中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

その2:2013年~2012年
都市とその破滅』(2013年8月9日)
Ulrich Wagner (Hg.), Stadt und Stadtverderben (= Stadt in der Geschichte Bd. 37), Ostfildern 2012.

シュヴァーベン/ティロル:ローマ期から現在までのシュヴァーベン・ティロル間の歴史的関係』(2012年10月30日)
Schwaben / Tirol. Historische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol von der Römerzeit bis zur Gegenwart, Beiträge zur Ausstellung, hg. von Wolfram Baer und Pankraz Fried, Rosenheim 1989.

Ch.ヨルク『物価高、飢え、大量死―15世紀帝国の諸都市における飢饉と供給危機』(2012年10月24日)
Christian Jörg, Teure, Hunger, Großes Sterben. Hungersnöte und Versorgungskrisen in den Städten des Reiches während des 15. Jahrhunderts (Monographien zur Geschichte des Mittelalters, Bd. 55), Stuttgart 2008.

E.イーゼンマン『中世のドイツ都市1150-1550年』その1(2012年10月9日)、その2(2012年10月11日)、その3(2012年10月12日)、その4(2012年10月16日)、その5(2012年10月17日)
Eberhard Isenmann, Die deutsche Stadt im Mittelalter 1150-1550. Stadtgestalt, Recht, Verfassung, Stadtregiment, Kirche, Gesellschaft, Wirtschaft, Wien/Köln/Weimar 2012.

F.ホイスラー『アウクスブルクの市場(いちば):ローマ時代から現在まで』(2012年9月7日)
Franz Häußler, Marktstadt Augsburg. Von der Römerzeit bis zur Gegenwart, Augsburg 1998.

ルネサンス期における水供給』(2012年8月18日)
Albrecht Hoffmann (Hrsg.),Die Wasserversorgung in der Renaissancezeit (Geschichte der Wasserversorgung Bd. 5), Mainz 2000.

M.クルーガー『アウクスブルクの歴史的な水利経済と水文術:運河が織りなす景観、給水塔、噴水技術、水力発電』(2012年8月15日)
Martin Kluger, Historische Wasserwirtschaft und Wasserkunst in Augsburg. Kanallandschaft, Wassertürme, Brunnenkunst und Wasserkraft, hrsg. Stadt Augsburg, Augsburg 2012.

中世アウクスブルクの都市文化』(2012年8月3日)
Martin Kaufhold (Hg.), Städtische Kultur im Mittelalterlichen Augsburg, Augsburg 2012.

持続する歴史—クリスティアン・プフィスター記念論文集』(2012年7月27日)
André Kirchhofer, Daniel Krämer, Christoph Maria Merki, Guido Poliwoda, Martin Stuber, Stephanie Summermatter (Hgg.): Nachhaltige Geschichte. Festschrift für Christian Pfister, Zürich: Chronos Verlag 2009.

W.クンツ『ティロルの山頂の十字架:現代につながるとある文化史』(2012年7月17日)
Wolfgang Kunz, Gipfelkreuze in Tirol. Eine Kulturgeschichte mit Gegenwartsbezug, Wien u. a., 2012.

H.ルディカ『近世初頭から30年戦争末までのドイツ帝国における統治権力の貧民救済』(2012年6月27日)
Hannes Ludyga, Obrigkeitliche Armenfürsorge im deutschen Reich vom Beginn der Frühen Neuzeit bis zum Ende des Dreißigjährigen Krieges (1495 - 1648), Berlin 2010.

J.ヤッハマン『アウクスブルク市参事会の芸術 1588年~1631年:統治と記憶のメディアとしてのコミューナルな空間』(2012年5月31日)
Julian Jachmann, Die Kunst des Augsburger Rates 1588-1631: Kommunale Räume als Medium von Herrschaft und Erinnerung, München - Berlin 2008.

J.マシュー『第三の次元:近代における山岳の比較史』(2012年5月11日)
Jon Mathieu, Die dritte Dimension: Eine vergleichende Geschichte der Berge in der Neuzeit, Basel 2011.

G.イェーガー『黒い空、寒い地、白い死—山岳地方におけるトノサマバッタ、霰、寒波、そして雪崩災害。ティロルの農業・気候史』(2012年5月2日)
Georg Jäger, Schwarzer Himmel - Kalte Erde - Weißer Tod. Wanderheuschrecken, Hagelschläge, Kältewellen und Lawinenkatastrophen im "Land im Gebirge". Eine kleine Agrar- und Klimageschichte von Tirol, Innsbruck 2010.

シリーズ『バイエルンの一千年』(2012年4月28日)
Bayerischer Rundfunk, Das Bayerische Jahrtausend.

J.マシュー『アルプスの歴史1500~1900年―環境、発展、社会』(2012年3月1日)
Jon Mathieu, Geschichte der Alpen 1500-1900. Umwelt, Entwicklung, Gesellschaft, 2. Aufl., Wien 2001.

N.フィンクル『行政の濃縮化と宗派化―16世紀帝国都市アウクスブルクにおける行政管理』(2012年1月13日)
Nicole Finkl, Administrative Verdichtung und Konfessionalisierung. Die Verwaltung der Reichsstadt Augsburg im 16. Jahrhundert, Neustadt an der Aisch 2011.

R.キースリング他編『宗教改革をめぐって―アウクスブルクにおける教会、説教師、市参事会、そしてゲマインデ』(2012年1月3日)
Rolf Kießling/Thomas M. Safley/Lee P. Wandel (hrsg.), Im Ringen um die Reformation. Kirchen und Prädikanten, Rat und Gemeinden in Augsburg, Epfendorf/Neckar 2011.
[PR]
by schembart | 2013-09-27 00:40 | 文献紹介 | Comments(0)
当ブログで紹介してきた文献のまとめです。日付はブログ記事アップ日。4年間で80記事くらい。ドイツ語文献が中心で、紹介の詳細さもバラバラですが、その点どうぞご了承ください。

その1:2011年~2009年
R.キースリング他編『地域における環境史』(2011年11月25日)
Rolf Kießling / Wolfgang Scheffknecht (Hg.), Umweltgeschichte in der Region (FORUM SUEVICUM Bd. 9), Konstanz 2011.

