中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

てろてろ

先日の「ぐるぐる」に引き続き、今回は「てろてろ」をご紹介します。どちらも、ぼくにとって、かけがえのない大切な歌となっております。心にも身体にも沁みわたります。



*****
知らないとこに行きたいな
一人歩いて
大きな木陰で雨宿りをしたり

風に揺れてどこまでも
青い草の中を 歩いて行きたいな
やわらかな土の匂い

知らないとこに行きたいな
嘘だよ 本当はね
ここにいたい ここにいたいんだ

ぼくは間抜けな顔をしてるだろ
泣き虫 弱虫で おまけにへっぴり腰で
てろてろおかしいね

ぼくよりは大きなこの街の
固い道の上を てろてろ自転車で
ときどきパンクもするよ

一日に何回も同じ道を通って
夜には泣きそうになっても

本当はいつも誰よりも
君のことを想っているんだ
だれにも負けないくらい
君のそばにいたいんだ

街灯の明かりが星の光を消しても
傾いた夕日は本当に素晴らしかったよ

矢野絢子「てろてろ」
アルバム『ナイルの一滴』より
*****

踏ん張り時は続いております。がんばろう。
[PR]
by schembart | 2012-01-28 03:52 | 思い出

ぐるぐる

野狐禅の歌に背中を押されながら生きていたころが、懐かしい。
このバージョンがベストアクトだと思います。CD欲しいな。



*****
くるぶしを蚊に刺された時のようなやるせなさを
ニコチンタールでコーティングされた胸いっぱいに吸い込めば
ぼくとこの街との絆みたいな
生温かい夜風がカーテンをトントンたたきます

涙があふれて涙がこぼれ落ちそうになって
ガムテープで顔面をぐるぐるにする
涙は感情の涙は感情の墓場だぜ
ガムテープで顔面をぐるぐるにする

野狐禅「ぐるぐる」
作詞・作曲:竹原ピストル
*****
[PR]
by schembart | 2012-01-25 22:54 | 思い出

お茶会

昨日はなんちゃって山岳狂会のメンバーでお茶会、古本市、音楽コンサート、美味しいご飯持ち寄りパーティをしてきました。素敵な音楽家も集まって、とっても贅沢なお茶会となりました。古本も手に入れたので、アウクスブルクの貸本屋さんもいっそう充実しそうです。
b0175255_23331393.jpg

b0175255_23344179.jpg

b0175255_23361261.jpg

b0175255_233711100.jpg

b0175255_2338544.jpg

b0175255_23443362.jpg

b0175255_23464893.jpg

[PR]
by schembart | 2012-01-22 23:49 | 留学生活

ピアノ・コンサートへ

ミュンヘンのルートヴィッヒ・マクシミリアン大学で開催されたチャリティー・ピアノ・コンサートへ行ってきました。大ホールの一階が埋まり、二階にもお客さんが入るほどの盛況ぶり。ピアノ・ソロ・コンサートは、生まれて初の経験でしたが、とっても良かったです。ミュンヘンまで足を伸ばした甲斐がありました。素敵な気分転換になったので、またがんばろう。踏ん張り時です。
b0175255_1917372.jpg

b0175255_19274559.jpg

b0175255_19244673.jpg

b0175255_19313124.jpg

[PR]
by schembart | 2012-01-20 19:33 | 留学生活
木曜日にルートヴィッヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン(LMU)でチャリティー・ピアノ・コンサートが開催されます。入場無料ですが、寄付をお願いします、とのこと。ピアニストはマサコ・オータ(Masako Ohta)さん。じつは別の機会に知り合いになったのですが、ピアノを弾かれる姿を見るのは初めてです。楽しみ。

"Wir vergessen Euch nicht!"
Benefizkonzert zugunsten der Kinder, Opfer von Erdbeben und Tsunami, am 11.3.2011 in der Region Touhoku, Japan.


Donnerstag, 19. Januar 2012, 19:30 Uhr

Große Aula der LMU (Raum E 120, Geschwister-Scholl-Platz 1, HGB)

Der Eintritt ist frei, um Spenden wird gebeten!

