中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

もう2010年も暮れようとしておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

昨年の日記と同様、今年も一年間の研究成果を振り返ってみようと思います。まずは口頭報告。

2010年7月12日
Die Erfindung der „Holzersparungskunst“ als Maßnahme gegen die „Holznot“ im 16. Jahrhundert. Ein historisches Energieeinspar-Projekt?
4. Deutsch-japanisch-koreanisches Stipendiatenseminar: 11. Treffen der DAAD-Stipendiaten (Japanisch-Deutschen Zentrum Berlin)

2010年10月9日
「16世紀後半における“薪節約術の発明”とその社会背景―ニュルンベルク市民レオンハルト・ダンナーへの特権授与を手掛かりに」
宗教改革史研究会(於早稲田大学)

2010年11月10日
Städtische Waldpolitik und ihre Holzversorgung im 16. Jahrhundert.
Augsburg und Nürnberg im Vergleich

Oberseminar: Perspektiven der Frühneuzeitforschung Winterseminar 2010/11 (Raum 2128, Universität Augsburg)

ドイツ語報告2本、日本語報告1本、よく頑張りました。Researchmapにそれぞれ配布資料を公開しておりますので、ご関心のある方はこちらをどうぞ。

上記の口頭報告をもとにした論文も、そろそろ刊行される予定です。刊行されましたら、またこちらでも宣伝いたします。

渡邉裕一「16世紀後半における薪節約術の発明とその社会背景―ニュルンベルク市民レオンハルト・ダンナーへの特権授与を手掛かりに」『西洋史論叢』第32号、2010年12月(印刷中)

Yuichi WATANABE, Die Erfindung der „Holzersparungskunst“ als Maßnahme gegen die „Holznot“ im 16. Jahrhundert. Ein historisches Energieeinspar-Projekt? in: 4. Deutsch-japanisch-koreanisches Stipendiatenseminar (=Veröffentlichungen des Japanisch-Deutschen Zentrum Berlin) Bd. 61 (im Druck)

来年はまず1月にキースリング先生とシリング先生との3者面談があるので、それがいきなりの山場となります。あとは、何と言ってもこのごろサボっている文書館での史料調査に力を入れないといけません。アウクスブルク市立文書館もそろそろ再開される予定だし。じっくりと腰を落ち着けて根気強く史料に向き合わないと。がんばりたいと思います。

それでは、みなさま、良いお年をお迎えくださいな。
[PR]
by schembart | 2010-12-30 22:07 | 研究
Christian Rohr, Extreme Naturereignisse im Ostalpenraum. Naturerfahrung im Spätmittelalter und am Beginn der Neuzeit, Köln 2008.
『東アルプス地域における極端な自然現象:中世後期から近代初頭にかけての自然経験』

本書は、以前に紹介した『数世代にわたる森林』と同じシリーズ「環境史研究(Umwelthistorische Forschungen)」の一冊として刊行された、ザルツブルク大学のクリスティアン・ロール(Ao. Prof. Dr. Christian Rohr)助教授の教授資格論文です。

以前に紹介した災害史の論文集『天の采配により』は近世に重点を置いていましたが、本書が扱うのは中世後期から近世初頭にかけて(1200-1600年)となります。東アルプスを対象とした災害史研究のモノグラフですが、近年の災害史研究の動向やそこで用いられる研究視角や史料の種類についても詳細に論じられており、災害史研究に疎いぼくみたいな読者にも有益な情報を提供してくれます。以下が目次。

*****

Vorwort
はじめに


I. Einleitung: Mensch und Naturkatastrophe - ein akutuelles Thema in einem historischen Kontext
導入:人間と自然災害―歴史的文脈におけるアクチュアルな課題


II. Extreme Naturereignisse und Naturkatastrophen als Thema der Historischen Forschung
歴史研究のテーマとしての極端な自然現象と自然災害

1. Historische Seismologie: Von den frühneuzeitlichen historischen Erdbebenkatalogen zur modernen interdisziplinären Forschung
 歴史地震学:近世の歴史地震カタログから近代の学際的な研究へ
2. Die heimatkundlich orientierte Regionalforschung seit dem 19. Jahrhundert
 19世紀来の郷土学的な地域研究
3. Der Beginn einer strukturgeschichtlichen Annäherung an Klima und Naturkatastrophen
 気候および自然災害に関する構造史的アプローチの開始
4. Die moderne Klimageschichte
 近代の気候史
5. Soziologische und theologische Annäherungen
 社会学的・神学的アプローチ
6. Mentalitäts- und kulturgeschichtliche Annäherungen
 心性史的・文化史的アプローチ
7. Desiderate einer kulturgeschichtlich orientierten Erforschung von Naturrisken und Naturkatastrophen - das Beispiel Österreich
 求められる自然リスクと自然災害に関する文化史的研究―オーストリアの事例

III. Überlegungen zum Wesen von Naturkatastrophen aus kulturgeschichtlicher Perspektive
文化史的視角から自然災害の本質を考える

1. Mentalitätsgeschichtliche Grundlagen
 心性史的前提
2. Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung als Hauptkriterien eines kulturgeschichtlichen Zugangs
 文化史的接近の主要基準としての認識、解釈、克服
 1. Das Verhältnis von Mensch und Natur nach dem System von Rolf Sprandel
   ロルフ・シュプランデルの「人間と自然の関係」
 2. Kriterien für die Wahrnehmung als Katastrophe
   災害認識の基準
 3. Deutungsmuster im Rahmen extremer Naturereignisse
   極端な自然現象にさいしての解釈モデル
   a. Biblisch-theologische Deutungsmuster
     聖書・神学的解釈モデル
   b. Naturbezogene Erklärungsmuster
     自然に即した説明モデル
 4. Formen der Bewältigung von extremen Naturereignissen
   極端な自然現象の克服形式

