人気ブログランキング |

中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

フリートベルク、アウクスブルク動物園、ドイツ総選挙

9月の終わりは、もっとも過ごしやすい時期です。

土曜日にミュンヘンを離れ、現在はアウクスブルクの隣町フリートベルク(Friedberg)に滞在しております。こじんまりとした小都市ですが、ヴィッテルスバッハ家のかつてのお城もあって、典型的なバイエルン領邦都市のひとつです。時計の製造でも有名です。

なにかのお祭りなのか、日曜日にはたくさんの屋台がでて、のんびりとしたなかにも活気があり、歩いているだけで気持ちも穏やかになりました。

通りの両側に並ぶ屋台。古着やおもちゃ、お菓子やお土産屋さんなんかがいっぱい。
b0175255_16501690.jpg


フリートベルクの市庁舎は、エリアス・ホル(アウクスブルクの市庁舎を建てた建築家:1573-1646)の後継者が建てたもので、こちらもひとまわり小さいながらも、とても親しみがわいてきます。後期ルネサンス・バロック様式とのこと。その隣には、聖母マリアの柱(Mariensäule)が立っております。プラハでも同じモチーフを見たことを思い出しました

市庁舎と聖母マリアの柱。
b0175255_1701015.jpg


聖母マリア。青空が似合います。
b0175255_1711511.jpg


フリートベルクのもうひとつの見ものが聖ヤコブ教区教会です。19世紀後半に建てられた新ロマン様式の教会で、その時計塔はフリートベルクの街並みのシンボルとなっています。オレンジの横じま模様がとてもかわいいです。

聖ヤコブ教会。前には聖ヤコブではなく、聖ウルリヒの像。どうしてだろう。
b0175255_179540.jpg


時計塔。
b0175255_17135412.jpg


隣町同士であるフリートベルクとアウクスブルクとの関係は、歴史的にとても興味深いものです。フリートベルクは中世以来バイエルン公領に属しながらも、経済的にはずっと隣の大都市アウクスブルクに依存せざるを得ませんでした。たしかに17世紀以降、とりわけ時計製造の分野では、アウクスブルクとも張り合う有名な時計製造工をたくさん生みだしました。でもほかの多くの手工業の分野においては、アウクスブルクで市民権および親方資格を手にすることができなかった手工業者たちがフリートベルクに居を構え、お仕事に励んでいたのが実態のようです。彼らにとっては、アウクスブルクはあこがれの地であると同時に目の上のたんこぶのような存在でもあったのですね。

フリートベルクは数時間あれば回れてしまう小都市なので、午後からはアウクスブルクの動物園に行ってきました。ひとりで動物園もどうかなと思いながらも、動物園にひとりで行って動物をながめるのはもっとも贅沢な時間の使い方のひとつであるという村上春樹さんの言葉を信じて行ってきました。いろんな動物たちがいて、とても楽しく過ごせました。

サイ。
b0175255_17352986.jpg


水牛。
b0175255_17362374.jpg


でもやっぱり家族連れでくるのがいちばん楽しめそうですね。子どもたちはみんなはしゃいでかわいかったです。

アウクスブルクで早めの夕食をとってフリートベルクに戻ってきました。夕暮れ時で、屋台の片づけも半分ほど済んでしまってました。祭りのあとのほんのちょっぴり切ない気分もありながら、家路に帰るひとたちの顔にはあたたかな満足感がみえて、とても素敵な感じでありました。

夕暮れのフリートベルク。
b0175255_17395424.jpg


ホテルに帰って、ビール片手に総選挙の結果をテレビでみました。アンゲラ・メルケルの続投が決まったようです。SPDが手痛い敗北をしていました。二大政党がそれぞれに票を減らし、ほかの政党がそのぶんの議席を増やした模様です。投票率はおよそ72.5パーセントで歴史的な低さとのことでした。
by schembart | 2009-09-28 17:53 | 旅行