中近世ドイツ都市史を研究する渡邉さんの日々 2009年夏からドイツに留学中(2013年9月に帰国しました)


by schembart
Schwaben / Tirol. Historische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol von der Römerzeit bis zur Gegenwart, Beiträge zur Ausstellung, hg. von Wolfram Baer und Pankraz Fried, Rosenheim 1989.
『シュヴァーベン/ティロル:ローマ期から現在までのシュヴァーベン・ティロル間の歴史的関係』

それほど新しい文献ではありませんが、1989年にアウクスブルクで開催された展示会のカタログ論文集。シュヴァーベン地域とティロル地域との歴史的な相互関係について、55編もの寄稿論文が収録されています。1.政治・制度史、2.教会史、3.経済史、4.社会史、5.美術史の5部構成となっております。カタログ編と論文集編があるのですが、手元にあるのは論文集編だけ。古本屋でカタログ編も探してみようと思います。

ティロルとシュヴァーベンを結ぶのがレヒ川です。レヒ川流域を対象にした「地域環境史」を構想中なので、本書も重要な参考文献のひとつになります。以下に目次をご紹介。

*****

Herrschaftsgeschichte und politische Geschichte
支配関係の歴史、政治史

Historische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol im Mittelalter (Josef Riedmann)
中世におけるシュヴァーベンとティロル間の歴史的な諸関係
Historische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol in der Neuzeit (Pankraz Fried)
近代におけるシュヴァーベンとティロル間の歴史的な諸関係
Beziehungen von Adeligen und Ministerialen zwischen Schwaben und Tirol im Mittelalter (Georg Kreuzer)
中世におけるシュヴァーベンとティロル間の貴族とミニステリアーレスの諸関係
Die Grafen von Andechs und Tirol (Franz-Heinz Hye)
アンデックス伯とティロル
Beziehungen zwischen der Tiroler Residenzstadt Innsbruck und Schwaben und den dortigen vorderösterreichischen Herrschaften (Franz-Heinz Hye)
ティロル宮廷都市インスブルック、シュヴァーベン、前部オーストリア支配領域間の諸関係
Kempten und Tirol (Wolfgang Haberl)
ケンプテンとティロル
Die Vermessung Schwabens durch Tiroler Geodäten (Meinrad Pizzinini)
ティロルの測地学者によるシュヴァーベンの測量
Schwaben und Tirol als neubayerische Provinzen (Michael Stephan)
新バイエルン州としてのシュヴァーベンとティロル
Der "Sängerkrieg in Tirol" im Spiegel der Augsburger Presse (Bernhard Hagel)
アウクスブルクの出版にみる「ティロルの楽人戦争」
Welschtirol und das oberitalienische Risorgimento im Spannungsfeld der deutschen Politik 1848-1870: Stimmen und Meinungen aus Bayerisch-Schwaben (Gerhard Hetzer)
1848‐1870年ドイツ政策の争点としてのイタリア・ティロルと上部イタリアのリソルジメント:バイエルン・シュヴァーベンからの世論
Die Aufnahme Südtiroler Optanten in Schwaben (Franz Schreiber)
シュヴァーベンにおける南ティロルの国籍選択者の受け入れ

Kirchengeschichte
教会史

Hochstift und Domkapitel Augsburg in Tirol: Herrschaftsgeschichte, Verwaltungsorganisation und wirtschaftliche Bedeutung (Wolfgang Wüst)
ティロルにおけるアウクスブルク司教領と聖堂参事会:支配関係の歴史、管理組織、経済的意義
Schwaben in den Tiroler Domstiftern - Tiroler in schwäbischen Domstiftern: Beziehungen zwischen Trient, Brixen und Augsburg bis 1803 (Joachim Seiler)
ティロル司教座聖堂参事会のなかのシュヴァーベン―シュヴァーベン司教座聖堂参事会のなかのティロル:1803年までのトリエント、ブリクセン、アウクスブルクの諸関係
Der Tiroler Anteil des Bistums Augsburg (Fridolin Dörrer)
アウクスブルク司教のティロルへの関与
Die Reichsabtei St. Ulrich und Afra in Südtirol: Herrschaftsgeschichte, Verwaltungsorganisation und wirtschaftliche Bedeutung (Wilhelm Liebhart)
南ティロルにおける帝国大修道院聖ウルリヒ・アフラ:支配関係の歴史、管理組織、経済的意義
Der schwäbische Reformator Urbanus Rhegius zwischen Augsburg und Tirol (Maximilian Liebmann)
アウクスブルクとティロルのあいまのシュヴァーベン改革者ウルバヌス・レギウス
Das Bildungssystem der Jesuiten in Schwaben und Tirol: Schüler, Studenten und Professoren (Peter Rummel)
シュヴァーベンとティロルにおけるイエズス会の教育システム:生徒、学生、教授

