中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart
先週のなんちゃって登山は、2011年の冬に行ったあのドラゴン湖を目指しました。湖面氷結はまだのはず。その後、深雪のなか途中で断念して以来、2年ぶりの挑戦です。ぼくにとっては、なんちゃってラストのなんちゃって登山です。
b0175255_7294926.jpg

午後から雨の予報も。あの岩壁の上を目指します。
b0175255_7343263.jpg

森を抜け、岩壁に。ここからワイヤー伝いに登っていきます。
b0175255_7363319.jpg

難所を超えて、森の中を歩きます。
b0175255_738332.jpg

背中にはツークシュピッツが聳えています。南から見ると、ほんとに厳つい。
b0175255_7402397.jpg

歩きやすい林道をてくてく歩きます。
b0175255_741553.jpg

ゼーベンゼーに到着ー!!
b0175255_7431165.jpg

逆さツークシュピッツが、見える、はずだったのですが…。
b0175255_7464621.jpg

霧が晴れる気配もないので、あきらめてさらに上を目指します。
b0175255_7481582.jpg

上から見るゼーベンゼーも綺麗。
b0175255_7494563.jpg

コーブルクの山小屋。この下にドラゴン湖が。深緑がとっても美しい。
b0175255_7524947.jpg

b0175255_7542876.jpg

ここからさらに上へつながる道が見えます。でも、雨雲が。
b0175255_757143.jpg

ということで、山小屋でビールを飲むことに。雰囲気のある山小屋です。
b0175255_7584199.jpg

小雨が降ってきたので、急いで山を降ります。ゼーベンゼーまで戻ると雨もやみました。残念ながら、ツークシュピッツは雲に隠れたまま。恥ずかしがり屋さんです。
b0175255_822936.jpg

b0175255_835079.jpg

b0175255_845610.jpg

エーアヴァルトの美味しいレストランで晩御飯。ティロルの名物ニンニククリームスープが絶品です。美味しかったー。これにて、ぼくのなんちゃって登山もいったん終了です。なんちゃって。またすぐに復活も。乞うご期待くださいな。それでは、またー、みなさんも良い山登りを。
[PR]
# by schembart | 2013-09-12 08:10 | 登山 | Comments(0)
お花編。
b0175255_22584341.jpg

b0175255_22594348.jpg

b0175255_232992.jpg

b0175255_2331590.jpg

b0175255_234324.jpg

b0175255_2352489.jpg

b0175255_2361368.jpg

b0175255_237996.jpg

b0175255_237587.jpg

b0175255_2391230.jpg

[PR]
# by schembart | 2013-09-02 23:09 | 登山 | Comments(0)

グライルシュ渓谷へ

ティロルのシャルニッツ(Scharnitz)から、グライルシュ渓谷(Gleirschklamm)に行ってきました。良い天気。こうちゃんの山デビュー戦です。
b0175255_3174098.jpg

b0175255_3192698.jpg

こうちゃん。背負子の座り心地はなかなか良かったみたい。
b0175255_3212853.jpg

林内放牧される牛。夏の間は、もっと標高の高い高原にいたのだと思います。
b0175255_3231786.jpg

行く手を遮ります。
b0175255_3245770.jpg

グライルシュ渓谷へ。
b0175255_3252822.jpg

この渓谷では、16世紀から「管流し(Trift)」と呼ばれる木材搬出法が行われていたようです。
b0175255_327116.jpg

b0175255_3292427.jpg

b0175255_3301624.jpg

b0175255_331106.jpg

このあたりの森林は、1950/60年あたりから、オーストリア国有林。林道もしっかりしています。
b0175255_3334851.jpg

b0175255_3345318.jpg

上から見下ろす渓谷。「あそこを歩いてきたねー」と話しながら、林道を歩いて戻ります。
b0175255_3362981.jpg

お疲れ様でしたー。駅前のレストランでオーストリアの地ビールとグーラシュ。グライルシュから戻ってグーラシュです。最高の組み合わせ。美味しかったー。
b0175255_33824100.jpg

b0175255_3384577.jpg

ティロル鉄道でミッテンヴァルトまで、そこからドイツ鉄道に乗り換えです。
b0175255_3402883.jpg

[PR]
# by schembart | 2013-09-02 03:41 | 登山 | Comments(0)