IV. Die Quellenlage für den Ostalpenraum im Spätmittelalter und am Beginn der Neuzeit
中世後期から近代初期にかけての東アルプス地域における史料状況

1. Extremereignisse als berichtenswerte Begebenheiten
 報告する価値のある出来事としての極端な現象
2. Schriftliche Quellen
 文字史料
 1. Annalen und Chroniken
   年報と年代記
 2. Urkunden und Petitionen
   証書と請願書
 3. Wirtschaftsgeschichtlich relevante Aufzeichnungen
   経済史関連の記録文書
 4. Reiseberichte, Briefe und andere private Augenzeugenberichte
   旅行記、手紙、目撃者による個人的な報告その他
 5. Tagebücher und frühe regelmäßige Wetteraufzeichnungen
   日記と初期の定期天候記録
 6. Zeitgenössische naturwissenschaftliche und theologische Schriften
   同時代の自然科学的および神学的著作
 7. Predigten
   説教
 8. Dichtung und andere literarische Quellen
   詩とその他の文学史料
 9. Hochwassermarken und Inschriften
   洪水の目印と碑銘
3. Literalität und Topos - Wie schreibt man eine Naturkatastrophe?
 文学性とトポス―自然災害はいかに記述されるか?
 1. Biblische Muster für die Darstellung von extremen Naturereignissen
   極端な自然現象の記述に対する聖書上のモデル
 2. Topik und wiederkehrende Motive bei der Schilderung von extremen Naturereignissen
   極端な自然現象を描くさいのトピックと反復する主題
 3. Zahlensymbolik und Übertreibungen
   数の象徴的解釈と誇張
 4. Berichte über Naturkatastrophen und ihre Öffentlichkeit
   自然災害に関する報告とその公共性
4. Bildliche Quellen
 絵画史料
 1. Darstellungen von extremen Naturereignissen in einem religiösen Kontext
   信仰上の文脈における極端な自然現象の記述
 2. Skizzen von extremen Naturereignissen
   極端な自然現象のスケッチ
 3. Naturkatastrophendarstellungen auf Flugschriften
   パンフレットに現れる自然災害記述
5. Baugeschichtliche Befunde
 建築史上の調査結果

V. Erdbeben im Ostalpenraum
東アルプス地域における地震

1. Seismologische Grundlagen
 地震学的前提
2. Biblisch-theologische Grundlagen
 聖書・神学的前提
3. Zeitgenössische naturwissenschaftliche Grundlagen
 同時代の自然科学的前提
4. Erdbeben in Österreich von 1201 bis 1600
 1201年から1600年までのオーストリアにおける地震
5. Das Erdbeben von 1348 in Friaul und Kärnten
 フリウリとケルンテンにおける1348年の地震
 1. Quellenlage
   史料状況
 2. Rekonstruktion des Naturereignisses
   自然現象の再構成
 3. Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung
   認識、解釈、克服
 4. Sozioökonomische Langzeitfolgen des Erdbebens
   地震の社会経済的な長期的帰結
 5. Exkurs: Ein Vergleich mit dem Erdbeben von 1356 in Basel
   余論:1356年のバーゼル地震との比較
6. Das Erdbeben von 1590 in Niederösterreich
 下オーストリアにおける1590年の地震
 1. Quellenlage
   史料状況
 2. Rekonstruktion der Erdbeben vom Juni und September 1590
   1590年6月および9月地震の再構成
 3. Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung des Erdbebens vor dem Hintergrund der Gegenreformation
   対抗宗教改革を背景とした地震の認識、解釈、克服
7. Zusammenfassung: Kontinuitäten und Brüche in der Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung von Erdbeben
 まとめ:地震の認識、解釈、克服にみる連続性と断絶

VI. Bergstürze und andere Massenbewebungen
山崩れとその他のマスムーブメント

1. Der Bergsturz des Dobratsch im Jahr 1348
 1348年のドブルジャ山崩れ
2. Bergstürze und Hangrutzschungen in Nord- und Südtirol
 北・南ティロルにおける山崩れとがけ崩れ
3. Bergstürze und Steinschlag in der Stadt und im Land Salzburg
 都市およびラント・ザルツブルクにおける山崩れと落石
4. Zusammenfassung
 まとめ

