中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

新刊案内、近況報告、その他

すっかり春ですね。今週末あたり、桜も満開でしょうか。日曜は小倉城の桜祭りに行き、美味しいビールとコブシの効いた演歌を肴に7分咲きの桜を楽しんできました。お城と桜にビールと演歌。最高でした。2014年度も終わりかけ、近況報告をと思い立ち、久々のブログ更新です。

まずは新刊案内。

踊共二編『アルプス文化史―越境・交流・生成』昭和堂、2015年3月
b0175255_21403796.jpg


ぼくもケーススタディとして「アルプス環境史の試み―川が結ぶ都市と森林」という短いコラムを寄稿しております。裏表紙には、このブログでも紹介してきた「なんちゃって登山」の写真も使っていただきました。店頭に並ぶのはもう少し時間がかかるかもしれませんが、ぜひ手に取ってチェックしてみてください!

もうすぐ新年度。新生活スタートの方々もいらっしゃるかと思います。ぼくもこの4月から九州工業大学工学部と熊本大学文学部で非常勤講師として大学で講義を持つことになりました! 現在は授業の準備に追われております。九工大ではマクロな視点から環境の世界史を、熊本大学ではより専門的に中近世ドイツの都市史を教える予定です。初めての講義ノートなんてのも作ってみたり、まだまだ試行錯誤は続くかと思います…。ちゃんとできるか不安もあるけども、とっても楽しみでもあります!

小倉城と桜
b0175255_2213589.jpg

b0175255_2223934.jpg

[PR]
by schembart | 2015-03-30 22:05 | 研究