中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

展示カタログ紹介『森のおはなし』

Ausstellungskatalog: WaldGeschichten. Forst und Jagd in Bayern 811-2011, hrsg. v. Generaldirektion der Staatlichen Archive Bayerns, München 2011.
バイエルン州立文書館編『〈展示会カタログ〉森のおはなし―バイエルンにおける営林と狩猟、811年~2011年』

先週ミュンヘンに行ったときに購入してきた展示カタログをご紹介します。まだ自分の関心のある章しか読んでませんが、カタログなので、ぱらぱらと眺めているだけで楽しめます。

******

Zum Geleit (Margit Ksoll-Marcon)
巻頭言

Vorwort (Gerhard Hetzer)
はじめに

1. Königlicher Bannwald, Rodung und Landesausbau im Mittelalter (Daniel Burger)
中世における国王の禁制林、開墾、そして土地開発

2. Die Jagd als Objekt der herrschaftlichen Normsetzung und als repräsentativer fürstlicher Zeitvertreib (Gerhard Immler)
支配者による規範設定の対象としての狩猟と諸侯にふさわしい気晴らしとしての狩猟

3. Das "hölzerne" Zeitalter: Bauholz -- Brennholz -- Werkholz (Elisabeth Weinberger / Georg Waldemer)
「木材の」時代:建築材-燃料材-仕事用材

4. Von Waldweide und Dechel -- von Pecheln und Pottaschesieden (Elisabeth Weinberger)
林内放牧と豚の肥育-樹脂の掻き集めとカリウム煮沸

5. Zwischen gewinnorientierter Forstnutzung und nachhaltiger Waldbewirtschaftung -- die Staatsforstsverwaltung seit der Säkularisation 1803 bis in die Gegenwart (Elisabeth Weinberger / Edeltraud Weber)
利潤追求型の営林と持続的な森林経営のあいだ-1803年の州有化から現代までの州有林管理

6. Auf der Suche nach der blauen Blume: Wald und Romantik (Gerhard Hetzer)
青い花を求めて:森林とロマン主義

7. Jagen und Wildern (Lothar Saupe / Reinhard Menzel / Christoph Bachmann)
狩猟と密猟

8. Der Wald in den Archiven: Die Forstreform von 2005 und ihre Auswirkungen auf die Archive, dargestellt am Beispiel der Oberpfalz (Maria Rita Sagstetter)
文書館のなかの森林:2005年の森林改革と文書館へのその影響、オーバープファルツの事例から

9. Von der Urlandschaft zum Nationalpark -- der Bayerische Wald (Christoph Bachmann)
原生風景から国立公園へ―バイリッシェ・ヴァルト

10. Wald und Wild im Klimawandel (Annette Menzel)
気候変動のなかの森林と森の動物

Literatur
文献案内

*******

とりあえず第1章と第3章だけ読みました。どちらも現役の文書館員の手によるもの。とくに第1章にはニュルンベルクの帝国森林についての詳細な記述もあって、とても勉強になりました。ぼくのもうひとつの研究対象であるアウクスブルクについては、ニュルンベルクとは対照的に、ほとんど記述がありません。州立文書館編の展示カタログにアウクスブルクの森林について記述がないのは、なかなか含意的です。博士論文では、その意味するところを、歴史的に説明できればよいなと思います。がんばろう。文献案内も非常に充実してて、とてもありがたい。

今月末には、バイエルン中央州立文書館でコロキウム「バイエルン州立文書館所蔵文書に見る森林と狩猟(Quellenkundliches Kolloquimus: Wald und Jagd in den Beständen der Staatlichen Archive Bayerns)」が開催されるようです。これにも参加できたらいいな。プログラムを見ると、面白そうな講演題目が並んでいます。一日かけて史料に即した森林にまつわるのいろんな歴史=おはなしがたくさん聞けそうです。参加したら、またこちらでも内容をご案内いたします。乞うご期待。
[PR]
by schembart | 2011-05-17 04:05 | 文献紹介