R.シャール『社会要求を映し出す森林状態―16世紀以来の中央シュヴェービッシュ・アルプと北オーバーシュヴァーベンにおける森林展開』(2011年11月20日)
Reinhold Schaal, Waldzustände als Spiegel gesellschaftlicher Ansprüche. Die Entwicklung von Wäldern auf der mittleren Schwäbischen Alb und im nördlichen Oberschwaben seit dem 16. Jahrhundert (Schriften zur südwestdeutschen Landeskunde Bd. 72), Ostfildern 2011.

G.フーケー/G.ツァイリンガー『中世後期の大災害』(2011年11月15日)
Gerhard Fouquet / Gabriel Zeilinger, Katastrophen im Spätmittelalter, Darmstadt 2011.

R.ライト『近世の環境史』(2011年9月16日)
Reinhold Reith, Umweltgeschichte der Frühen Neuzeit (Enzyklopädie deutscher Geschichte Band 89), München 2011.

展示カタログ『古バイエルンにおける河川が織り成す諸景観―バイエルン中央州立文書館所蔵の16~18世紀手書き地図』(2011年9月8日)
Ausstellungskatalog: Altbayerische Flußlandschaften. Handgezeichnete Karten des 16. bis 18. Jahrhunderts aus dem Bayerischen Hauptstaatsarchiv, hrsg. v. Generaldirektion der Staatlichen Archive Bayerns, Weißenhorn 1998.

F.マウエルスハーゲン『近代の気候史』(2011年9月3日)
Franz Mauelshagen, Klimageschichte der Neuzeit 1500-1900, Darmstadt 2010.

諸空間における歴史:ロルフ・キースリング65歳記念論文集』(2011年8月11日)
Johannes Burkhardt / Thomans Max Safley / Sabine Ullmann (Hg.), Geschichte in Räumen. Festschrift für Rolf Kießling zum 65. Geburtstag, Konstanz 2006.

雑誌特集「三十年戦争:ドイツ人の原-災害」(2011年8月8日)
DER DREISSIGJÄHRIGE KRIEG: Die Ur-Katastrophe der Deutschen, in: Der Spiegel: Geschichte Nr. 4/2011.

H.フラッヒェンエッカー/R.キースリング編『バイエルンの経済景観:中世から19世紀にかけての経済的空間構造の発生と展開についての研究』(2011年7月29日)
Helmut Flachenecker / Rolf Kießling (Hg.), Wirtschaftslandschaften in Bayern. Studien zur Entstehung und Entwicklung ökonomischer Raumstrukturen vom Mittelalter bis ins 19. Jahrhundert (Zeitschrift für Bayerische Landesgeschichte. Beihefte;39), München 2010.

雑誌特集「農民戦争:一般民衆の反乱」(2011年7月27日)
Der Bauernkrieg. Aufstand des gemeinen Mannes, in: Damals. Das Magazin für Geschichte 43 (8/2011).

雑誌特集「ペスト:人類の災厄」(2011年7月21日)
Die Pest. Geißel der Menschheit, in: Damals. Das Magazin für Geschichte 7/2011.

中世のヨーロッパ諸都市』(2011年7月13日)
Ferdinad Opll / Christoph Sonnlechner (Hg.), Europäische Städte im Mittelalter, Innsbruck - Wien - Bozen 2010.

展示カタログ『森のおはなし―バイエルンにおける営林と狩猟、811年~2011年』(2011年5月17日)
Ausstellungskatalog: WaldGeschichten. Forst und Jagd in Bayern 811-2011, hrsg. v. Generaldirektion der Staatlichen Archive Bayerns, München 2011.

史料紹介「アレクサンダー・ベルナーの救貧制度調査報告記(1531年)」(2011年3月6日)
Alexander Berners Erkundungen über das Armenwesen in Nürnberg, Augsburg, Ulm, Memmingen, Isny, Lindau, St. Gallen, Konstanz, Zürich, Basel, in der Markgrafschaft Baden, in Württemberg, in Schwäbisch-Gmünd, Dinkelsbühl und Onolsbach (Ansbach) [1531], in: Otto Winckelmann, Das Fürsorgewesen der Stadt Straßburg vor und nach der Reformation bis zum Ausgang des sechzehnten Jahrhunderts, Leipzig 1922, Nr. 204, S. 266-283.

ベック社刊『ヨーロッパの歴史』(全10巻)(2011年2月8日)

J.ロッゲ『共通の利益のために:中世後期アウクスブルクにおける市参事会と市民の政治的行為と政治理解』(2011年1月22日)
Jörg Rogge, Für den gemeinen Nutzen. Politisches Handeln und Politikverständnis von Rat und Bürgerschaft in Augsburg im Spätmittelalter, Tübingen 1996.

P.ヴァルムブルン『一つの都市に二つの宗派―宗派同権帝国都市アウクスブルク、ビベラッハ、ラーヴェンスブルク、ディンケルスビュールにおけるカトリックとプロテスタントの共生、1548年から1648年まで』(2011年1月12日)
Paul Warmbrunn, Zwei Konfessionen in einer Stadt. Das Zusammenleben von Katholiken und Protestanten in den paritätischen Reichsstädten Augsburg, Biberach, Ravensburg und Dinkelsbühl von 1548 bis 1648, Wiesbaden 1983.

Ch.ロール『東アルプス地域における極端な自然現象:中世後期から近代初頭にかけての自然経験』(2010年12月29日)
Christian Rohr, Extreme Naturereignisse im Ostalpenraum. Naturerfahrung im Spätmittelalter und am Beginn der Neuzeit, Köln 2008.

B.レック『世界は今にも壊れてしまわんばかりであった―30年戦争期のとある都市』(2010年12月14日)
Bernd Roeck, Als wollt die Welt schier brechen. Eine Stadt im Zeitalter des Dreißigjährigen Krieges, München 1991.

平和があり得たときに―アウクスブルク宗教平和450年』(2010年12月10日)
Carl A. Hoffmann/Markus Johanns/Annette Kranz/Christof Trepesch/Oliver Zeidler (Hg.), Als Frieden möglich war – 450 Jahre Augsburger Religionsfrieden, Regensburg 2005.