VII. Überschwemmungen
川の氾濫

1. Klimageschichtlich-hydrologische Grundlagen
 気候史・水文学的前提
2. Typen von Überschwemmungen und ihre Auswirkungen
 川の氾濫の諸タイプとその影響
 1. Typologie nach dem jahreszeitlichen Auftreten
   季節に即した発生を基準とした類型化
 2. Typologie nach den Ursachen und Auswirkungen
   原因と影響を基準とした類型化
3. Die großen Überschwemmungen im Ostalpenraum (13.-16. Jahrhundert)
 東アルプス地域の甚大な河川氾濫(13-16世紀)
 1. Überschwemmungen des 13. Jahrhunderts
   13世紀の河川氾濫
 2. Überschwemmungen des 14. Jahrhunderts
   14世紀の河川氾濫
 3. Überschwemmungen des 15. Jahrhunderts
   15世紀の河川氾濫
 4. Die Serie von extremen Überschwemmungen rund um das "Jahrtausendhochwasser" von 1501
   1501年の「千年に一度の氾濫」を中心とした一連の極端な河川氾濫
 5. Die Überschwemmung des Jahres 1567
   1567年の河川氾濫
 6. Die Serie an Überschwemmungen 1569
   1569年の一連の河川氾濫
 7. Das Sommerhochwasser 1572
   1572年夏の河川氾濫
 8. Die großen Überschwemmungen von 1598
   1598年の河川の大氾濫
 9. Ein Vergleich mit den Überschwemmungen in den angrenzenden Regionen
   隣接地域の河川氾濫との比較
4. Die alltäglichen Überschwemmungen - Leben am Fluss
 日常化した河川氾濫―川辺に生きる
 1. Überschwemmungskulturen - das Beispiel Wels
   河川氾濫をめぐる文化―ウェルスの事例
 2. Chronologie des Lebens am Fluss - Wels und die Traunbrücke im Spiegel der Welser Bruckamtsrechnungen, 1441-1599
   川辺の生活のクロノロジー―ウェルス橋役会計簿(1441-1599年)に見るウェルスとトラウン橋
 3. Die ökonomische Anpassung an die Überschwemmungen
   河川氾濫への経済的適応
 4. Die Überschwemmungskultur an Salzach und Inn
   ザルツァッハ川とイン川の氾濫をめぐる文化
5. Plötzlich eintretende Überschwemmungen und ihre Folgen
 突発的に発生する河川氾濫とその帰結
 1. Hofgastein 1569
   1569年ホーフガシュタイン
 2. Der Eisstoß von Krems und Stein 1573
   1573年クレムスとシュタインにおける氷塊
 3. Flutwellen nach Dammbrüchen im Passeiertal
   パッサイア谷の堤防決壊に続く津波
 4. Weitere Beispiele aus dem Ostalpenraum
   東アルプス地域からのその他の事例
 5. Exkurs: Wassernöte im Bergbau
   余論:鉱山における水不足
6. Versumpfung durch ständige Überflutungen - das Beispiel des oberen Salzachtals
 継続的な氾濫による沼地化―ザルツァッハ川上流の事例
7. Strategien im Umgang mit den Überschwemmungen
 氾濫と付き合う戦略
 1. Bauliche Vorkehrungen
   建築による予防措置
  a. Bau und Instandhaltung von (B)schlachten, Wehren und anderen Schutzbauten
    護岸柵、堰、その他の保護施設の建築と維持補修
  b. Eintiefungen und Flussbegradigungen
    採掘と河川整備
  c. Kontinuierlicher Ankauf von Bauholz für Brücken, Wehren und Wasserleitungen
    橋用、堰用、水道用の建築材の継続的な買い付け
 2. Warnsysteme im Falle von Überschwemmungen
   河川氾濫にさいしての警報システム
 3. Regionale und überregionale Hilfe
   地域および地域を超えた援助
 4. Anpassung der Bauweise in den Städten und Dörfern an die Überschwemmungen
   都市および村落における氾濫に適した建築方法
 5. Aufgabe von Siedlungsplätzen
   住居地の断念
 6. Der Umgang mit verlorenem und neu gewonnenem Land
   失われた土地と新たに手にした土地との付き合い
 7. Hochwassermarken - Zeichen der mentalen Bewältigung
   洪水の目印―精神上の克服のしるし
 8. Religiöse Erklärungen und Bewältigungsstrategien
   宗教的な説明と克服戦略
8. Zusammenfassung
 まとめ

VIII. Lawine
雪崩

1. Schneenot im Rahmen von Alpenüberquerungen
 アルプス全域にわたる雪の苦しみ
2. Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung von Lawinen in den Ostalpen
 東アルプスにおける雪崩の認識、解釈、克服
3. Zusammenfassung
 まとめ

IX. Weitere extreme Witterungen
さらなる極端な天候

1. Hagel und Gewitter
 霰と雷雨
 1. Biblische Vorbilder
   聖書の模範
 2. Extreme Gewitter- Bispiele aus vier Jahrhunderten
   極端な雷雨―400年にわたる事例から
 3. Wetterzauber in den Ostalpen
   東アルプスにおける天候を操る魔術
2. Starkwind
 強風
3. Extreme Hitze und Trockenheit
 極端な暑さと乾燥
4. Extreme Kälte
 極端な寒さ
5. Zusammenfassung
 まとめ

X. Tierplagen
動物の災い

1. Tierplagen in der Bibel
 聖書のなかの動物の災い
2. Heuschreckenplagen
 バッタの災い
 1. Heuschreckenplagen im Ostalpenraum vom 13. bis zum 16. Jahrhundert - Wahrnehmung, Deutung und Bewältigung
   13世紀から16世紀までの東アルプスにおけるバッタの災い―認識、解釈、克服
 2. Heuschreckenzüge als Thema in den Gottesplagenbildern
   神罰絵画におけるテーマとしてのバッタの群れ
 3. Wirtschaftliche Auswirkungen der Heuschreckenschwärme
   バッタの群れの経済上の影響
3. Juristische Bewältigungsstrategien gegen Tierplagen
 動物の災いに対する法的な克服戦略
 1. Bannsprüche gegen Insekten
   昆虫に対する追放判決
 2. Prozesse gegen Wühlmäuse und andere Nagetiere
   ハタネズミとその他のげっ歯類動物に対する裁判
 3. Überlegungen zum Grundverständnis von Tieren im Lichte der Tierbannungen und Tierprozesse
   動物追放と動物裁判に見られる動物の基本理解について
4. Religiöse Bewältigungsstrategien
 宗教による克服戦略
5. Schäden durch in Massen auftretende Vögel
 大量の鳥による被害
6. Zusammenfassung
 まとめ