プログラムは、こちら(PDF)

ミュンヘン、アウクスブルク在住の方々、お時間ありましたら、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by schembart | 2012-01-17 16:42 | 留学生活

2012年初登り

なんちゃって山岳狂会、2012年初登りは、雪のロートヴァント(Rotwand)に行きました。しっかりと冬山装備に身を包み、雪が降りつのるなか、穏やかな上り坂をひたすらに歩きます。
b0175255_19371910.jpg

b0175255_19392032.jpg

b0175255_19405069.jpg

b0175255_19422047.jpg

深い雪のなかショートカットを試みるやんちゃな隊員たち。
b0175255_19452615.jpg

b0175255_194639100.jpg

b0175255_19475154.jpg

マイナス8度。ようやく山小屋に到着。暖炉があたたかい。スープで身体を温めます。
b0175255_1950043.jpg

b0175255_19505736.jpg

b0175255_19522770.jpg

ここから頂上までは20~30分ほど。でも、今回は寒さに負けて、さっそく下山することに。雪は止みつつあるものの、風が強くなっています。体感温度はさらに低い。
b0175255_19571329.jpg

b0175255_19585878.jpg

b0175255_2013222.jpg

b0175255_2041528.jpg

b0175255_2053594.jpg

ようやく下山、バス、BOB(Bayerische Oberlandbahn)を乗り継いでミュンヘンまで。
b0175255_2095531.jpg

晩御飯は匠のラーメン。美味しかった。冬のラーメンは良いですねー。
b0175255_20132911.jpg

[PR]
by schembart | 2012-01-15 20:14 | 登山
Nicole Finkl, Administrative Verdichtung und Konfessionalisierung. Die Verwaltung der Reichsstadt Augsburg im 16. Jahrhundert, Neustadt an der Aisch 2011.
『行政の濃縮化と宗派化―16世紀帝国都市アウクスブルクにおける行政管理』

本書は、2009年にアウクスブルク大学に提出された博士論文をもとにしております。著者は、アウクスブルク司教区文書館(Archiv des Bistums Augsburg)の文書館員ニコーレ・フィンクル博士。16世紀アウクスブルクの都市制度とその変遷、宗教改革および宗派化との関係性についての詳細な研究。付録の「アウクスブルク重要官職リスト」が非常に充実しております。内容は多岐にわたるので、以下では目次だけ紹介してお茶を濁そうと思います。目次を書きうつすだけで疲れてしまいました。

*****

Einleitung
はじめに

I. Verfassung und Verwaltung der Stadt Augsburg bis zum 16. Jahrhundert
16世紀までの都市アウクスブルクの都市制度と行政


1. Kontinuität und Wandel - Die Verfassung und ihre Träger
継続性と変化―制度とその担い手

2. Das Organ der Verfassung und Verwaltung - der Magistrat
制度と行政組織―市参事会
2.1. Der Kleine Rat
小参事会
2.2. Weitere Entscheidungsinstanzen
その他の決定機関
2.3. Der Große Rat
拡大参事会
2.4. Die Bürgermeister beziehungsweise die Stadtpfleger
市長職ないし都市管理官
2.5. Die Ratswahl
市参事会選挙

3. Die Entwicklung der Verwaltung bis1480
1480年までの行政の発展
3.1. Allgemeine Vorgaben
一般的な基準
3.1.1. Die verwaltungstechnischen Bereiche einer Stadt
都市の行政技術領域
3.1.2. Zur Begrifflichkeit: Ämter und Dienste
概念説明:官職と勤務
3.2. Die Verwaltungssektoren bis 1480
1480年までの行政分野
3.2.1. Die Finanzverwaltung
財務管理
3.2.2. Marktordnung, Marktkontrolle und Lebensmittelversorgung
市場秩序、市場統制、生活必需品供給
3.2.3. Militär
軍事
3.2.4. Sicherheit und Ordnung
安全保障と秩序
3.2.5. Justiz
司法
3.2.6. Gesundheitswesen und soziale Einrichtungen
健康と社会施設
3.2.7. Das Almosen
喜捨
3.2.8. Pflegschaften und Stiftungen
保護権と寄進
3.2.9. Die Stadtkanzlei
都市官房
3.3. Die Terminoligie der Augsburger Ämter um 1480
1480年頃のアウクスブルク官職の専門用語
3.4. Zur Gewichtung: Hierarchien und Ämterklassen
重要性:序列と官職階級

4. Verfassungsänderungen, politische Partizipation und Administrationsausbau - der Status quo um 1480
体制変化、政治参加、行政組織の拡充―1480年頃の現状

II. Verwaltung der Reichsstadt Augsburg im 16. Jahrhundert
16世紀帝国都市アウクスブルクの行政


1. Die Finanzverwaltung
財務管理
1.1. Das Baumeisteramt
建築局
1.2. Das Einnehmeramt
収入局
1.3. Das Steueramt
税務局
1.4. Das Ungeldamt
消費税局
1.4.1. Das (Wein-)Ungeldamt
葡萄酒税局
1.4.2. Die Salzungelter
塩税係
1.4.3. Die Barchentungelter
バルヘント織税係
1.4.4. Andere Ungeldstellen
その他の消費税係
Schlussbetrachtung
まとめ