M.シュテューバー『数世代にわたる森林:ベルン邦における持続性の構想(1750-1880年)』(2010年11月24日)
Martin Stuber, Wälder für Generationen. Konzeptionen der Nachhaltigkeit im Kanton Bern (1750-1880), Köln 2008.

A.シュンカ『社会の知と農村の世界:北シュヴァーベン出身農民の帝室裁判所での証人供述に見る支配、狩猟、自然認識(16~17世紀)』(2010年9月2日)
Schunka, Alexander: Soziales Wissen und dörfliche Welt. Herrschaft, Jagd und Naturwahrnehmung in Zeugenaussagen des Reichskammergerichts aus Nordschwaben (16.–17. Jahrhundert), Frankfurt a. M. 2000.

“小氷期”の文化的帰結』(2010年8月21日)
Wolfgang Behringer / Hartmut Lehmann / Christian Pfister (Hrsg.): Kulturelle Konsequenzen der »Kleinen Eiszeit«: Cultural Consequences of the »Little Ice Age«, Göttingen 2005.

M.ヤクボフスキ=ティーゼン「"小氷期"の農業に対する影響:1570年の危機」(2010年6月19日)
Manfred Jakubowski-Tiessen: Die Auswirkungen der „Kleinen Eiszeit“ auf die Landwirtschaft: Die Krise von 1570, in: Zeitschrift für Agrargeschichte und Agrarsoziologie 58-1 (2010), S. 31-50.

R.J.グライツマン「“神は我らの業をお褒め下さるだろう”:16世紀における発明家特権と技術の変遷」(2010年5月22日)
Gleitsmann, Rolf-Jürgen: „Wir wissen aber, Gott Lob, was wir thun“: Erfinderprivilegien und technologischer Wandel im 16. Jahrhundert, in: Zeitschrift für Unternehmensgeschichte 30 (1985), S. 69-95.

B.レック『アウクスブルクのパン屋、パン、穀物:パン屋手工業の歴史と30年戦争期における帝国都市の必需品供給政策』(2010年5月18日)
Bernd Roeck: Bäcker, Brot und Getreide in Augsburg. Zur Geschichte des Bäckerhandwerks und zur Versorgungspolitik der Reichsstadt im Zeitalter des Dreißigjährigen Kriegs (Abhandlungen zur Geschichte der Stadt Augsburg Bd. 31), Sigmaringen 1987.

R.キースリング『中世後期アウクスブルクの市民社会と教会:南ドイツ帝国都市の構造分析へのひとつの寄与』(2010年5月6日)
Rolf Kießling: Bürgerliche Gesellschaft und Kirche in Augsburg im Spätmittelalter. Ein Beitrag zur Strukturanalyse der oberdeutschen Reichsstadt (=Abhandlungen zur Geschichte der Stadt Augsburg 19), Augsburg 1971.

M.ポップロー『中世の技術』(2010年4月27日)
Marcus Popplow: Technik im Mittelalter, München 2010.

U.ロソー『近世の諸都市』(2010年4月22日)
Ulrich Rosseaux: Städte in der Frühen Neuzeit, Darmstadt 2006.

V.ヴィニヴァルター/M.クノール『環境史:入門』(2010年4月16日)
Verena Winiwarter / Martin Knoll: Umweltgeschichte. Eine Einführung, Köln u. a. 2007.

T.M.サフレー『子供、慈善、資本―近世アウクスブルクの経済・社会史研究。第1巻:孤児院』(2010年4月10日)
Safley, Thomas Max: Kinder, Karitas und Kapital. Studien zur Wirtschafts- und Sozialgeschichte des frühmodernen Augsburg. Band 1: Die Waisenhäuser (Studien zur Geschichte des Bayerischen Schwaben Bd. 39-1), aus dem Englischen von Christine Werkstetter, Augsburg 2009.

史料『都市ニュルンベルクの建築役エンドレス・トゥーハーの書(1464-1475年)』(2010年4月5日)
Endres Tuchers Baumeisterbuch der Stadt Nürnberg (1464-1475), hrsg. v. Matthias Lexer (=Bibliothek des Litterarischen Vereins in Stuttgart 64), Stuttgart 1862.

B.フールマン『現金を片手に―中世の商業』(2010年3月31日)
Bernd Fuhrmann, Mit barer Münze: Handel im Mittelalter (Geschichte erzählt Bd. 25), Darmstadt 2010.

K.ハーベルス/H.ノイハウス『神聖ローマ帝国:概説』(2010年3月27日)
Klaus Herbers/Helmut Neuhaus, Das Heilige Römische Reich: Ein Überblick, Köln u.a. 2010.

雑誌特集「中世」(2010年3月25日)
ZEIT-Geschichte. Das Mittelalter. Ausgabe 1/2010.

展示カタログ『1594年のプフィンツィング地図』(2010年3月16日)
Der Pfinzing-Atlas von 1594. Eine Ausstellung des Staatsarchivs Nürnberg anläßlich des 400jährigen Jubiläums der Entstehung, hrsg. v. Generaldirektion der Staatlichen Archive Bayerns, München 1994.

J.コッホレウス『ゲルマニア略述(1512年)』(2010年3月13日)
Cochlaeus, Johannes: Brevis Germanie Descriptio (1512), mit der Deutschlandkarte des Erhard Etzlaub von 1512, herausgegeben, übersetzt und kommentiert von Karl Langosch, Darmstadt 1960.

菅豊『川は誰のものか―人と環境の民俗学』(2010年3月10日)

内田日出海『物語 ストラスブールの歴史:国家の辺境、ヨーロッパの中核』(2010年2月10日)

V.グレーブナー『家なき家政:15世紀末ニュルンベルクにおける貧しい人々の家政の切り盛り』(2010年1月28日)
Valentin Groebner: Ökonomie ohne Haus. Zum Wirtschaften armer Leute in Nürnberg am Ende des 15. Jahrhunderts, Göttingen 1993.

M.シーバー『ニュルンベルクの歴史』(2010年1月26日)
Martin Schieber, Geschichte Nürnbergs, 2. Aufl., München 2007.

A.シーナー『フランケンの歴史』(2010年1月22日)
Anna Schiener, Kleine Geschichte Frankens, 2. Aufl., Regensburg 2009.