XI. "Astrologische" Katastrophen
「占星術」災害

1. Disaster - Sternenkonstellationen und Kometenerscheinungen als Naturkatastrophen aus der Sicht des mittelalterlichen Menschen
 天災―中世の人々の視点に自然災害と映る星辰関係と彗星発生
2. Die neue Rolle der Astrologie im Spätmittelater und am Beginn der Neuzeit
 中世後期および近代初頭における占星術の新たな役割
3. Zusammenfassung
 まとめ

XII. Resümee: Probleme und Potenziale einer vergleichenden kulturgeschichtlichen Auseinandersetzung mit extremen Naturereignissen
まとめ:極端な自然現象を取り扱う比較文化史の問題と可能性


*****

本書の内容は、大きく二つに分けることができます。まず第1章から第4章までは、事例研究に先立っての導入(1章)、研究史の整理(2章)、本書が採用する文化史的な研究視角(3章)、それから史料状況(4章)の解説部となります。それに続いて第5章から第11章までは、それぞれの自然災害を順々に取り上げて具体的に分析を進めていきます。ただし、議論の濃淡にはかなりのばらつきが。目次からも読みとれますが、それぞれの災害に当てられた頁数を見るとそれは一目瞭然です。地震(105-179頁)、山崩れ(180-200頁)、河川氾濫(201-398頁)、雪崩(399-419頁)、異常気象(421-451頁)、動物の災い(453-516頁)、「占星術」災害(517-546頁)となり、20頁しか与えられない山崩れや雪崩に関する章があるかと思うと、200頁にわたって詳細に議論される河川氾濫の章があったりします。

SEHEPUNKTEの書評を見ると(こちら)、個別事例研究としての意義を十分に認めながらも、著者が言う「文化史的な視点」や「新たな文化史的解釈」などには、声高に叫ぶほど成功しているとは言えない、とあります。それから、各章でそれぞれの災害を別々に論じていく論じ方には、「足し算的で百科事典的な印象(additiv-enzyklopädischen Eindruck)」しか持ちえない、とも。「そこに足りないのは、手に入れた分析結果をいかに叙述するかという説明モデルである」。ぼくはじつはまだ前半部分しか読んでおりませんので(お恥ずかしい)、批評めいたものはまだできません…。

著者が一番力を入れた「河川氾濫」の章は、なかなか面白そう。日常化した河川氾濫に対し、人々はどう対応していたのでしょう。議論を支える史料・橋役会計簿(Bruckamtsrechnungen)には、氾濫によって崩壊した橋の修正のために、橋役が毎年多くの木材を購買していた模様が詳細に記載されているみたいです。木材の種類や量まで。勉強させてもらう。

山を歩く歴史家を自称するぼくとしては、アルプスの雪崩を扱った章も面白そうだったけど、ここではあんまり突っ込んだ議論はされてないみたいでちょっと残念。バッタの群れや動物裁判などの興味を引く章もあるので、ご関心のある方は手にとってみるとよいかと思います。
[PR]
by schembart | 2010-12-29 03:48 | 文献紹介

美味しいクリスマス週末

今年も残りわずかですね。静かにのんびりと暮れてくれたら、と思います。

クリスマス週末はなんだかんだで出歩きまして、美味しいクリスマスを過ごすことができました。イブは韓国の友人たちが主宰するパーティで、美味しい韓国料理を頂いてきました。イブ感はなかったけども、韓国料理、美味しすぎます。感動。友達が焼いてくれた手作りケーキもあって、美味しいクリスマス・イブとなりました。
b0175255_17241536.jpg

b0175255_1726491.jpg


クリスマスはなんちゃって登山隊でなんちゃってクリスマス会。ほんとうはクリスマスも雪山に登るつもりだった登山隊でしたが、寒さと雪を前に、おとなしく温かいクリスマス・パーティとなりました。みんな手料理を持ち寄って(料理のできないぼくは、日本から持ってきたとっておきのしょうゆ煎餅でお茶を濁す)、おだやかで美味しいクリスマス。
b0175255_1732012.jpg

b0175255_17331626.jpg

b0175255_1734591.jpg

b0175255_17353648.jpg

b0175255_17363479.jpg


日曜日、ライプツィヒから後輩のSくんがアウクスブルクへ。Sくんのドイツ滞在の話や研究の話、もうすぐ出るデビュー論文の話など、あれやこれや話しながら静まり返ったアウクスブルクの街中を歩きまわってきました。夜はラーツケラーでドイツ料理。そんなこんなの美味しいクリスマス週末となりました。
b0175255_1749271.jpg

b0175255_17512193.jpg

b0175255_17525857.jpg

b0175255_17541596.jpg

[PR]
by schembart | 2010-12-27 17:57 | 留学生活

もうすぐクリスマス

今日は今年最後の授業でした。もうすぐクリスマスで、気がついたら2010年も終わってしまいます。ほんとうにあっという間です。授業の前にクリスマス市に寄りまして、腹ごしらえにスパイシー味なホットドックを食べ、写真をいくつか撮ってきました。アウクスブルクのクリスマス市も明日まで。

みなさま、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいな。
b0175255_516326.jpg

b0175255_511134.jpg

b0175255_5401912.jpg

b0175255_528378.jpg

b0175255_5343652.jpg

[PR]
by schembart | 2010-12-23 05:41 | 留学生活
昨日のなんちゃって山岳隊は、ヤッヘナウ(Jachenau)からヒルシュヘルンルコップフ(Hirschhoernlkopf)を目指して雪山登山に挑戦しました。6月にも登りましたが、まったくの別世界。完全な雪景色。