2. Marktordnung, Markkontrolle und Lebensmittelversorgung
市場秩序、市場統制、生活必需品供給
2.1. Stättmeister
市場管理長
2.2. Qualitätskontrolle und Geschauer im Lebensmittelsektor
品質管理と生活必需品の検査官
2.2.1. Fischgeschauer
鮮魚検査官
2.2.2. Fleischgeschauer
精肉検査官
2.2.3. Brotgeschauer
パン検査官
2.2.4. Biergeschauer
ビール検査官
2.3. Qualitätskontrolle und Geschauer im Textilsektor
織物領域における品質管理と検査官
2.3.1. Barchentgeschauer
ベルヘント検査官
2.3.2. Gewandgeschauer
衣服検査官
2.3.3. Wollengeschauer
羊毛検査官
2.3.4. Geschlachtgewandgeschauer
羊毛衣服検査官
2.3.5. Herren ob dem Weberhaus
職工館監督官
2.4. Die Eichmeister und die Eichherren
度量衡検査官と度量衡監督官
2.5. Die Kornmeister
穀物監督官
2.6. Die Schmalzverkäufer
食料油販売人
2.7. Der Holzwart
森番
2.8. Das Proviantamt
食糧管理局
Schlussbetrachtung
まとめ

3. Militär
軍事
3.1. Der Kriegsrat
軍事顧問
3.2. Das Zeugamt
兵站局
3.3. Die Söldnermeister oder Stimier der Söldner Pferd
傭兵隊長
Schlussbetrachtung
まとめ

4. Sicherheit und Ordnung
安全保障と秩序
4.1. Wachpersonal an Toren, auf Türmen und auf Mauern
門番、塔番、市壁番
4.2. Wachpersonal innerhalb der Stadt
市内の見張り
4.2.1. Die Scharwachter
見回り団
4.2.2. Die Viertelhauptleute beziehungsweise Oberhauptleute
街区隊長あるいは上級隊長
4.2.3. Die Gassenhauptleute beziehungsweise Unterhauptleute
街路長と下級隊長
4.3. Das Bürgermeisteramt
市長職
Schlussbetrachtung
まとめ

5. "Policey"
ポリツァイ
5.1. Die Zensur
検閲
5.2. Die Zucht- und Strafherren
規律・刑罰官
5.3. Die Hochzeitsmeister und Hochzeitsherren
婚礼監督官と婚礼管理委員
5.4. Das Ehegericht
結婚裁判
Schlussbetrachtung
まとめ

6. Justiz
司法
6.1. Das Stadtgericht
都市裁判所
6.1.1. Die Richter
裁判官
6.1.2. Der Oberrichter
上級裁判官
6.1.3. Stadtvogt und Burggraf
都市保護職と城伯
6.1.4. Der Gerichtsschreiber
裁判書記
6.1.5. Die Waibel
廷丁
6.1.6. Die Gerichtsprokuratoren
裁判検察官
6.1.7. Der Eisenmeister und die Eisenherren
捕縛長と捕縛監督官
6.2. Die Ainunger und Klagschatzer
調停人と訴訟金返還管理人
6.2.1. Die Ainunger
調停人
6.2.2. Die Klagschatzer
訴訟金返還監管理人
6.3. Weitere Organisationen mit juristischen Kompetenzen
その他の司法組織
6.4. Das Oberpflegamt
上級(裁判)管理局
Schlussbetrachtung
まとめ

7. Gesundheitswesen und soziale Einrichtungen
健康と社会福祉施設
7.1. Das Heilgewerbe
医療業務
7.1.1. Die Hebammen
産婆
7.1.2. Die Stadtärzte
都市医者
7.1.3. Die Wundärzte
外科医
7.1.4. Die Apotheker
薬剤師
7.1.5. Das "Collegium Medicum Augustanum"
「アウクスブルク医療団」
7.2. Die Spitäler
施療院
7.3. Die Siechhäuser
病院
7.4. Spital, Almosen und Siechhäuser
施療院、喜捨、病院
7.5. Das Plater- und Prechhaus
疱瘡・疫病院
7.6. Das Findelhaus
捨て子院
Schlussbetrachtung
まとめ