G.J.シェンク「自然と文化の合間の人間: ドイツ語圏の中世史学における環境史叙述を探し求めて―ひとつの素描」(2010年1月19日)
Gerrit Jasper Schenk, Der Mensch zwischen Natur und Kultur. Auf der Suche nach einer Umweltgeschichtsschreibung in der deutschsprachigen Mediävistik - eine Skizze, in: François Duceppe-Lamarre / Jens Ivo Engels (Hrsg.), Umwelt und Herrschaft in der Geschichte. Environnement et pouvoir: une approche historique, München 2008, S. 27-51.

A.イゼリ『良きポリツァイ:近世における公的秩序』(2010年1月16日)
Andrea Iseli, Gute Policey. Öffentliche Ordnung in der Frühen Neuzeit, Stuttgart 2009.

J.ラートカウ『木材:ある天然資源の歴史の描き方』(2010年1月14日)
Joachim Radkau, Holz. Wie ein Naturstoff Geschichte schreibt (Stoffgeschichten Band 3), München 2007.

ニュルンベルク:あるヨーロッパ都市の歴史』(2010年1月13日)
Gerhard Pfeiffer (Hg.), Nürnberg - Geschichte einer europäischen Stadt, München 1971.

ニュルンベルク経済史論集』(2010年1月11日)
Stadtarchiv Nürnberg (Hg.), Beiträge zur Wirtschaftsgeschichte Nürnbergs, Bd. 1, Nürnberg 1967.

ニュルンベルク都市事典』(2010年1月10日)
Michael Diefenbacher / Rudolf Endres (Hg.), Stadtlexikon Nürnberg, 2. verbesserte Aufl., Nürnberg 2000, 1250 S.

B.レック『エリアス・ホル:ルネサンス期のある建築家』(2009年12月22日)
Bernd Roeck, Elias Holl. Ein Architekt der Renaissance, Regensburg 2004.

P.v.シュテッテン『神聖ローマ帝国自由都市アウクスブルクの歴史(1743/1758年)』(2009年12月19日)
Stetten, Paul von [der Ältere]: Geschichte Der Heil. Roem. Reichs Freyen Stadt Augspurg, 2 Bde., Franckfurt/Leipzig, 1743/1758.

W.ベーリンガー「1570年の危機:近代の危機をめぐる歴史学へのひとつの寄与」(2009年12月14日)
Wolfgang Behringer, Die Krise von 1570. Ein Beitrag zur Krisengeschichte der Neuzeit, in: Manfred Jakubowski-Tiessen/Hartmut Lehmann (hrsg.), Um Himmels Willen. Religion in Katastrophenzeiten, Göttingen 2003, S. 51-156.

C.P.クラーゼン「16世紀の貧民救済」(2009年12月6日)
Claus-Peter Clasen, Armenfürsorge im 16. Jahrhundert, in: Gunther Gottlieb u.a.(hrsg.), Geschichte der Stadt Augsburg von der Römerzeit bis zur Gegenwart, Stuttgart 1984, S. 337-342.

ローマ期から現在に至るまでの都市アウクスブルクの歴史』(2009年12月5日)
Gunther Gottlieb u.a.(hrsg.), Geschichte der Stadt Augsburg von der Römerzeit bis zur Gegenwart, Stuttgart 1984.

M.ヤクボフスキ=ティーゼン/H.レーマン『天の采配により:大災害時の信仰』(2009年12月4日)
Manfred Jakubowski-Tiessen/Hartmut Lehmann (hrsg.), Um Himmels Willen. Religion in Katastrophenzeiten, Göttingen 2003.

W.ベーリンガー『気候の文化史』(2009年11月29日)
Wolfgang Behringer, Globale Abkühlung: Die Kleine Eiszeit, in: Ders., Kulturgeschichte des Klimas. Von der Eiszeit bis zur globalen Erwärmung, 4., durchgesehene Auflage, München 2009.

B.レック『異端、芸術家、そして悪魔たち―金細工師ダヴィット・アルテンシュテッターの世界』(2009年10月26日)
Bernd Roeck, Ketzer, Künstler und Dämonen. Die Welten des Goldschmieds David Altenstetter. Eine Geschichte aus der Renaissance, C.H.Beck, München 2009.
こちらも参照

H.シェーマン『マイン河畔の都市ロールの都市林』(2009年10月19日)
Hans Schönmann, Erschließung und Inwertsetzung des Stadtwaldes von Lohr am Main, Lks. Main-Spessart, seit dem Mittelalter, mit besonderer Berücksichtigung der Traubeneiche (Quercus petraea), Diss. Julius-Maximilians-Universität zu Würzburg, Lohr am Main 2008.

F.G.ヒルシュマン『中世の都市』(2009年10月7日)
Frank G. Hirschmann, Die Stadt im Mittelalter (Enzyklopädie deutscher Geschichte Band 84), Oldenbourg Verlag, München 2009.

ヨーロッパの都市とその環境』(2009年10月6日)
Dieter Schott / Michael Toyka-Seid (Hg.): Die europäische Stadt und ihre Umwelt, Darmstadt 2008.

R.キースリング『シュヴァーベンの歴史』(2009年9月20日)
Rolf Kießling, Kleine Geschichte Schwabens, Regensburg 2009.

