中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

早大史学会での報告終了

10月5日に開催された早稲田大学の史学会大会にて口頭報告をしてきました。前日に大学院ゼミにて予行の報告をさせてもらったのですが、思った以上に日本語が出てこず、しかも内容を詰め込み過ぎてて、60分ほどもかかってしまう体たらく…。うう。報告の趣意はみなさん好意的に評価してくれたので、なんとか内容を削り削り、土曜の本番にはなんとか出せるものになったかと思います。前日に予行報告させてもらえてホントに良かった。ありがとうございます。

当日のレジュメは、こちらにアップしてあります。ご笑覧いただければ幸いです。

自然災害に対する都市の森林政策については、来月の史学会大会にて、より突っ込んだ議論をさせてもらう予定です。今回の報告では、まだまだうまいこと言語化できていなかったところもあったので、その点をしっかりとやらないと。報告時間もより厳密に作り上げていく予定です。今回は、ぼくの研究をよく知ってくれてる方々が聴衆にも多かったけど、次はそういうわけにも行きません。がんばろう。
[PR]
by schembart | 2013-10-07 14:24 | 研究 | Comments(0)