8. Das Almosenamt
喜捨局
Schlussbetrachtung
まとめ

9. Klosterpflegschaften und Stiftungen
修道院保護と寄進
9.1. Die Klosterpflegschaften
修道院保護
9.1.1. St. Katharina
聖カタリーナ
9.1.2. St. Margareth
聖マルガレータ
9.1.3. St. Martin
聖マルティン
9.1.4. St. Nikolaus
聖ニコラウス
9.1.5. St. Ursula
聖ウルスラ
9.1.6. St. Clara
聖クララ
9.1.7. Zum Stern (Maria Stern)
マリア・シュテルン
9.1.8. Unser Frauen Brüder (St. Anna)
聖アンナ
9.1.9. Zu den Barfüßern
跣足修道院
9.1.10. Zu den Predigern (St. Magdalena)
聖マグダレーナ
9.2. Seel-, Pilger- und Bethäuser
貧しき女性の家、巡礼宿、祈りの家
9.2.1. Rufsches Seelhaus
ルーフの貧しき女性のための家
9.2.2. Hirnin Geschäft
「ヒルン夫人の巡礼宿」
9.2.3. Gilg-Schneider-Stiftung
ギルク・シュナイダー寄進
9.3. Die (Kaplanei-)Stiftungen
礼拝堂寄進
9.3.1. St. Leonhard
聖レオンハルト
9.3.2. St. Wolfgang
聖ヴォルフガング
9.3.3. St.Sebastian
聖セバスチャン
9.4. gotzacker
墓地保護職
9.5. Sonstige Stiftungen
その他の寄進
9.5.1. Goppoltz Geschäft
ゴッペルトの宿
9.5.2. Heimlich Amt
秘密の寄進
9.6. Die Oberstiftungspflege
上級寄進・基金保護
Schlussbetrachtung
まとめ

10. Kirchliche Organisation und ihr Personal
教会組織とその使用人
10.1. Die untere Ebene: Die Zechpflege
下級組織:財産管理
10.2. Die höhere Ebene: Das Ministerium
上級組織:聖務局
Schlussbetrachtung
まとめ

11. Das Schulwesen
学校組織
Schlussbetrachtung
まとめ

12. Die Stadtkanzlei
都市官房
12.1. Das Siegleramt
紋章局
12.2. Die Kanzlei
官房
12.2.1. Der Stadtschreiber
都市書記
12.2.2. Der Ratsschreiber
参事会書記
12.2.3. Die Kanzleischreiber
官房書記
12.2.4. Die Botschaften
使い
12.3. Die Ratskonsulenten
参事会顧問団
Schlussbetrachtung
まとめ

13. Verdichtungsprozesse in städtischen Ämtern zwischen 1480 und 1600
1480~1600年における都市官職の濃縮化過程
13.1. Die städtische Ämter im Jahre 1480 bzw. 1600 - ein Status quo
1480~1600年における都市官職―その現状
13.2. Die Terminologie bei den Augsburger Ämtern um 1600
1600年頃におけるアウクスブルク官職の専門用語
13.3. Zur Gewichtung: Hierarchien und Ämterklassen
重要度:序列と官職階級
13.4. Die Verdichtung in der Verwaltung bis 1600
1600年までの行政における濃縮化
Schlussbetrachtung
まとめ

III. Reaktionen auf neue Problemfelder? - Reformation, Konfession und Verwaltung
新たな問題領域へのリアクション?―宗教改革、宗派、行政


1. Der Weg Augsburgs zur protestantischen Stadt - Träger und Impulse
プロテスタント都市へのアウクスブルクの道―担い手と衝撃
1.1. Von Luthers Thesenanschlag bis zur Confessio Augustana
ルターの命題貼り付けからアウクスブルク信仰告白
1.1.1. Problemfeld: Hat zu Augsburg die Lutherei fast zugenomen
問題領域:「アウクスブルクにてルター派が増加する」
1.1.2. Reaktion der politischen Eliten: Erste Ansätze zu einer "reformatorische[n] Fraktion"?
政治的エリートのリアクション:「宗教改革派党派」への萌芽
1.1.3. Verwaltungsmaßnahmen auf Initiative einer "reformatorische[n] Fraktion"?
「宗教改革派党派」の主導権に対する行政対策
1.1.4. Problemfeld: Augusta in sex divisa est sectas
問題領域:「アウクスブルクは6つの派に分かれた」
1.1.5. Die Reaktion der politischen Eliten: "konfessionell geprägte (...) Funktionselite" mit "wirksame[m] Instrumentarium"?
政治的エリートのリアクション:「効果的な手段」を持つ「宗派に特徴づけられた党派エリート」?
1.1.6. Neue Impulse für die städtische Verwaltung im kirchlich-sozialen Bereich?
教会・社会分野における都市行政のための新たな衝撃
1.2. Von der Confessio Augustana zum Reformationsmandat
アウクスブルク信仰告白から宗教改革勅令
1.2.1. Problemfeld: Confessio Augustana oder das man die sachen bei dem Speyrischen abschied belaiben lassen wolle
問題領域:アウクスブルク信仰告白、あるいは「シュパイヤー決議に留まらせる」
1.2.2. Die Reaktion der politischen Eliten: Bereitstellung einer konfessionell geprägten Funktionselite?
政治的エリートのリアクション:宗派に特徴づけられた党派エリートの集結
1.2.3. Die personellen Veränderungen und ihre Folgen für die Verwaltung
人物変遷とその行政への結果
1.3. Vom Reformationsmandat zur Wittenberger Konkordie
宗教改革勅令からヴィッテンベルクの一致へ
1.3.1. Problemfeld: Augustenses male agunt oder wem in sachen die Relligion ... ennderungen ... gepur?
問題領域:「アウクスブルクの人々は過ちを犯した」あるいは、誰に「信仰について、その変化の決定権をゆだねるか」?
1.3.2. Der Weg zur Reformation - ein Spiegelbild der politischen Funktionselite
宗教改革への道―政治的党派エリートの鏡像
1.3.3. Die Folgen der ennderungen in der Verwaltungsorganisation
行政組織における「変化」の結果
1.3.4. Die Verfassungsänderung: Ein gehayem rath in religion unnd anndern sachen
体制変化:「信仰その他における枢密参事会」
Schlussbetrachtung
まとめ