都市の空気は自由にする』『近世ドイツ史』(2009年8月27日)
Jörg Schwarz, Stadtluft macht frei. Leben in der mittelalterlichen Stadt, Darmstadt 2008.
Johannes Burkhardt, Deutsche Geschichte in der Frühen Neuzeit, München 2009.
[PR]
by schembart | 2013-09-27 00:38 | 文献紹介 | Comments(0)
2013年度の早稲田大学史学会大会の西洋史部会にて、研究報告をさせてもらうことになりました。帰国後でばたばたしてるかもしれませんが、博士論文の成果をさっそくみなさんに聞いてもらえる絶好の機会ですホームページには、まだ情報は上がってませんが、こちらでも案内させてもらいます。ホームページにも案内がアップされました、こちら

*****
2013年度早稲田大学史学会大会

日時:2013年10月5日(土曜) 午前10時~12時半
場所:早稲田大学 文学学術院校舎 33号館16階 第10会議室

西洋史部会 報告③
渡邉裕一 「16世紀後半アウクスブルクの“危機対応型”森林政策―災害史研究の視点から」
*****

午後には、「歴史学・考古学は“海”をどう扱ってきたか」と題する特集シンポジウムが企画されております。これも興味深そうです。
[PR]
by schembart | 2013-09-24 12:31 | 研究 | Comments(0)

最後の三者面談

今日は、博士論文提出前の最後の三者面談に行ってきました。博士論文の目次を見ながら、最終チェック。見出しは大切です。読む人が最初に触れる箇所。本論はしっかり書けているから、あとは「結論」をもう少し練り直すように、とのご指導。博士論文の意義は、「序論」と「結論」でどれだけインパクトのある議論を展開できるかで決まる、とのこと。「結論」では、自分の博論の意義を100パーセント書ききらないといけません。すべての読者が博士論文を隅から隅まで読んでくれるわけではないのです。

そんなわけで、博士論文の提出は、日本に帰国してから、もういちど「結論」を練り直して、10月末あるいは11月頭になります。その後、先生に評価書を書いてもらって、口頭試問という流れです。シリング先生が年明けもお忙しいとのことで、3月末か4月にずれ込むこともありそうです。何はともあれ、良い博士論文を提出することが一番です。

本当は、しっかりと博士論文を完成させて、提出し終えてからの本帰国を目指してましたが、それは叶わず。ぼくの計画が甘かったです。反省しないと。でも、反省ばかりしてても意味がないので、帰国のばたばたで気が抜けてしまわないように、10月半ばまで、踏ん張って頑張ろうと思います!

三者面談も今日で最後でした。しっかりとキースリング先生、シリング先生には感謝の意を伝えることができました。お二人には最後のさいごまで背中を押してもらってばかり。有難い限りです。これまでの三者面談もまとめておこうと思います。

*日付はブログのアップの日時。

8月の三者面談」(2013年8月18日)
6月の三者面談」(2013年6月20日)
(5月の)三者面談」(2013年5月9日)
(3月の)三者面談」(2013年3月21日)
冬の三者面談」(2013年1月16日)
秋の三者面談」(2012年10月18日)
(夏の)三者面談」(2012年7月11日)
三者面談の延長」(2012年6月25日)
(春の)三者面談」(2012年4月19日)
(3月の)三者面談」(2012年3月8日)
(2月の)三者面談」(2012年2月2日)
「三者面談」(2011年3月11日 ブログ記事なし。詳しくは、こちら
三者面談」(2011年2月10日)
面談延期とアウクスブルク市立文書館の再開について」(2011年1月19日)
シリング教授との面談」(2010年6月26日)
窓のある生活、第2回面談の末に」(2010年6月16日)
第2回面談へ」(2010年6月10日)
第一回面談」(2009年11月10日)

数えてみると、最初の頃の二者面談を含めて、4年間で計17回の面談をしてもらっています。2012年ころから定期的に三者面談を設定してもらい、2013年に入ってからは1~2ヶ月に一回のペースで、じっくりと博士論文のご指導をしてもらいました。完成させて、世に成果を問わないことには、まったく意味がないので、最後の最後まで気を抜かずに頑張ろうと思います。
[PR]
by schembart | 2013-09-19 01:24 | 研究 | Comments(2)
逆さカーヴェンデル(2012年10月20日)
b0175255_2222876.jpg

2012年
1月
2012年初登り」(1月15日)
ロートヴァント(Rotwand)

2月
久々のなんちゃって登山」(2月19日)
レアモース村(Lermoos)~トュフトゥルアルム(Tuftlalm 1496m)

雪のトュフトゥルアルム」(2月27日)
レアモース村(Lermoos)~トュフトゥルアルム(Tuftlalm 1496m)

3月
ミッテンヴァルトで買い物三昧」(3月12日)
ミッテンヴァルト(Mittenwald)

ケーニヒス湖へ」(3月18日)
ケーニヒス湖(Königssee)

4月
晴れのザイルバーン」(4月22日)
プレディグトストュ―ル(Predigtstuhl; 1614m)

ハイキング日和」(4月29日)
ガウティング(Gauting)~ロイトシュテット(Leutsttet)~シュタンベルク(Stanberg)

5月
雨のエッシェンローエ」(5月6日)
ホーエ・キステン(Hohe Kisten)

なんちゃってベネヴァント下見登山」(5月15日)
トゥッツィング(Tutzing)~ベネディクテンヴァント(Benedkitenwand)

エッシェンローエ・リベンジ登山」(5月20日)
エッシェンローエお花編」(5月22日)
ホーエ・キステン(Hohe Kisten)

エッタールからオーバーアマガウへ」(5月27日)
エッタール~ラーバーお花編」(5月28日)
エッタール修道院(Kloster Ettal)~ラーバー(Laber)~オーバーアマガウ(Oberammergau)

カーヴェンデルなんちゃって登山番外編」(5月29日)
ミッテンヴァルト(Mittenwald)~カーヴェンデル(Karwendel)

6月
山のうえから新白鳥城」(6月3日)
テーゲルベルクお花編」(6月5日)
ブランダーシュローフェン(Branderschrofen; 1880m)~ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)

三度、地獄谷へ」(6月17日)
地獄谷 お花編」(6月18日)
地獄谷(Höllental)

7月
合宿登山一日目」(7月12日)
登山合宿二日目」(7月13日)
合宿登山 お花編」(7月14日)
エング(Eng)、ラムゼンシュピッツ(Lamsenspitze; 2508m)、ガムスヨッホ(Gamsjoch;2452m)

古城址めぐり」(7月15日)
お花編」(7月17日)
古城址ファルケンシュタイン(Falkenstein)

お城めぐり」(7月23日)
リンダーホーフ城(Schloss Linderhof)

なんちゃってホーム・マウンテン・ヨッホベルク」(7月30日)
ヨッホベルク(Jochberg)

8月
「なんちゃって」では済まなかったかもしれない登山」(8月6日)
お花編」(8月7日)
ブラウネック(Brauneck)~ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801m)

ボーツナー・マルクト」(8月13日)
ミッテンヴァルト(Mittenwald)

