中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

回顧と展望

実家から最新の『史学雑誌』「回顧と展望」号を送ってもらいました。

「2012年の歴史学界―回顧と展望―」『史学雑誌』(第122編第5号、2013年5月)

『史学雑誌』の5月号は、昨年に歴史学界で発表された著作・論文から、信頼できる研究者たちがそれぞれに重要と思われる成果を取り上げて、短い論評をつけて紹介するというもの。歴史を学ぶ大学院生にとっては、研究の重要な道しるべとなりますし、若手の研究者にとっては、自分の論考が取り上げてもらえるかどうかが気になるところ(再録)。

ありがたいことに、ヨーロッパの「中世―中東欧・北欧」(池田利昭)で拙論「中近世アウクスブルクの木材供給」(『西洋史学』241号)を、またヨーロッパの「近代―ドイツ・スイス・ネーデルラント」(鈴木直志)で上記拙論と「貧民への木材供与」(『エクフラシス』2号)をそれぞれ取り上げていただきました。両先生には、いづれお会いしたときにお礼をしないと。鈴木先生には、じつは中央大学の学部時代に厳しくドイツ語の精読の仕方を教えてもらいました。もう10年以上も前のお話。たしかフリードリッヒ大王の『政治遺訓』を読解の授業で読んだのでした。ああ、懐かしい。

池田先生からは、「一五世紀末から一六世紀中葉にかけての都市への木材供給を未刊行史料に基づいて総合的に描く力作である」(320頁)との評をいただきました。また、若曽根健治「森林犯罪告発人制度管見(二)」(『熊本法学』126号)との関連で、「(前略)かかる領邦政府主導の森林管理は、上記渡邉論文が扱う、都市への森林供給を考察するうえでも重要な論点を含んでいるように思われる」(321頁)とのご指摘も。若曽根論文との議論のすり合わせは、ぼく自身の今後の重要な課題でもあります。

鈴木先生からは、論文内容の紹介のうえで、「これらをふまえて体系的に叙述がなされれば、政治史や経済史、社会史などの分野を横断した、木材という視座からの独自の歴史像を提起できるかもしれない。今後が期待される」(344頁)との評をいただきました。まさに、博士論文で意図するところであり、今後目に見える形で世の中に成果を問うていく予定です。先生のご期待に沿えるよう、がんばらないといけません。

2008年2010年に続いて、拙論を取り上げてもらい嬉しい限りです。総論や歴史理論をはじめ、別の分野の個所も拾い拾い読んで、自分なりにも「回顧と展望」をできたらなと思います。

「編集後記」に記された相澤隆東大教授の「回顧」は、いまのぼくにはとてもしっくりときました。「「回顧と展望」はとくに若い頃の私にとっては、ひじょうに大きな意味を持つ記事で、そこで仕事を批判されて落胆したり、逆に褒められて驚喜したりした経験は私の研究生活にとって貴重なものだった」(395頁)。
[PR]
by schembart | 2013-06-29 16:22 | 研究 | Comments(0)
実家から送ってもらった雑誌やらDVDやらが届きました。今回は月曜に送ってもらって、金曜に着いたので、なかなかやりますDeutsche Post! たまには良い仕事もしてくれます。『比較都市史研究』の最新号で、巻頭フォーラムとして短い文章を書かせてもらいましたので、宣伝させてもらいます。

渡邉裕一「フォーラム」『比較都市史研究』第32巻第1号、2013年6月、1頁

フォーラムでは、アルプス登山、文書館、シュタインボックの角と20世紀の気候変動、アイスマン(エッツィー)、都市史研究の方向性…、などについて思うところを書かせてもらいました。ちょっと肩に力が入って、がちがちした文章になってる感もありますが、ご笑覧いただければ嬉しいです。とはいえ、一般書店にはなかなか置いてない学術誌なので、ぜひ読みたい、という奇特の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。PDFファイルをお送りいたします。