2. Augsburg als protestantische Stadt
プロテスタント都市としてのアウクスブルク
2.1. Problemfeld: Die Abschaffung der papistischen Abgötterey
問題領域:教皇偶像崇拝の追放
2.2. Die erste Phase der Verwaltungsreform: Das Jahr 1537
行政改革の第一段階:1537年
2.3. Die Patriziatsvermehrung 1538 - Fixierung der Konfession als neue Form der politischen Partizipation?
1538年の都市門閥増加―政治参加の新たな形としての宗派の固定化?
Schlussbetrachtung
まとめ

3. Augsburg zwischen "Concordia" und Konflikt
「一致」と紛争のあいだのアウクスブルク
3.1. Problemfeld: eine ehrliche, satte Vergleichung oder gar keine
問題領域:「名誉ある、満足できる和解か、あるいはなにものでもない」
3.2. Kaufleutestube und Patriziat - das Auswechseln der "konfessionell geprägten Funktionselite"?
商人酒房ち都市門閥―宗派に彩られた党派エリートの交代
3.3. Die Verfassungsänderung: Seine auctorität zu mißbrauchen angefangen
体制変化:その「権威を濫用し始める」
3.4. Die zweite Phase der Verwaltungsreform: Das Jahr 1543
体制変化の第二段階:1543年
Schlussbetrachtung
まとめ

4. Interim und oktoyierte Verfassung
仮信条協定と押しつけられた体制
4.1. Problemfeld: Als nun das Interim von ainem rat zu Augspurg angenomen
問題領域:「仮信条協定がアウクスブルク市参事会に受け入れられたときに」
4.2. Die Folgen der Einführung des Interims in der Verwaltung
行政分野における仮信条協定導入の結果
4.3. Problemfeld: die Form jetzigs Regiment zu verendern
問題領域:「現行の統治体制を変える」
4.3.1. Die Karolinische Regimentsordnung
カールの統治条令
4.3.2. Die neue politische Partizipation der Bürger
市民の新たな政治参加
4.3.3. Der Umbau der Ratsgremien und deren verfassungsmäßige Verankerung
市参事会統治の組み換えとその体制の固定化
4.4. Die neue Oberkait - eine Reform auf konfessioneller Ebene?
新しき「お上」―宗派レベルでの改革
4.5. Die Folgen der Verfassungsänderung in der Verwaltung
行政分野における体制変化の結果
Schlussbetrachtung
まとめ

5. Von der Carolina zur Confessio Augustana
カロリーナからアウクスブルク信仰告白
5.1. Problemfeld: Es soll verträuliche Verständnus und Zusammensetzungen gegen einander gepflantzet und erhalten werden
問題領域:「秘密の了解と談合は互いに生長し育っていく」
5.2. Veränderungen in der konfessionell geprägten Funktionselite?
宗派に彩られた党派エリートの変化?
5.3. Die zweite[dritte] Phase der Verwaltungsreform: Das Jahr 1553
行政変化の第3段階:1553年
Schlussbetrachtung
まとめ