めちゃくちゃ寒かったけども、青空の広がる登山日和(?)。
b0175255_1732552.jpg

b0175255_17292361.jpg


完璧な冬装備に身を包み、雪と闘いながら気を引き締めて歩き始めます。気持ち良い。
b0175255_1733407.jpg

b0175255_17362052.jpg

b0175255_17384081.jpg

b0175255_17411163.jpg

b0175255_17421982.jpg

b0175255_1744282.jpg

b0175255_17462653.jpg

b0175255_17505014.jpg


行く手を深い雪に遮られ、登頂は断念。雪の上でおにぎりを食べて、のんびりと下山。陽の光と雪と木の緑がほんとうに美しい。ため息ついてばかりです。
b0175255_17552565.jpg

b0175255_17574327.jpg

b0175255_17584037.jpg

b0175255_1803788.jpg

b0175255_1824380.jpg

b0175255_184268.jpg

b0175255_1861573.jpg

b0175255_1875369.jpg


下山して山小屋で夕食。美味しかった。帰りはバード・テェルツ(Bad Tölz)のクリスマス市へ。これまた綺麗でため息ばかり。
b0175255_1812597.jpg

b0175255_1813433.jpg

b0175255_18153447.jpg

b0175255_1817374.jpg

[PR]
by schembart | 2010-12-19 18:17 | 登山

クリスマスに向けて

寒~い雪降りの日々が続いております。気がつくとあと半月で2010年も終わってしまいますね。ほんとうに時間の過ぎるのは早いものです。

火曜日、実家から荷物が届きました。いつものように味噌煮込みうどんも。今回は「寿がきや」にくわえて「マルちゃん」の味噌煮込みうどんも。すんごい。ありがたい。クリスマスから年末年始にかけての引き籠りのお伴として、ミスチルの新譜とドキュメントDVD、それからバナナマンのDVDも一緒に送ってもらいました。やったー、やったー。

- Mr.Children 『SENSE』 CD
- Mr.Children 『Split the Difference』 DVD/CD
- バナナマン『バナナマンのバナナムーンGOLD』 DVD

昨日はミュンヘンの州立図書館に行って、これまた引き籠り用に数冊研究書を借りてきました。その後、ミュンヘンのNさんとお食事とお茶。今日はアウクスブルク大学の図書館で本を借りてきました。着々と引きこもりの準備が整えられています。やったー。

懸案のキースリング先生、シリング先生との三者会談も日程が決まりました。2011年1月19日。あぁ、いまから緊張しちゃいます。オーバーゼミナール報告と今後の研究の進め方について。ちょっとでも研究を進展させてのぞみたいな。年末年始の課題です。頑張るぞー。ぜったい優勝するぞー。

そういえば、明日はヒムペキ兄さん祭りです。おそらく、あの「if...」が最優秀ヒムペキ兄さん賞に輝くのではないかと期待しております。ああ、お腹が空いてきました…。あるいは、「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」かもしれませんね~!? 個人的には、「たきび」も大好きな作品なのだけど。





[PR]
by schembart | 2010-12-17 02:33 | 留学生活
Bernd Roeck, Als wollt die Welt schier brechen. Eine Stadt im Zeitalter des Dreißigjährigen Krieges, München 1991.
ベルント・レック『世界は今にも壊れてしまわんばかりであった―30年戦争期のとある都市』

著者は、今までも数度にわたって当ブログでその著作を紹介してきたベルント・レック教授(例えば、こちらこちら、あるいはこちら)。教授資格論文である二巻本の大著『戦争と平和のなかの都市』(Bernd Roeck, Eine Stadt in Krieg und Frieden. Studien zur Geschichte der Reichsstadt Augsburg zwischen Kalenderstreit und Parität, 2 Teilbände, Göttingen 1989)をもとに、一般読者向けに書き下ろしたのが本書です。ただし、単なる短縮版ではなく、章構成も独自に構想されたもので、教授資格論文ではあまり論じられなかった「後期人文主義」に関する章も付け加えられたりと、独自の持ち味をもった作品となっています。でも本書でなにより注目すべきは、レック教授が本書で採用した独自の語り口であるかと思います。

舞台は16世紀の後半から30年戦争が終焉を迎える17世紀の半ばまでのアウクスブルク。「はじめに」でレック教授は、フランス歴史学の方法論から多くを学んだと述べ、次のように印象的に語っています。「アウクスブルクは、近世の『モンタイユー』(ル・ロワ・ラデュリ)となりうる」、と。近世アウクスブルクを舞台にその全体史を描き切ることを宣言しているわけです。

以下が本書の目次。

******
Vorwort
はじめに

Erstes Kapitel Weltbilder
第一章 世界像

Zweites Kapitel Eine frühneuzeitliche Gesellschaft
第二章 近世のある社会構造

Drittes Kapitel Die Kultur des Späthumanismus
第三章 後期人文主義の文化

Viertes Kapitel Vom Kriege
第四章 戦争について

Fünftes Kapitel An den Strömen Babylons
第五章 バビロンの流れのほとりにて

Sechstes Kapitel "Gott mit uns!"
第六章 「神はわれらとともに!」

Siebentes Kapitel Zwischen zwei Frieden
第七章 二つの平和の間で

Epilog
エピローグ
******

いままでもぱらぱらとは眺めていたものの、今回、ちょっと気になって手にとって読み返してみると、あまりに面白くて、結局最後まで読み切ってしまいました。あまりにも多彩な内容ですので、かいつまんで内容を紹介するのも難しいし、(とくに本書のような語り口で勝負する歴史叙述にとっては)あまり意味のあることには思えないので、口をつぐんでしまおうと思います。ごめんなさい。

