b0175255_198422.jpg

b0175255_1992529.jpg

お花編はまた次回。乞うご期待。
[PR]
by schembart | 2012-06-03 19:11 | 登山 | Comments(0)