貸本屋閉店のお知らせ

来月に帰国する予定です。アウクスブルクの貸本屋も、勝手ながら、これにて閉店させていただきます。つきましては、アウクスブルク(ミュンヘン)在住のみなさまで、日本語の本が欲しい、という方に、お安く本をお譲りしたいと思っております。ご希望の本がありましたら、お気軽に声をかけてください! 基本は早い者勝ち。単行本や、人気ある文庫本は、倍率が高いかもしれません!! 詳細は相談しましょう(もしかすると、ぼくが「やっぱりどうしても日本に持って帰る」、と駄々をこねる本もあるかもしれません…)。

*****

小説
単行本

宮本輝 『宮本輝全短篇』上・下巻、集英社
村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』文藝春秋

ポール・オースター、柴田元幸訳『オラクル・ナイト』新潮社
ポール・オースター、柴田元幸訳『幻影の書』新潮社

文庫
川上弘美『ざらざら』新潮文庫
川上弘美『どこから行っても遠い町』新潮文庫

志賀直哉『暗夜行路』新潮文庫
宮本輝『にぎやかな天地』上・下巻、講談社文庫
宮本輝『流転の海』新潮文庫
宮本輝『地の星: 流転の海 第二部』新潮文庫
宮本輝『血脈の火: 流転の海 第三部』新潮文庫
宮本輝『天の夜曲: 流転の海 第四部』新潮文庫
村上春樹『羊をめぐる冒険』上・下巻、講談社文庫(ドイツ語版あり)
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』上・下巻、講談社文庫
村上春樹『スプートニクの恋人』講談社文庫(ドイツ語・英語版もあり)
村上春樹『国境の南、太陽の西』講談社文庫(ドイツ語版あり)
村上春樹『海辺のカフカ』上・下巻、新潮文庫(ドイツ語版、雑誌『少年カフカ』もあり)

ジョン・アーヴィング、中野圭二訳『ホテル・ニューハンプシャー』上下巻、新潮文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下、角川文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『天使と悪魔』上・中・下、角川文庫

ミラン・クンデラ、菅野昭正訳『不滅』集英社文庫
W.フォークナー、加島祥造訳『八月の光』新潮文庫

その他
単行本

赤坂憲雄『3.11から考える「この国のかたち」—東北学を再建する』新潮選書
池澤夏樹『春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと』中央公論新社
内田樹・釈徹宗『現代霊性論』講談社
内田樹『街場の読書論』太田出版
内田樹×中沢新一×平川克美『大津波と原発』朝日新聞出版
内山節+21世紀社会デザインセンター『内山節のローカリズム原論—新しい共同体をデザインする』農文協、2012年
岸修司『ドイツ林業と日本の森林』築地書館
喜安朗×成田龍一×岩崎稔『立ちすくむ歴史—E・H・カー『歴史とは何か』から50年』せりか書房
徳川林政史研究所編『徳川の歴史 再発見 森林の江戸学』東京堂出版
土肥恒之『西洋史学の先駆者たち』中央公論新社
孫崎享『アメリカに潰された政治家たち』小学館、2012年
町山智浩『99%vs1%—アメリカ格差ウォーズ』講談社
村上春樹『シドニー!』文藝春秋
村上春樹編集長『少年カフカ』新潮社
村上春樹『夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです―村上春樹インタビュー集1997-2009』文藝春秋
椎名誠『岳物語』集英社

