中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

「フォーラム」刊行のお知らせ

実家から送ってもらった雑誌やらDVDやらが届きました。今回は月曜に送ってもらって、金曜に着いたので、なかなかやりますDeutsche Post! たまには良い仕事もしてくれます。『比較都市史研究』の最新号で、巻頭フォーラムとして短い文章を書かせてもらいましたので、宣伝させてもらいます。

渡邉裕一「フォーラム」『比較都市史研究』第32巻第1号、2013年6月、1頁

フォーラムでは、アルプス登山、文書館、シュタインボックの角と20世紀の気候変動、アイスマン(エッツィー)、都市史研究の方向性…、などについて思うところを書かせてもらいました。ちょっと肩に力が入って、がちがちした文章になってる感もありますが、ご笑覧いただければ嬉しいです。とはいえ、一般書店にはなかなか置いてない学術誌なので、ぜひ読みたい、という奇特の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。PDFファイルをお送りいたします。

「報告要旨」が掲載された『歴史学研究月報』も一緒に送ってもらったので、ご希望の方には、こちらもPDFにてお送りいたします。

『史学雑誌』の5月号「2012年の歴史学界―回顧と展望—」も同時に送ってもらいました。ありがたいことに、拙稿も取り上げてもらいました。嬉しいです。これについては、また改めてブログに書かせてもらおうと思います。

あとは、竹原ピストルのCD+DVD『復興の花2』を送ってもらいました。これを聞きながら、博士論文の最終段階を乗り切りたいと思います!
[PR]
by schembart | 2013-06-28 23:58 | 研究