中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

オーバーゼミナール報告を終えて

ようやく懸案だったオーバーゼミナールの報告が終わりました!

いままでもこのブログで話題にしてきましたが(ここここ)、なにはともあれ無事に終わってほっとしております。聴衆は、マスターの学生や博士の学生、助手や私講師、それからシリング先生も含めて25人ほど。ああ、緊張した。

Reseachmapに配布資料をアップしておきました。ドイツ語ですが、ご関心のある方はご笑覧くださいな。博士論文の章構成(仮)と主要文献目録、それから未刊行史料一覧の三枚です。こちら

結局、50分ほど口頭で報告して、残りの30分ほどは討論となりました。質問もさることながら、あれやこれやと有意義なコメントをもらってきました。ありがたいことです。ゼミの後は、大学の近くのイタリアン・レストランで晩御飯。報告者ということで、シリング先生がおごってくれました。まだ緊張してたのか、せっかくの白ビールの味もよくわかんなかった。あとで一人で打ち上げしよう。

キースリング先生は、ちょうどイスラエルに研究滞在中で、残念ながらの不参加。シリング先生からも連絡をしてくれたようで、後日三人(!)で会って、オーバーゼミナールでの報告のことや今後の研究の展開について話し合うことになりそうです。なんとも贅沢でありがたい話だけども、これまた緊張しちゃいます。まぁ、あとから考えよう。

ともあれ大きな一歩、よくがんばりました。自信にもつながります。これからも研究を深められるようがんばろう。ほっとしたので、とっておきの朝焼けと夕焼けの写真をお届けします(窓枠が見えちゃって、素人丸出しですが)。
b0175255_742157.jpg

b0175255_653052.jpg

b0175255_6581084.jpg

b0175255_79526.jpg

[PR]
by schembart | 2010-11-11 07:16 | 研究