ただひとつ。30年戦争の影響は、都市アウクスブルクにとって、やはり計り知れないほどに大きなものでした。ぼく自身も、博士論文で対象とする時代は30年戦争勃発前までと考えております。でもいつか(いつになることやら)、30年戦争期、それから17世紀という時代について、より突っ込んで考えをめぐらす必要があるような、そんな気がしています。

レック教授の語り口にまいってしまったので、その酔いから醒めないうちに、また『異端、芸術家、そして悪魔たち』が大活躍するあの世界、アルテンシュテッターの物語をもう一度読み返してみようかと企み中。最初から最後まで何度も読み返したくなる歴史叙述に出会えるのは、なんとも贅沢で、有り難いことのように思います。
[PR]
by schembart | 2010-12-14 02:14 | 文献紹介

雪山へ、ふたたび

一か月ぶりになんちゃって登山へ行ってきました。目的地は、真夏の合宿登山の初日に登ったヨッホベルク(Jochberg)。冬のヨッホベルクです。完全なる冬装備に身を包み、雪降る中を登ってきました。

真っ白な世界。
b0175255_1628279.jpg

b0175255_16301535.jpg

b0175255_1632247.jpg

b0175255_17153274.jpg

b0175255_17172261.jpg


頂上付近で昼食をとって休憩。頂上をめざすものの、森林限界を超えると雪の具合がつるつるになってきたので、写真をとって下山してきました。雲と霧の合間に見え隠れする湖が輝いています。
b0175255_16403546.jpg

b0175255_16384542.jpg

b0175255_16415337.jpg

b0175255_16443064.jpg

b0175255_1720321.jpg


雪も止み、太陽も出てきました。雪景色に陽の光がきれいです。
b0175255_16464321.jpg

b0175255_16484124.jpg

b0175255_16521217.jpg

b0175255_17224960.jpg

b0175255_17254651.jpg

b0175255_17275496.jpg

b0175255_16545159.jpg

b0175255_16564554.jpg

b0175255_17421543.jpg


帰りにバイエルンの小さな町ムルナウ(Murnau)のクリスマス市に寄ってきました。素朴なクリスマス市。お月さまも出て、背景は雪山で、夕暮れとともに灯りが。温かい美味しいグリューワインを飲みながら歩くムルナウのクリスマス市は、感動的に美しかったです。
b0175255_1734475.jpg

b0175255_1752560.jpg

b0175255_1775065.jpg

[PR]
by schembart | 2010-12-12 17:28 | 登山
Carl A. Hoffmann/Markus Johanns/Annette Kranz/Christof Trepesch/Oliver Zeidler (Hg.), Als Frieden möglich war – 450 Jahre Augsburger Religionsfrieden, Regensburg 2005.
『平和があり得たときに―アウクスブルク宗教平和450年』

1555年のアウクスブルク宗教平和(宗教和議とも)(Augsburger Religionsfrieden)から450年、2005年6月~10月にマクシミリアン博物館(Maximilianmuseum)で開催された展示会「平和があり得たときに―アウクスブルク宗教平和450年」に合わせて刊行された論文集+展示カタログです。寄稿論文26本、カラー図像多数収録の全688頁。重量も3キロを超えます。ずっとずっと欲しかったのですが、ついに買ってしまいました。

論文と展示カタログの二部構成。以下が目次。

******
Aufsätze(論文)

Heinz Schilling
Das lange 16. Jahrhundert -- der Augsburger Religionsfrieden zwischen Reformation und Konfessionalisierung
長い16世紀―宗教改革と宗派化のあいだのアウクスブルク宗教平和

Dietmar Willoweit
Religionsrecht im Heiligen Römischen Reich zwischen Mittelalter und Aufklärung
中世から啓蒙期におけての神聖ローマ帝国における宗教法

Irene Dingel
Evangelische Lehr- und Bekenntnisbildung im Spiegel der innerprotestantischen Auseinandersetzungen zur Zeit des Augsburger Religionsfriedens
アウクスブルク宗教平和期におけるプロテスタント内の論争にみる福音派の教義および宗派形成

Herbert Immenkötter
Rückbesinnung und Neuaufbau -- Die katholische Kirche nach dem Augsburger Religionsfrieden
回顧と再建―アウクスブルク宗教平和後のカトリック教会

Axel Gotthard
Der Religionsfrieden und das Heilige Römische Reich Deutscher Nation 1555-1648
宗教平和とドイツ国民の神聖ローマ帝国(1555~1648年)

Axel Gotthard
Der Reichstag
帝国議会

Carl A. Hoffmann
Konfessionalisierung der weltlichen Territorien und religionspolitische Reichsgesetzgebung zwischen Reformation und Westfälischen Frieden
宗教改革からウェストファリア条約までの世俗領邦の宗派化と宗教政治上の帝国法立法

Franz Brendle/Anton Schindling
Der Augsburger Religionsfrieden und die Germania Sacra
アウクスブルク宗教平和とゲルマニア・サクラ

Rolf Kießling
Vom Ausnahmefall zur Alternative -- Bikonfessionalität in Oberdeutschland
例外から対案へ―南ドイツにおける二重宗派性

Wolfgang E. J. Weber
Politische Integration versus konfessionelle Desintegration -- Das Problemlösungsangebot der Politiques im europäischen Kontext
政治的統合vs.宗派的非統合―ヨーロッパ規模におけるポリティーク派による問題解決の提案

Helga Schnabel-Schüle
Kirchenvermögen und Fürsorge -- Die konfessionelle Prägung staatlicher Fürsorgepolitik
教会財産と慈善―国家による慈善政策の宗派的特徴