『世界遺産に行こう』Gakken

文庫
網野善彦『日本の歴史をよみなおす(全)』ちくま学芸文庫
川上弘美『書評集・大好きな本』文春文庫
佐藤亜紀『外人術:大蟻食の生活と意見~欧州指南編~』ちくま文庫
柴田元幸、沼野充義、藤井省三、四方田犬彦編『世界は村上春樹をどう読むか』文春文庫
徳永康元『ブダペストの古本屋』ちくま文庫
藤原新也『黄泉の犬』文春文庫
町山智浩『アメリカが最もバカだった4年間 底抜け合衆国 2000~2004』ちくま文庫
宮本常一『山に生きる人びと』河出文庫
村上龍『対談集・存在の耐えがたきサルサ』文春文庫
米原万里『他諺の空似―ことわざ人類学』光文社文庫
米原万里『打ちのめされるようなすごい本』文春文庫
サン・シモン、青木薫訳『フェルマーの最終定理』新潮文庫
マイケル・ギルモア、村上春樹訳『心臓を貫かれて』上下巻、文春文庫

成瀬治『近代ヨーロッパへの道』講談社学術文庫
宮崎市定『アジア史概説』中公文庫
石寒太『山頭火』文春文庫
陳舜臣『北京悠々館』講談社文庫
ジェームズ・カーン(広瀬順弘訳)『グーニーズ』角川文庫

ヴェルナー・ゾンバルト、金森誠也訳『恋愛と贅沢と資本主義』講談社学術文庫
フェルナン・ブローデル、金塚貞文訳『歴史入門』中公文庫
ジャック・アタリ、斎藤広信訳『1492 西欧文明の世界支配』ちくま学芸文庫

マックス・ヴェーバー、大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫

新書
阿部謹也『物語 ドイツの歴史―ドイツ的とは何か』中公新書
石井正『世界を変えた発明と特許』ちくま新書
池澤夏樹編『本は、これから』岩波新書
池内紀『人と森の物語―日本人と都市林』集英社新書
磯田道史『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』新潮新書
大澤真幸『不可能性の時代』岩波新書
小熊英二『社会を変えるには』講談社現代新書
川北稔『イギリス近代史講義』講談社現代新書
菊池良夫『警察の誕生』集英社文庫
坂井栄八郎『ドイツ史10講』岩波新書
佐々井秀嶺『必生 闘う仏教』集英社新書
釈徹宗×内田樹×名越康文『現代人の祈り―呪いと祝い』サンガ新書
瀬戸口明久『害虫の誕生―虫からみた日本史』ちくま新書
竹下節子『キリスト教の真実―西洋近代をもたらした宗教思想』ちくま新書
『日本の論点』編集部編『10年後の日本』文春新書(2005年刊)
仲正昌樹『日本とドイツ 二つの戦後思想』光文社新書
仲正昌樹『日本とドイツ 二つの全体主義 「戦前思想」を書く』光文社新書
福岡伸一『生物と無生物のあいだ』講談社現代新書
杉山正明『モンゴル帝国の興亡 上』講談社現代新書
孫崎享『日本の国境問題—尖閣・竹島・北方領土』ちくま新書
山本七平『日本資本主義の精神―なぜ、一生懸命働くのか』光文社カッパ・ビジネス

ドイツ関連書籍
魚住昌良『ドイツ―古都と古城と聖堂』山川出版社、2002年
踊共二『ふくろうの本・図説 スイスの歴史』河出書房新社、2011年
大西健夫/U.リンス編『ドイツの統合―分断国家から普通の国へ』早稲田大学出版部、1999年
大西健夫編『ドイツの経済―社会的市場経済の構造』早稲田大学出版部、1992年
田中敏/W.E.シュレヒト『和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方』白水社、1991年
旅名人ブックス『ドイツ・バイエルン州―中世に開花した南ドイツの都市物語』日経BP、1999年
森田安一『ふくろうの本・図説 宗教改革』河出書房新社、2010年
[PR]
# by schembart | 2013-08-27 21:52 | アウクスブルクの貸本屋 | Comments(0)

ベネヴァントお花編

お花編。
b0175255_16511646.jpg

b0175255_1652560.jpg

b0175255_1653016.jpg

b0175255_16543086.jpg

b0175255_16552858.jpg

b0175255_16562084.jpg

b0175255_16572657.jpg

b0175255_171265.jpg

b0175255_172357.jpg

b0175255_173028.jpg

b0175255_1742090.jpg

b0175255_1752751.jpg

b0175255_17763.jpg

[PR]
# by schembart | 2013-08-24 17:06 | 登山 | Comments(0)