6. Vom Augsburger Religionsfrieden zum Kalenderstreit
アウクスブルク宗教平和から改暦紛争
6.1. Problemfeld oder die "ereignisarme" Zeit?
問題領域あるいは「出来事のない」時代?
6.2. Problemfeld: dass es zu letzt zu ainer aufruer wird geratten
問題領域:「ついに暴動へ」
6.3. Die Verwaltungsentwicklung
行政の発展
6.4. Die "Amtsmüdigkeit" der Eliten
エリートの「職疲れ」
Schlussbetrachtung
まとめ

7. Vom Kalender- zum Vokationsstreit
改暦・任命紛争
7.1. Problemfeld: langwierige innerliche Uneinigkeit - der Kalenderstreit
問題領域:「長きにわたる内部の不一致」―改暦紛争
7.2. Problemfeld: Das Vertrauen zwischen Rat und Evangelische[r] Bürgerschafft
問題領域:「市参事会と福音派市民団との信頼関係」
7.3. "Konfessionalisierung" der Eliten?
エリートの「宗派化」?
7.4. Die Verfassungsfrage
体制の問題
7.5. Konfessionelle Positionierung in den Verwaltungsmaßnahmen?
行政対策における宗派の位置づけ
Schlussbetrachtung
まとめ

8. Augsburger Verwaltungsmaßnahmen und Konfessionalisierung?
アウクスブルクの行政対策と宗派化?
8.1. Konfessionalisierung im Sinne einer "methodischen Herstellung konfessioneller Einheit"
「宗派統一の修復方法」としての宗派化
8.2. Konfessionalisierung und die Herausbildung der frühmodernen Staatslichkeit?
宗派化と初期近代の国家性の形成
Schlussbetrachtung
まとめ

Schluss
おわりに

*****
[PR]
by schembart | 2012-01-13 00:34 | 文献紹介
ミュンスター大学の「比較都市史研究所(Institut für vergleichende Städtegeschichte)」のサイトで、2010年6月から2011年12月までに刊行された都市史関連の新刊書籍リストがアップされておりました。全部で870タイトル。ザーと目を通したら、頭がくらくらしてきました。

PDFファイルは、こちら

書籍だけなので、論文までは掲載されてませんが、それでもこういう新刊リストはありがたいものですね。いくつか気になるタイトルを見つけたので、近いうちに図書館でチャックしてこようと思います。
[PR]
by schembart | 2012-01-08 21:54 | サイト紹介

アウクスブルクの貸本屋

≪2012年1月5日更新≫

ドイツで日本語の本を見つけるのは至難の業。アウクスブルクの貸本屋さんをはじめます。ドイツ語の勉強に疲れて、ひさびさに日本語に触れたいなと思っているアウクスブルク(あるいは南ドイツ)在住の方々に、ドイツでぼくの持ってる小説や本をお貸しします。以下がリスト。希望があれば、コメント下さい。まだぼく自身も未読な本もあるので、とりあえず相談くださいな。(「貸出中」などの情報は、随時このページを更新していきます)

貸出規約:アウクスブルク在住の方(南ドイツ在住の方、要相談)、ぼくの個人的な知り合いの方、あるいは知り合いの知り合いの方(要相談)

小説
単行本

宮本輝 『宮本輝全短篇』上・下巻、集英社
ポール・オースター、柴田元幸訳『オラクル・ナイト』新潮社
ポール・オースター、柴田元幸訳『幻影の書』新潮社

文庫
川上弘美『真鶴』文春文庫
川上弘美『ざらざら』新潮文庫
川上弘美『どこから行っても遠い町』新潮文庫
志賀直哉『暗夜行路』新潮文庫
(貸出中)宮本輝『流転の海』新潮文庫
(貸出中)宮本輝『地の星: 流転の海 第二部』新潮文庫
(貸出中)宮本輝『血脈の火: 流転の海 第三部』新潮文庫
(貸出中)宮本輝『天の夜曲: 流転の海 第四部』新潮文庫
(貸出中)村上春樹『羊をめぐる冒険』上・下巻、講談社文庫(ドイツ語版あり)
(貸出中)村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』上・下巻、講談社文庫
(貸出中)村上春樹『スプートニクの恋人』講談社文庫(ドイツ語・英語版もあり)
(貸出中)村上春樹『国境の南、太陽の西』講談社文庫(ドイツ語版あり)
村上春樹『海辺のカフカ』上・下巻、新潮文庫(ドイツ語版、雑誌『少年カフカ』もあり)
ジョン・アーヴィング、中野圭二訳『ホテル・ニューハンプシャー』上下巻、新潮文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下、角川文庫
ダン・ブラウン、越前敏弥訳『天使と悪魔』上・中・下、角川文庫