István György Tóth
Der Islam und Mitteleuropa -- Türkengefahr und Koexistenz
イスラムと中央ヨーロッパ―トルコ危機と共存

Eike Wolgast
Die Juden im Alten Reich
旧帝国におけるユダヤ人

Heribert Smolinsky
Schulen und Universitäten im 16. Jahrhundert-- Aspekte von Bildung und ihrer Vermittlung für Kirche und Gesellschaft in einer Zeit des Umbruchs
16世紀の学校と大学―変革期の教会と社会のための教育とその仲介

Bernd Roeck
Kunst und Konfessionalisierung -- eine Skizze
芸術と宗派化―ある素描

Ulrich Fürst
Die Erneuerung der Sakralarchitektur im Zeitalter der konfessionellen Auseinandersetzung
宗派対立期における礼拝堂建築の修繕

Christoph Emmendörffer
Fortitudo Augustae -- Zur Neugestaltung Augsburgs um 1600
アウグストゥスの力―1600年ごろにおけるアウクスブルクの改変

Jan Harasimowicz
Altargerät des 16. und frühen 17. Jahrhunderts im konfessionellen Vergleich
16~17世紀初頭における祭壇器具、宗派間の比較

Björn R. Kommer
...vnd gibt es hie in gold vnd silber arbaiter kunstreiche meister, dergleichen nit bald in andern Stätten zu fünden sein -- Konfession und Kunsthandwerk in Augsburg (1555 bis 1650)
ここには余所の都市にはいないほどの器用な金銀細工師がいる―アウクスブルクにおける宗派と芸術手工業(1555~1650年)

Dieter Breuer
Dichtung im Zeichen der Konfessionalisierung
宗派化の時代における文芸作品

Silvia Serena Tschopp
Konfessionelle Konflikte im Spiegel publizistischer Medien -- der Augsburger Kalenderstreit
時事評メディアに見る宗派間の紛争―アウクスブルクの改暦紛争

Franz Körndle/Erich Tremmel
Nil pace est melius -- Friedensthematik in der konfessionell geprägten Musik des 16. Jahrhunderts
「ニル・パークエ・エスト・メリウス」(マンシクール)―16世紀の宗派的音楽における平和という主題

Stefan W. Römmelt
Erinnerungsbrüche -- Die Jubiläen des Augsburger Religionsfriedens von 1655 bis 1955
記憶の崩壊―アウクスブルク宗教平和記念祭(1655~1955年)

Claire Gantet
Ein recht heiliges Fest -- Das Augsburger Friedensfest und die Früchte des Profan- und Religions-Friedens
本物の聖なる祭り―アウクスブルク平和祭りと世俗および宗教祭典の果実

Axel Gotthard
Säkularisierung -- Toleranz -- Menschenrechte. Ideen- und mentalitätsgeschichtliche Blicke auf die Augsburger Ordnung
世俗化―寛容―人権:アウクスブルク条令を思想史および心性史から読む

Hans Maier
Der Augsburger Religionsfrieden -- ein Anfang, kein Ende
アウクスブルク宗教平和―終わりでなく、始まり

Katalog(展示カタログ)

I. Karl V.: "Monarchia universalis" -- Anspruch und Wirklichkeit
カール五世:“モナルヒア・ウニヴェルサーリス(普遍国家)”―要求と現実
"Monarchia universalis"
“モナルヒア・ウニヴェルサーリス(普遍国家)”
Habsburgisch-französischer Konflikt und Türkengefahr
ハプスブルクとフランスの紛争とトルコ危機
Die Reformation
宗教改革
Der Dualismus Kaiser-Reichsstände
皇帝と帝国諸身分の二重構造

II. Der Augsburger Religionsfrieden und das Alte Reich im konfessionellen Zeitalter 1555-1648
アウクスブルク宗教平和と宗派の時代における旧帝国
Der Weg zum Augsburger Religionsfrieden
アウクスブルク宗教平和への道のり
Von der Friedenszeit zur Krise des Religionsfriedens
平和期から宗教平和の危機へ
Der Dreißigjährige Krieg
30年戦争
Der Westfälische Frieden
ウェストファリア条約

III. Konfessionelle Entwicklung in Europa
ヨーロッパにおける宗派の展開

IV. Jüdisches Leben im Heiligen Römischen Reich
神聖ローマ帝国におけるユダヤ人の生活

V. Konfessionsbildung
宗派形成
Konfessionsbildung und römisch-kathorische Kirche
宗派形成とローマ・カトリック教会
Luthertum
ルター派
Calvinismus
カルヴァン派

VI. Konfessionalisierung in den Territorien des Alten Reiches
旧帝国の各領邦における宗派化
Konfessionalisierung in den Territorien und das katholische Bayern
各領邦における宗派化とカトリックのバイエルン
Das lutherische Württemberg
ルター派ヴュルテンブルク
Die calvinische Kurpfalz
カルヴァン派プファルツ選帝侯領

VII. Geistliche Fürstenstaaten
聖界諸侯領
Die geistlichen Herrschaften und das Fürstbistum Augsburg
聖界領主とアウクスブルク司教領
Die geistlichen Staaten und der Konflikt um den Religionsfrieden
聖界領邦と宗教平和をめぐる争い

VIII. Bikonfessionalität: Das Beispiel der Reichsstadt Augsburg
二重宗派:帝国都市アウクスブルクの事例
Verfassung und Religion
制度と宗教
Innere Verhältnisse: gelebte Bikonfessionalität
都市内の状況:二重宗派を生きる
Schule und Bildung
学校と教育
Augsburg als Exportstadt für Kunst- und Luxusgüter
芸術・奢侈品輸出都市アウクスブルク
Augsburg im Dreißigjährigen Krieg
30年戦争期のアウクスブルク