夏のカーヴェンデル」(8月19日)
「カーヴェンデルお花編」(故障中)
カーヴェンデル(Karwendel)

9月
真っ白な山歩き」(9月2日)
夏の終わりと雨と花」(9月4日)
ヘアツォーグシュタント(Herzogstand)~ハイムガルテン(Heimgarten)

ラーバー~エッタール~サプライズ誕生会」(9月10日)
夏の終わりの山の花」(9月11日)
ラーバー(Laber)~エッタール修道院(Kloster Ettal)

雨の廃墟めぐり(訂正版)」(9月24日)
廃墟アイゼンベルク(Eisenberg)とホーヘン・フライベルク(Hohen Freyberg)

秋の地獄谷へ」(9月30日)
秋の地獄谷 お花編」(10月2日)
地獄谷(Höllental)

10月
秋のベネヴァント登山」(10月7日)
ベネヴァントお花編」(10月8日)
ブラウネック(Brauneck)~ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801m)

山の天文台」(10月14日)
ヴェンデルシュタイン(Wendelstein)

秋登山 ミッテンヴァルトへ」(10月21日)
ホーハー・クランツベルク(Hoher Kranzberg)

11月
南ティロル秋の登山合宿(その1)」(11月5日)
南ティロル秋の登山合宿(その2)」(11月16日)
(故障中)「南ティロル秋の登山合宿(その3)」(11月17日)
(故障中)「南ティロル秋の登山合宿(その4)」(11月18日)
グルーンス(Glurns)の年市(Sealamorkt/Seelenmarkt)、メラーン(Melan)、マッチュ渓谷(Matscher Tal)~ウピ湖(Upiaseen/Upisee; 2552m)

がっつり登山でダニエル制覇」(11月20日)
お花編」(11月22日)
ダニエル(Daniel; 2340m)

ロートヴァント・リベンジ登山」(11月25日)
お花編」(11月27日)
ロートヴァント(Rotwand;1884m)

12月
グレントライテンのクリスマス市へ」(12月2日)
グレントライテン野外博物館(Freilichtmuseum Glentleiten)

雪のくりきんめぐり、ザルツブルク」(12月9日)
ザルツブルク(Salzburg)

くりきんめぐり、カルテンベルク城」(12月17日)
カルテンベルク城(Schloss Kaltenberg)

なんちゃって登山2012年登り納め」(12月31日)
ホーハー・クランツベルク(Hoher Kranzberg)


2013年
1月
2013年初登り」(1月13日)
テーガーン湖(Tegernsee)~リーダーシュタイン(Riederstein: 1207m)~バウムガルテンシュナイト(Baumgartenschneid: 1449m)

2月
なんちゃって登山 日本の山シリーズ」(2月8日)
獅子岩

橇すべりに雪山へ」(2月24日)
ヴァールベルク(Wallberg)

3月
ペストが通った道を行く」(3月10日)
エッシェンローエ(Eschenlohe)~オーバーアマガウ(Oberammergau)=「カスパー・シスラーの道(Kaspar-Schisler-Weg)」

グリュンテン湖一周」(3月17日)
グリュンテン湖(Grüntensee)

ピュルシュリングの雪山へ」(3月25日)
ピュルシュリング(Pürschling; 1566m)

4月
なんちゃって登山」(4月29日)
ゼーカールクロイツ(Seekarkreuz)

5月
ラーバーからエッタール修道院へ」(5月5日)
ラーバー(Laber)

雨降りのエッタール~オーバーアマガウ散策」(5月12日)
エッタール修道院(Kloster Ettal)~オーバーアマガウ(Oberammergau)

夏登山の予感」(5月19日)
久々のお花編」(5月20日)
ホーアー・フリッケン(Hoher Fricken; 1940m)

雨降りハイキング」(5月29日)
ガウティング(Gauting)~シュタンベルク湖(Stanberger See)

6月
尾根歩きHerzogstand~Heimgarten」(6月11日)
尾根歩きお花編」(6月11日)
ヘアツォークシュタント(Herzogstand)~ハイムガルテン(Heimgarten)

花咲くローファンへ」(6月17日)
ローファンお花編」(6月18日)
ローファン(Rofan)

7月
コフェル山へ再び」(7月1日)
オーバーアマガウ(Oberammergau)~コフェル山(Kofel; 1342 m)

山の教会と山の天文台」(7月7日)
ヴェンデルシュタインお花編」(7月10日)
ヴェンデルシュタイン(Wendelstein)

天空の湖再訪」(7月16日)
シェッテルカールシュピッツお花編」(7月18日)
シェッテルカールシュピッツ(Schöttelkarspitze)

8月
リベンジ失敗登山」(8月10日)
お花編」(8月12日)
ホーアー・フリッケン(Hoher Fricken; 1940m)

ベネヴァント登山」(8月22日)
ベネヴァントお花編」(8月24日)
ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801 m)

9月
グライルシュ渓谷へ」(9月2日)
グライルシュ渓谷 お花編」(9月2日)
グライルシュ渓谷(Gleirschklamm)

ゼーベン湖~ドラゴン湖を目指して―なんちゃってラスト登山」(9月12日)
なんちゃってラストお花編」(9月12日)
ゼーベン湖(Seebensee)~ドラゴン湖(Drachensee)


ローファンの十字架(2013年6月16日)
b0175255_2229437.jpg

[PR]
by schembart | 2013-09-18 22:02 | 登山 | Comments(0)
*日付はブログをアップした日なので、登山した日とは異なります。

2010年
5月
なんちゃって山岳狂会」(5月2日)
ガルミッシュ・パルテンキルヘン(Garmisch Partenkirchen)
ブラウネック(Brauneck)

山を登る」(5月25日)
ゾイエルン湖(Soiernsee)

そこに山があるから」(5月30日)
ヴァルヒェン湖(Walchensee)~ヘルツォークシュタント(Herzogstand)

6月
また山登り」(6月6日)
ヒルシュへルンコップフ(Hirschhoernkopf)

山に咲く花」(6月13日)
ベネディクテンヴァント(Benediktenwand)

7月
山頂までは遠く」(7月16日)
ゾイエルンシュピッツェ(Soiernspitze)