ミラン・クンデラ、菅野昭正訳『不滅』集英社文庫
W.フォークナー、加島祥造訳『八月の光』新潮文庫

その他
単行本

池澤夏樹『春を恨んだりはしない―震災をめぐって考えたこと』中央公論新社
(貸出中)内田樹・釈徹宗『現代霊性論』講談社
内田樹×中沢新一×平川克美『大津波と原発』朝日新聞出版
村上春樹『シドニー!』文藝春秋
村上春樹編集長『少年カフカ』新潮社

文庫
川上弘美『書評集・大好きな本』文春文庫
佐藤亜紀『外人術:大蟻食の生活と意見~欧州指南編~』ちくま文庫
柴田元幸、沼野充義、藤井省三、四方田犬彦編『世界は村上春樹をどう読むか』文春文庫
徳永康元『ブダペストの古本屋』ちくま文庫
藤原新也『黄泉の犬』文春文庫
村上龍『対談集・存在の耐えがたきサルサ』文春文庫
米原万里『他諺の空似―ことわざ人類学』光文社文庫
米原万里『打ちのめされるようなすごい本』文春文庫
(貸出中)サン・シモン、青木薫訳『フェルマーの最終定理』新潮文庫
マイケル・ギルモア、村上春樹訳『心臓を貫かれて』上下巻、文春文庫

成瀬治『近代ヨーロッパへの道』講談社学術文庫
宮崎市定『アジア史概説』中公文庫
ヴェルナー・ゾンバルト、金森誠也訳『恋愛と贅沢と資本主義』講談社学術文庫
フェルナン・ブローデル、金塚貞文訳『歴史入門』中公文庫
ジャック・アタリ、斎藤広信訳『1492 西欧文明の世界支配』ちくま学芸文庫

マックス・ヴェーバー、大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波文庫

新書
(貸出中)阿部謹也『物語 ドイツの歴史―ドイツ的とは何か』中公新書
石井正『世界を変えた発明と特許』ちくま新書
池澤夏樹編『本は、これから』岩波新書
池内紀『人と森の物語―日本人と都市林』集英社新書
磯田道史『武士の家計簿―「加賀藩御算用者」の幕末維新』新潮新書
大澤真幸『不可能性の時代』岩波新書
菊池良夫『警察の誕生』集英社文庫
(貸出中)坂井栄八郎『ドイツ史10講』岩波新書
佐々井秀嶺『必生 闘う仏教』集英社新書
釈徹宗×内田樹×名越康文『現代人の祈り―呪いと祝い』サンガ新書
瀬戸口明久『害虫の誕生―虫からみた日本史』ちくま新書
(貸出中)藤木久志『中世民衆の世界―村の生活と掟』岩波新書
『日本の論点』編集部編『10年後の日本』文春新書(2005年刊)

ドイツ関連書籍
(貸出中)魚住昌良『ドイツ―古都と古城と聖堂』山川出版社、2002年
踊共二『ふくろうの本・図説 スイスの歴史』河出書房新社、2011年
大西健夫/U.リンス編『ドイツの統合―分断国家から普通の国へ』早稲田大学出版部、1999年
大西健夫編『ドイツの経済―社会的市場経済の構造』早稲田大学出版部、1992年
田中敏/W.E.シュレヒト『和文独訳のサスペンス―翻訳の考え方』白水社、1991年
(貸出中)旅名人ブックス『ドイツ・バイエルン州―中世に開花した南ドイツの都市物語』日経BP、1999年
[PR]
by schembart | 2012-01-05 18:37 | アウクスブルクの貸本屋
Rolf Kießling/Thomas M. Safley/Lee P. Wandel (hrsg.), Im Ringen um die Reformation. Kirchen und Prädikanten, Rat und Gemeinden in Augsburg, Epfendorf/Neckar 2011
『宗教改革をめぐって―アウクスブルクにおける教会、説教師、市参事会、そしてゲマインデ』

編者は、キースリング先生と、ペンシルヴァニア大学のトーマス・マックス・サフレイ教授、そしてウィスコンシン大学マディソン校のリー・パルマー・ヴァンデル教授の三名。宗教改革史研究が非常に盛んな米国でも、帝国都市アウクスブルクを分析対象とする研究者が数多くいまして、彼らの多くはアウクスブルク大学を留学地に選び、現地(アウクスブルク)の研究者と意見交換し、議論を戦わせ、独自の成果を上げてきました。そのさいの主な受入先となったのが、キースリング先生や近世史講座の前教授ヨハネス・ブルクハルト先生だったようです。そのために、米国に戻り教授職を手にした研究者たちとの間には、かなり分厚い共同研究の伝統が存在しております。本書は、そんな長きにわたる共同研究の成果と言えるでしょう。

