中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

リベンジ登山は最長距離

2週間前に登頂を諦めたホーエ・キステン(1922m)のリベンジ登山へ行ってきました。青い空に白い雲。もう夏の陽気です。夕暮れ時には大雨の予報も。できるだけ早い登頂を目指し、さっそく出発。森のなかに入り、かなり長い心臓破りの坂道をのっしのっし登っていきます。
b0175255_19335475.jpg

b0175255_19394936.jpg

b0175255_19442020.jpg

森を抜けると、綺麗な景観が目の前に広がります。2週間前も休憩した山小屋を目指します。お腹もすいてきました。
b0175255_19502070.jpg

b0175255_1957321.jpg

b0175255_2002999.jpg

b0175255_2033789.jpg

美味しいお昼ごはんで体力も回復。2週間前の教訓を生かし、早めに腰を上げ、頂上を目指します。ここからは結構な勾配のある坂道を登ります。どんどん視界も広がり、見える景色も変わっていきます。上へ上へ。雪もちょっとだけ残っています。十字架も見えてきました。そして、登頂!!
b0175255_2011565.jpg

b0175255_20152428.jpg

b0175255_20181776.jpg

b0175255_20214858.jpg

b0175255_20265742.jpg

b0175255_2029518.jpg

目の前には絶景が広がっております。気持ち良い。十字架に備え付けられた「登頂簿(Gipfelbuch)」になんちゃって隊の名前を記します。リベンジ成功。達成感。
b0175255_20355197.jpg

b0175255_20384549.jpg

b0175255_20423290.jpg

黒く怪しい雲も迫ってきてたので、さっそく下山。帰りは広めの林道を通って帰ることに。勾配のない緩やかな下り坂。この道が長かった。歩く歩く、ただただひたすらに歩きます。振り返ると黒い雲。ぱらぱらと雨が降ることも。追い越されつつ、逃げつつ、青い空が出ている方へと歩き続けます。歩いた距離は、ハーフ・マラソン以上。背後では雷も鳴り始めました。
b0175255_20485751.jpg

b0175255_20545517.jpg

歩き続けて、午後7時ころ、ようやく車に戻ってきました。お互いの帰還を労りつつ、車に乗り込むと同時に(本当に同時に!)、大粒の雨が。まさに土砂降りです。今度はアウトバーンで嵐と競争。綺麗な大きい虹も見えました。嵐を振り切って美味しいレストランで夕飯。バイエルン料理でお腹いっぱい。歩き疲れた身体をひきつって、アウクスブルクまで戻ってきました。

お花の写真は、次の記事で。乞うご期待。
[PR]
by schembart | 2011-05-22 21:05 | 登山