IX. Augsburger Friedenfest und Jubelfeste zum Augsburger Religionsfrieden
アウクスブルクの平和祭りと宗教平和記念祭典
Friedensgemälde des Augsburger Hohen Friedensfests
アウクスブルクの平和祭りの平和の絵
Die Jubiläen des Augsburger Religionsfriedens von 1655 bis 1955
アウクスブルク宗教平和の記念祭典1655年~1955年

X. Das Maximilianmuseum als Ort der Friedensausstellung
平和展示会の場としてのマクシミリアン博物館
*****

目次だけで草臥れてしまいました…。ドイツ歴史学界の一線で大活躍してきた多くの歴史家が論文を寄稿しています。カタログも充実しているので、ぱらぱらめくっているだけでも楽しめます。高校の世界史でも習うアウクスブルクの宗教平和ですが、目次を見るだけでもその重要性と問題の広がりを感じられるのではないでしょうか。目次紹介だけになってしまいましたが、まぁいっか。気になる論文はたくさんあるので、ぼくものんびりと読み進めていこうと思います。面白い論文があれば、また改めてご紹介します。

ちなみに、アウクスブルク宗教平和450周年記念で刊行された論文集には、本書の他にも以下の論集があるようです。全部目を通すのは無理だろうけども、備忘録として。

Wolfgang Wüst/Georg Kreuzer/Nicola Schümann (Hg.), Der Augsburger Religionsfriede 1555. Ein Epochenereignis und seine regionale Verankerung (=Zeitschrift des Historischen Vereins für Schwaben Bd. 98), Augsburg 2005.

Gerhard Graf (Hg.), Der Augsburger Religionsfrieden. Seine Rezeption in den Territorien des Reiches, Leipzig 2006.

Heinz Schilling (Hg.), Der Augsburger Religionsfrieden 1555, Münster 2007.

ちなみに、日本語だと以下の文献が参考になります。

永田諒一「『アウクスブルクの宗教平和』とその体制」『ドイツ近世の社会と教会―宗教改革と信仰派対立の時代』ミネルヴァ書房、2000年
[PR]
by schembart | 2010-12-10 05:14 | 文献紹介
昨夜は、アウクスブルク大聖堂にあると言われる神聖ローマ皇帝オットー三世の墓所についての講演会を聞きに行ってきました。講師は、以前にここでもご紹介しました中世史の入門サイト『中世史:デジタルによる研究入門』の作成者でもあるマティアス・クルーゲ(Mathias Kluge)氏。詳細はこちら

会場は、講演テーマの舞台でもあるアウクスブルク大聖堂。あいにくの天気にもかかわらず、コートにマフラーと完璧な防寒姿で集まった聴衆は100名弱。寒い寒いとひとりごちながらぼくも参加してきました。思った以上に聴衆が集まったようで、講演会場は小さなチャぺルから大聖堂のど真ん中に急きょ変更。

マイクの声が大聖堂内に響く響く。エコーの具合は絶好調です。まるでラテン語説教を聞いてるみたいに上の空になること数知れず…。せっかくの興味深いお話も、残念ながら半分ほども理解できずじまい…。まぁでも、アウクスブルク大聖堂にまつわる歴史的なお話を、当の大聖堂で聞くことができる、その雰囲気を味わえただけでも大満足。高い高い天井を見上げながら、そんな風に思った次第です。

1002年、ローマでオットー三世は死去。皇帝の遺体は、あのカール大帝も眠るアーヘンへと埋葬されるべく、アルプスの山々を超える。ところが、遺体を運ぶ一行はバイエルン公ハインリッヒ二世により行く手を遮られ、陶器に保管された皇帝の内臓を奪われてしまう。バイエルン公は、その皇帝の内臓をアウクスブルク大聖堂に埋葬させたという。いつしか人々はそのことを忘れてしまった…。(Vgl. Jörg Rogge, Die detuschen Könige im Mittelater. Wahl und Krönung, Darmstadt 2006, S. 10)

クルーゲさんは、15~16世紀アウクスブルクの人文主義者ポイティンガーの残したメモ書きや大聖堂にある碑銘の文言を手掛かりに、オットー三世の墓所としてのアウクスブルク大聖堂の意味を探りだします。また、エルンスト・カントロヴィッチなどの議論を援用し、「皇帝の身体が持つ地政学上の意味」を問うことを通じ、中世における王権のありかたとその変容過程をもそこから見出そうとしていました(とぼくは理解しました)。詳細については、きっとまた活字としても発表されるでしょう。そちらをご参照くださいな。

ちなみに、歴代の神聖ローマ皇帝(カール大帝からフランツ二世まで)の埋葬地については、以前にご紹介した『神聖ローマ帝国:概説』の付録に一覧があります。埋葬地地図もありました。

Klaus Herbers/Helmut Neuhaus, Das Heilige Römische Reich: Ein Überblick, Köln u.a. 2010, S. 311-313.

ちなみに、中世のアウクスブルク大聖堂については、以下の冊子が参考になります。

Martin Kaufhold (Hrsg.), Der Augsburger Dom im Mittelalter, 2. Aufl. Augsburg 2007.

昨日はうっかり大聖堂の写真を撮るのを忘れてしまいました。ずいぶんと前の写真をどうぞ。
b0175255_19191537.jpg

[PR]
by schembart | 2010-12-07 19:25 | 講義・講演会・研究会