中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

報告要旨刊行のお知らせ

歴史学研究会のヨーロッパ中世史・近世史合同部会の2月例会(こちらこちら)での報告要旨が刊行されました。

渡邉裕一「〔報告要旨〕中近世のアルプス山脈・レヒ川流域における地域環境史―課題と展望」
『歴史学研究月報』No.641(2013年5月)、42-43頁

これからの研究の課題と展望を述べたもので、大雑把な議論もあるかと思いますが、ご笑覧いただければ幸いです。雑誌『歴史学研究』の付録である『月報』に掲載されているので、会員以外の方はなかなか入手が難しいかもしれません。読みたい、という奇特な方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。PDFファイルをお送りいたします。
[PR]
by schembart | 2013-08-21 18:30 | 研究 | Comments(0)