山に降る雨、山に咲く花」(7月25日)
シャッヘンハウス(Schachenhaus)

8月
地獄谷へ」(8月3日)
地獄谷(Höllental)

合宿登山」(8月16日)
合宿登山(草花編)」(8月17日)
ヨッホベルク(Jochberg)/ゾイエルンシュピッツェ(Soiernspitze)

ベネヴァント登頂」(8月22日)
ベネヴァント登頂(花・生物編)」(8月23日)
ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801 m)

山の花に降る雨」(8月30日)
ティロル、ローファン(Rofan)

9月
雨に降られに山に登る」(9月5日)
雨に咲く花」(9月6日)
シャルフライター(Scharfreiter/schafreiter/scharfreuter)

ローファンへ、再び」(9月12日)
ローファンに咲く花」(9月13日)
ティロル、ローファン(Rofan)

湖畔歩き」(9月19日)
湖畔に咲く花」(9月20日)
ハイターヴァング湖(Heiterwanger See)~プラン湖(Plansee

10月
雪山へ」(10月24日)
グローサー・アーホルンボーデン=大カエデ台地(Grosser Ahornboden)

11月
登山日和」(11月7日)
リンダーホーフ城(Schloss Linderhof)~ブルネンコプフ(Brunnenkopf)

12月
雪山へ、ふたたび」(12月12日)
ヨッホベルク(Jochberg)

雪山と青空と写真を撮るぼくと」(12月19日)
ヒルシュヘルンルコップフ(Hirschhoernlkopf)


2011年
1月
初日の出」(1月2日)
ツークシュピッツェ(Zugspitze)

三王礼拝と受難劇」(1月7日)
オーバーアマガウ(Oberammergau)のコフェル山(Kofel)

森に囲まれたバイオリン作りの町」(1月9日)
ホーハー・クランツベルク(Hoher Kranzberg)

カーヴェンデルの山の上から」(1月16日)
カーヴェンデル(Karwendel)

橇下りの雪山へ」(1月30日)
ヴァルベルク(Wallberg)

2月
雪山を登る」(2月6日)
ラーバー(Laber)

塩山見学へ」(2月13日)
ベルヒテスガーデン(Berchtesgaden)の岩塩鉱山(Salzbergwerk)~ケーニヒスゼー(Königssee)

5月
なんちゃってひさしぶり登山」(5月9日)
春の山に咲く花」(5月10日)
エッシェンローエ(Eschenlohe)~ホーエ・キステン(Hohe Kisten; 1922m)

雪なしラーバー」(5月15日)
ラーバー(Laber)

リベンジ登山は最長距離」(5月22日)
山に咲く花」(5月23日)
エッシェンローエ(Eschenlohe)~ホーエ・キステン(Hohe Kisten; 1922m)

ティロルの山へ」(5月29日)
雨の滴と太陽の光」(5月30日)
フライシュバンク(Fleischbank; 2026m)

6月
渓谷めぐり」(6月12日)
エックバウアー(Eckbauer:1236m)~パートナッハクラム(Partnachklamm)

雨降りの季節に」(6月19日)
ホーハー・クランツベルク(Hoher Kranzberg)

雨のローファン、シュヴァーツの銀山」(6月25日)
ローファン(Rofan)

7月
山の天気は変わりやすい」(7月4日)
ゾイエルン山群お花編」(7月5日)
シェッテルカールシュピッツェ(Schöttelkarspitze)

地獄谷へ再び」(7月11日)
地獄谷、お花編」(7月12日)
地獄谷(Höllental)

ガムスヨッホなんちゃって登頂記(前編)」(7月17日)
ガムスヨッホなんちゃって登頂記(後編)」(7月18日)
ガムスヨッホお花編」(7月19日)
ガムスヨッホ(Gamsjoch;2452m)

霧のザイルバーン」(7月24日)
花に降る雨」(7月25日)
バード・ライヒェンハル(Bad Reichenhall)~プレディグトストュ―ル(1614m)

8月
合宿登山1日目~2日目」(8月1日)
合宿登山3日目」(8月2日)
合宿登山3日目、お花編」(8月3日)
オーストリアのザルツカンマーグート(Salzkammergut)、シャーフベルク(Schafberg;1783m)、ツヴェルファーホルン(Zwölferhorn;1522m)

ルートヴィヒ2世のヘレンキームゼー城」(8月7日)
キーム湖(Chiemsee)のヘレンキームゼー城(Schloss Herrenchiemsee)

ノイシュヴァンシュタイン城へ」(8月14日)
ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)

日曜登山は、一年ぶりのリベンジ登山」(8月23日)
日曜登山、お花編」(8月24日)
シャルフライター(Scharfreiter/schafreiter/scharfreuter)

アルゴイ地方へ(洞窟歩き、渓谷めぐり、町散策)」(8月30日)
オーバーマイゼルシュタイン(Obermaiselstein)のシュトゥルマン洞窟(Sturmannshöhle)~ブライタッハ渓谷(Breitachklamm)~インメンシュタット(Immenstadt)

ゾンヨッホ登頂記(前編)」(8月31日)
ゾンヨッホ登頂記(後編)」(9月1日)
ゾンヨッホに咲く花は」(9月2日)
ゾンヨッホ(Sonnjoch: 2457m)

9月
コフェル山登り」(9月4日)
オーバーアマガウ(Oberammergau)のコフェル山(Kofel)

フライシュバンクのリベンジ登山(前編)」(9月11日)
フライシュバンクのリベンジ登山(後編)」(9月12日)
フライシュバンクお花編」(9月13日)
フライシュバンク(Fleischbank; 2026m)

ベネヴァント登頂」(9月18日)
ベネヴァントお花編」(9月19日)
ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801 m)

11月
山の主に出会う」(11月13日)
小さな世界」(11月14日)
ベネディクテンヴァント(Benediktenwand; 1801 m)

日曜登山は良い天気」(11月21日)
小さな世界」(11月23日)
ティロルのアンマー森林(Ammerwald)~「小窓」(Fensterl)~をホッホプラッテ(Hochplatte; 2082m)

凍る山の上の湖」(11月27日)
エーアヴァルト(Ehrwald)~ゼーベン湖(Seebensee;1657 m)~ドラゴン湖(Drachensee;1874 m)