ベルント・メラーの『帝国都市と宗教改革』以来、都市と宗教改革の関係については、数多くの研究が発表され、日本でも活発に議論がなされてきました。帝国都市アウクスブルクの宗教改革を対象とする本書は、しかし、分析の対象を都市共同体ではなく、各教会の教区ゲマインデに定めることで、メラーの議論とは一線を画します。以下が目次となります。

******

Vorwort
はじめに

I. Einführung
導入


Lee Palmer Wandel
Die Geschichte des Christentums und die Reformation in Augsburg
キリスト教の歴史とアウクスブルクの宗教改革

Rolf Kießling
Eckpunkte der Augsburger Reformationsgeschichte
アウクスブルク宗教改革史の重要事件

II. Reformationen in Augsburg
アウクスブルクにおける諸宗教改革


Thomas Max Safley
Zentrum und Peripherie: Die Gemeinden zu den Barfüßern und bei St. Georg
中央と周縁―跣足修道院と聖ゲオルク教会のゲマインデ

Rolf Kießling
Eine "Doppelgemeinde": St. Moritz und St. Anna
”二重ゲマインデ”―聖モーリッツ教会と聖アンナ教会

Stephanie Armer
Eine Pfarrzeche wird zur Gemeinde: St. Ulrich
教区仲間からゲマインデへ―聖ウルリヒ教会

Emily Fischer Gray
Von der Ottmarkapelle zur Gemeindekirche: Heilig Kreuz
オットマール礼拝堂からゲマインデ教会へ―聖十字教会

Dietmar Schiersner
Die gescheiterte Reformation: Dom und St. Stephan
失敗した宗教改革―大聖堂と聖ステファン教会

Michele Zelinsky Hanson
Gemeinde ohne Kirche: die Täufer
教会なきゲマインデ―再洗礼派

III. Ergebnisse
成果


Rolf Kießling/Thomas M. Safley/Lee P. Wandel
Reformationen in der Stadt
都市におけるいくつもの宗教改革

******

本書は、メラーの『帝国都市と宗教改革』ではなく、キースリング先生の『中世後期アウクスブルクの市民社会と教会』(1971年)からより多くの着想を得ております。つまり、アウクスブルク市内には、すでに中世後期から数多くの教区ゲマインデが存在しており、宗教改革もまた各教区において異なる経過をたどった、という想定から議論をスタートさせます。従来の宗教改革史研究が重視してきた「統一性(Einheit)」の問題よりも、「多様性(Vielfältigkeit)」の問題に焦点を当てようというわけです。

導入論文でリー・ヴァンデルが指摘するように、中世後期における都市と教会の関係についてのベルント・メラーの理解は、おそらくは中世史研究者にとってはナイーブに過ぎるものだったに違いありません。メラーの議論を前提とした宗教改革史研究が、中世後期研究との対話を結果として怠ってきた、という評価も可能だと思います(この点は、もっと詳細に研究史をたどれば、違った見解もあるかもしれませんが)。

II.の本論部分では、アウクスブルク市内の教区ゲマインデ毎に、その成立の背景から、宗教改革に対する動き、その後の経過が、大聖堂などのカトリック勢力や再洗礼派などの「教会なきゲマインデ」まで含めて、それぞれに分析されていきます。個別論文を読む時間がなかったので、結論「都市におけるいくつもの宗教改革」だけを読むことに。

ものすごく単純化して言ってしまえば、都市の宗教改革は、たった一つの運動であったわけではなく、各教区ゲマインデ毎でそれぞれに進行したさまざまな宗教改革運動(あるいはそれに対抗する動き)の「束」として理解すべきである、というのが本書の結論となります。ひとつの都市内においても、宗教改革は単数形ではなく複数形で語られるべきだろう、と。そうすることで、中世後期の都市と教会との多様な関係のありかたや、宗教改革運動が持った多様性、そして宗派同権都市として新旧宗派が隣り合って生活することが可能であった理由についても、より適切に評価することが可能であろう、というわけです。

ぼく自身が宗教改革を専門に研究をしているわけではないので、本書の意義や問題点について―例えば、教区ゲマインデに焦点を定める本書の研究方法が、他都市でどれほど有効なのか、といった点など―、正確に評価することができませんが、中世後期の教会史研究や、宗派化研究との建設的な対話を模索するうえでも、本書の視角は、今後の宗教改革史研究のひとつの指針となりうるのではないかなと思います。
[PR]
by schembart | 2012-01-03 01:17 | 文献紹介