「報告要旨」が掲載された『歴史学研究月報』も一緒に送ってもらったので、ご希望の方には、こちらもPDFにてお送りいたします。

『史学雑誌』の5月号「2012年の歴史学界―回顧と展望—」も同時に送ってもらいました。ありがたいことに、拙稿も取り上げてもらいました。嬉しいです。これについては、また改めてブログに書かせてもらおうと思います。

あとは、竹原ピストルのCD+DVD『復興の花2』を送ってもらいました。これを聞きながら、博士論文の最終段階を乗り切りたいと思います!
[PR]
by schembart | 2013-06-28 23:58 | 研究 | Comments(0)

6月の三者面談

前回の三者面談から1か月と少し。今日もシリング先生とキースリング先生との三者面談を行ってきました。がっつり90分。いままで以上に鋭いご指導をいただいた。例えるならば、ボクシングの現役ばりばりミドル級ヨーロッパチャンピオンと、ヘビー級の元世界王者に、代わる代わるサンドバックのごとく目一杯にしごかれてる気分です。ボディーが一番効きます。

第7章と結論を見てもらったのですが、結論については、まだまだ書き足らない、とのご指摘。当時のWald-"Politik"とは、いったい具体的に何を意味しているのか、それを近年のポリツァイ研究の成果と引き合わせて議論し直し、「結論」でしっかりと提示するように、と。当時の森林政策および都市の木材供給の「危機対策(Krisenmanagement)」としての側面を論じた第7章は、いままでの各章とは対照的に新しい論点を積極的に提示していて新鮮だ、ただし、論証が甘い、とのご指摘。まだまだ「興味深いアイデア」に留まってる…、とのこと。課題は多くあるものの、研究史上もインパクトのある成果を提出するためには、ここを乗り越えないといけません…。

(別に告知する必要はまったくないのですが…)次回の三者面談は8月14日です。聖母マリア被昇天祭の前日です。博士論文の全体を提出し、半日かけて(!?)、じっくりとご指導いただく予定です…。大幅な書き足し、修正を求められた箇所もあるので、6月、7月が踏ん張りどころです。リングに上がる前に、へばるわけにはいきません。本帰国の前、9月18日にも念のための面談予定日をとってもらいました。厳しいご指導に、しっかりと答えないといけません。当ブログも、気持ちよく有終の美を迎えられるように、踏ん張って納得のいくものにしたいと思います…。
[PR]
by schembart | 2013-06-20 04:21 | 研究 | Comments(0)

ローファンお花編

青色、黄色、白色の花が咲き乱れてます。
b0175255_2182387.jpg

b0175255_2191676.jpg

b0175255_21101621.jpg

b0175255_21111672.jpg

b0175255_21122647.jpg

b0175255_2113385.jpg

b0175255_21151824.jpg

b0175255_21163229.jpg

b0175255_2118215.jpg

b0175255_21191835.jpg

b0175255_21203291.jpg

b0175255_2124299.jpg

b0175255_21255815.jpg

b0175255_21272436.jpg

b0175255_21284824.jpg

b0175255_21295617.jpg

b0175255_2131245.jpg

[PR]
by schembart | 2013-06-18 21:34 | 登山 | Comments(0)

花咲くローファンへ

もうすぐ帰国されるご夫妻メンバーが車を出してくれる、ということで、昨日のなんちゃって登山は、念願のティロルのローファン(Rofan)へ行ってきました。2010年以来の再訪です。最高のお天気。山は花が咲き乱れる季節。ロープウェイでいっきに1800m越えです。さっそく出発。
b0175255_18554839.jpg

b0175255_18563498.jpg

b0175255_18584423.jpg

まだまだ雪がたくさん残ってました!
b0175255_1901178.jpg

天然のアルプスの雪解け水。生き返ります!
b0175255_1922892.jpg

天空のグルーバー湖(Grubersee)は、半分雪に埋まってました。
b0175255_1943199.jpg

ここからさらに絶景が続きます。
b0175255_197940.jpg

てっぺん目指します。
b0175255_1981335.jpg

b0175255_1993765.jpg

ようやく到着! てっぺん制覇です!
b0175255_19105251.jpg

記念撮影。
b0175255_191232.jpg

てっぺんの十字架。2011年に新たに設置されたようです。2010年のときはありませんでした。「信頼、希望、愛」という言葉が見えます。格好良い十字架です!
b0175255_1914832.jpg