12月
アルム湖とエッタール修道院クリスマス市」(12月5日)
エーアヴァルト(Ehrwald)~アルム湖(Almsee)

ヴァーグナーが過ごした小屋とベネディクトボイレンのクリスマス市」(12月6日)
アルトラッハ・ホーホコプフ(Altlacher Hochkopf)

森のなかのクリスマス市へ」(12月12日)
ホーハー・クランツベルク(Hoher Kranzberg)

ドラゴン湖を目指して雪山へ」(12月13日)
エーアヴァルト(Ehrwald)~ゼーベン湖(Seebensee;1657 m)

なんちゃってアルピニスト」(12月18日)
ヒルシュヘルンルコップフ(Hirschhoernlkopf)

日暮れのシュタインボック(2011年11月12日)
b0175255_2211018.jpg

[PR]
by schembart | 2013-09-17 18:59 | 登山 | Comments(0)
ゼーベン湖~ドラゴン湖のお花編です。もう夏も終わり、ずいぶんと涼しくなりました。
b0175255_17572512.jpg

b0175255_17584115.jpg

b0175255_17591527.jpg

b0175255_17595891.jpg

毒キノコ!! ぼけちゃってますが…。
b0175255_181160.jpg

b0175255_1821982.jpg

b0175255_1832228.jpg

b0175255_184898.jpg

b0175255_1845975.jpg

b0175255_1863179.jpg

これにて、なんちゃって登山お花編もいったん終わりー。時間ができたら、まとめ記事を作成しようと思っております。自分で言うのもあれですが、最初の頃の写真と比べると、ぼくもなかなか花の写真を撮るのが上手くなってるように思います。へへへ。ご鑑賞あれ。

山の花の写真を撮るのは、ぼくの性質に合ってるように思います。これからも、続けていこう。
[PR]
by schembart | 2013-09-12 18:10 | 登山 | Comments(0)
先週のなんちゃって登山は、2011年の冬に行ったあのドラゴン湖を目指しました。湖面氷結はまだのはず。その後、深雪のなか途中で断念して以来、2年ぶりの挑戦です。ぼくにとっては、なんちゃってラストのなんちゃって登山です。
b0175255_7294926.jpg

午後から雨の予報も。あの岩壁の上を目指します。
b0175255_7343263.jpg

森を抜け、岩壁に。ここからワイヤー伝いに登っていきます。
b0175255_7363319.jpg

難所を超えて、森の中を歩きます。
b0175255_738332.jpg

背中にはツークシュピッツが聳えています。南から見ると、ほんとに厳つい。
b0175255_7402397.jpg

歩きやすい林道をてくてく歩きます。
b0175255_741553.jpg

ゼーベンゼーに到着ー!!
b0175255_7431165.jpg

逆さツークシュピッツが、見える、はずだったのですが…。
b0175255_7464621.jpg

霧が晴れる気配もないので、あきらめてさらに上を目指します。
b0175255_7481582.jpg

上から見るゼーベンゼーも綺麗。
b0175255_7494563.jpg

コーブルクの山小屋。この下にドラゴン湖が。深緑がとっても美しい。
b0175255_7524947.jpg

b0175255_7542876.jpg

ここからさらに上へつながる道が見えます。でも、雨雲が。
b0175255_757143.jpg

ということで、山小屋でビールを飲むことに。雰囲気のある山小屋です。
b0175255_7584199.jpg

小雨が降ってきたので、急いで山を降ります。ゼーベンゼーまで戻ると雨もやみました。残念ながら、ツークシュピッツは雲に隠れたまま。恥ずかしがり屋さんです。
b0175255_822936.jpg

b0175255_835079.jpg

b0175255_845610.jpg

エーアヴァルトの美味しいレストランで晩御飯。ティロルの名物ニンニククリームスープが絶品です。美味しかったー。これにて、ぼくのなんちゃって登山もいったん終了です。なんちゃって。またすぐに復活も。乞うご期待くださいな。それでは、またー、みなさんも良い山登りを。
[PR]
by schembart | 2013-09-12 08:10 | 登山 | Comments(0)
お花編。
b0175255_22584341.jpg

b0175255_22594348.jpg

b0175255_232992.jpg

b0175255_2331590.jpg

b0175255_234324.jpg

b0175255_2352489.jpg

b0175255_2361368.jpg

b0175255_237996.jpg

b0175255_237587.jpg

b0175255_2391230.jpg

[PR]
by schembart | 2013-09-02 23:09 | 登山 | Comments(0)

グライルシュ渓谷へ

ティロルのシャルニッツ(Scharnitz)から、グライルシュ渓谷(Gleirschklamm)に行ってきました。良い天気。こうちゃんの山デビュー戦です。
b0175255_3174098.jpg

b0175255_3192698.jpg

こうちゃん。背負子の座り心地はなかなか良かったみたい。
b0175255_3212853.jpg

林内放牧される牛。夏の間は、もっと標高の高い高原にいたのだと思います。
b0175255_3231786.jpg

行く手を遮ります。
b0175255_3245770.jpg

グライルシュ渓谷へ。
b0175255_3252822.jpg

この渓谷では、16世紀から「管流し(Trift)」と呼ばれる木材搬出法が行われていたようです。
b0175255_327116.jpg

b0175255_3292427.jpg

b0175255_3301624.jpg

b0175255_331106.jpg

このあたりの森林は、1950/60年あたりから、オーストリア国有林。林道もしっかりしています。
b0175255_3334851.jpg

b0175255_3345318.jpg

上から見下ろす渓谷。「あそこを歩いてきたねー」と話しながら、林道を歩いて戻ります。
b0175255_3362981.jpg

お疲れ様でしたー。駅前のレストランでオーストリアの地ビールとグーラシュ。グライルシュから戻ってグーラシュです。最高の組み合わせ。美味しかったー。
b0175255_33824100.jpg

b0175255_3384577.jpg

ティロル鉄道でミッテンヴァルトまで、そこからドイツ鉄道に乗り換えです。
b0175255_3402883.jpg

[PR]
by schembart | 2013-09-02 03:41 | 登山 | Comments(0)