「登頂の書(Gipfelbuch)」も装丁が美しい。ずっしりと重みがありました。しっかりと名前を記してきました。
b0175255_1916366.jpg

最高のながめです。
b0175255_19181633.jpg

ご飯目当てに鳥が集まってきます。
b0175255_19195966.jpg

美しい景色に後ろ髪をひかれつつ、下山開始。
b0175255_19213740.jpg

b0175255_1923782.jpg

雲まで格好良い。
b0175255_19251356.jpg

ひょっこり頭を出した、マーモット(ムアメルティアMurmeltier)。
b0175255_1928165.jpg

他にも動物が出てこないか探しながら、下山します。
b0175255_19295164.jpg

両腕、ふくらはぎ、首筋、日焼け止めクリームを忘れてしまい、真っ赤になってしまいました。大満足で下山してきました。ローファンは山の花が咲き乱れておりました。お花編はまた次回。乞うご期待ください。
[PR]
by schembart | 2013-06-17 19:32 | 登山 | Comments(0)

尾根歩きお花編

Herzogstand~Heimgarten尾根歩きお花編。
b0175255_1746995.jpg

b0175255_17464152.jpg

b0175255_17472250.jpg

b0175255_17482811.jpg

b0175255_1749143.jpg

b0175255_17494249.jpg

b0175255_17503984.jpg

b0175255_17513036.jpg

b0175255_17521676.jpg

b0175255_1753596.jpg

b0175255_1756096.jpg

b0175255_17563088.jpg

b0175255_17582555.jpg

b0175255_1822354.jpg

b0175255_17585351.jpg

b0175255_1804374.jpg

b0175255_1823933.jpg

b0175255_1831313.jpg

[PR]
by schembart | 2013-06-11 18:03 | 登山 | Comments(0)
先週末のなんちゃって登山は、以前にも挑戦したヘアツォークシュタント(Herzogstand)からハイムガルテン(Heimgarten)への尾根歩き。前回は、真っ白でしたー。こちら。午後から雷雨が来るという予報もあったので、ロープウェイで一気に上まで登り、尾根歩きを楽しみます。天気は持ってくれるでしょうか…。ヴァルヒェン湖が美しい。
b0175255_11163115.jpg

b0175255_11171540.jpg

青空が広がってるうちに、歩き始めます!
b0175255_11191218.jpg

b0175255_11402662.jpg

見えてきました、尾根が! 気分はピレネー超えの巡礼路。
b0175255_11211178.jpg

絶壁の上の十字架。その後ろにコーヒェル湖(Kochelsee)。
b0175255_11225599.jpg

一列に並んで尾根歩き。
b0175255_112434100.jpg

一本道。
b0175255_11253765.jpg

b0175255_11261142.jpg

b0175255_11273017.jpg

見えてきました、ハイムガルテンの山頂です。
b0175255_11284752.jpg

頂上の十字架。
b0175255_1130586.jpg

山頂の山小屋でビール!
b0175255_1131741.jpg

ゴロゴロ鳴ってきました…。雨雲に追われながら、下山を急ぎます。
b0175255_1133626.jpg

途中で休みます。この後、森のなかで雷雨に降られることに…。霰も…。雷も…。森の下で雨宿りにならない雨宿り…。途中でドイツ人のおじちゃんが行きすぎます。20分ほど茫然と大雨に降られます。小雨になったのを見計らって、なんとか下山。まだまだ駅までは遠いなぁ、と話していたら、さっきのドイツ人のおじちゃんが大きなワゴンに乗って登場。駅まで乗せていってくれることに! なんとも優しいおじちゃんでした!! 車のなかでのは、おじちゃんの世界を旅した話などを聞かせてくれました。夜はイタリア料理。風邪ひかないように、早めに帰って、ゆっくりと眠りましたー。
b0175255_1138081.jpg

[PR]
by schembart | 2013-06-11 11:40 | 登山 | Comments(0)