Wirtschaftsgeschichte
経済史

Frühe Römerstraßen durch die raetischen Alpen (Wolfgang Czysz)
ラエティア・アルペンを通じる初期ローマ街道
Schwäbisch-tirolische Handelsbeziehungen 1000-1350 (Peter Lengle)
1000‐1350年におけるシュヴァーベン・ティロル間の通商関係
Schwäbisch-tirolische Wirtschaftsbeziehungen 1350-1650 (Rolf Kießling)
1350‐1650年におけるシュヴァーベン・ティロル間の経済関係
Die tirolisch-schwöbischen Beziehungen in Hinblick auf das Entstehen des Salzwerkes Hall im Tirol (Rudolf Palme)
ティロルのハルにおける製塩所成立にみるティロル・シュヴァーベン間関係
Schwäbische Kaufherren im Tiroler Bergbau (1400-1650) (Hermann Kellenbenz)
ティロル鉱山におけるシュヴァーベン商人
Die Messinghütte Pflach bei Reutte im 16. Jahrhundert: Ein Kapitel aus den schwäbisch-tirolischen Wirtschaftsbeziehungen (Rudolf Palme/Ekkehard Westermann)
16世紀ロイテ・プフラッハの真鍮製造所:シュヴァーベン・ティロル間の経済関係の一コマ
Augsburger und Tiroler im frühneuzeitlichen England: Anmerkungen zur Geschichte des frühindustriellen Bergbaus im Lake District (Franz Seiler)
近世イングランドにおけるアウクスブルク出身者とティロル出身者:ディストリクト湖の初期産業化期における鉱山の歴史への注釈
Die Rolle der Lech- und Illerflößerei im Handelsverkehr zwischen Tirol und Schwaben (Karl Filser)
ティロル・シュヴァーベン間通商におけるレヒ川・イラー川筏流しの役割
Das Rodfuhrwesen zwischen Augsburg und Venedig. Vom 13. bis Mitte des 18. Jahrhunderts (Klaus Fischer)
アウクスブルク・ヴェネツィア間のグループ運送方式。13~18世紀。
Die Verbreitung der Augsburger Münze in Tirol und deren Erwähnung im Innsbrucker Stadtrecht (Helmut Rizzoli)
ティロルにおけるアウクスブルク貨幣の流布とインスブルック都市法でのその言及
Die Beziehungen zwischen Tirol und Augsburg im Münzwesen des 16. Jahrhunderts (Gerlind Werner)
16世紀の貨幣制度におけるティロル・アウクスブルク間の諸関係
Verkehrsprojekte Schwaben und Tirol im 19. und 20. Jahrhundert (Joachim Rothkegel)
19~20世紀におけるシュヴァーベンとティロルの交通計画
Die Bedeutung der schwäbischen Sektionen des Deutschen Alpenvereins für die Erschließung der Tiroler Alpen (Hans Frei)
ティロル・アルプスの開発に対するドイツ・アルプス協会シュヴァーベン地区の意義
Entwicklung des Tourismus in Südtirol (Beate Fuhl)
南ティロルにおけるツアリズムの発展

Sozialgeschichte
社会史

Der Bauernkrieg in Schwaben und Tirol - Ein Vergleich (Peter Blickle)
シュヴァーベンとティロルにおける農民戦争―比較
Die sozialen und familiengeschichtlichen Verflechtungen des Hauses Fugger mit dem Adel Tirols (Martha Schad)
フッガー家とティロル貴族との社会的・家族史的な結合関係
Philippine Welser, ihre Familie und Erzherzog Ferdinand II. von Tirol (Wolfram Baer)
フィリップ・ヴェルザー、その家族、ティロル大公フェルディナント2世
Die Einwanderung aus Tirol nach Ostschwaben nach dem Dreißigjährigen Krieg (Werner Lengger)
30年戦争以後におけるティロルから東シュヴァーベンへの移住
Wanderungsbewegungen zwischen Schwaben und Tirol im 18. Jahrhundert: Tiroler Gesellen in Augsburg (Reinhold Reith)
18世紀におけるシュヴァーベンとティロル間の遍歴移動:アウクスブルクにおけるティロルの徒弟
Tiroler Kinder und Jugendliche als Saisonarbeiter in Schwaben im 18. und 19. Jahrhundert (Günther Kapfhammer)
18,19世紀のシュヴァーベンにおける季節労働者としてのティロルの子供たち

Kunstgeschichte
美術史

Kunst zwischen Schwaben und Tirol - Mittelalter und Renaissance (Erich Egg)
シュヴァーベンとティロル間の美術―中世とルネサンス
Künstlerische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol im Barockzeitalter (Franz Matsche)
バロック期シュヴァーベン・ティロル間の美術・芸術家の諸関係
Künstlerische Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol in der Zeit des Klassizismus und im 19. Jahrhundert (Gert Ammann)
古典主義、19世紀におけるシュヴァーベン・ティロル間の美術・芸術家の諸関係
Kulturelle Beziehungen Schwaben-Tirol 1850-1960 (Franz Schreiber)
1850‐1960年、シュヴァーベン・ティロルの文化的諸関係
Burkhard Engelberg und Tirol (Franz Bischoff)
ブルクハルト・エンゲルベルクとティロル
Giorgio Fugger e il suo palazzo nella Trento dei Madruzzo (Laura dal Prá)
ゲオルグ・フッガーとトリエント・マドルッツォにおける彼の宮廷
Opere di oreficeria augustana nel Trentino (Giovanna degli Avancini)
トリエントにおけるアウクスブルクの金細工品
Augsburger Thesenblätter für Tirol (Wolfgang Seitz)
ティロルに関するアウクスブルクの論文印刷
Die sprachlichen Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol (Eugen Gabriel)
シュヴァーベンとティロル間の言語上の諸関係
Schwangau und Tirol - Ein mittelalterlicher Literaturort für beide Territorien (Hans Pörnbacher)
シュヴァンガウとティロル―両領邦における中世の文学の場
Tiroler Schriftsteller im Schwaben der Barockzeit (Hans Pörnbacher)
バロック期シュヴァーベンにおけるティロルの作家
Buchgeschichtliche Beziehungen zwischen Schwaben und Tirol (Walter Neuhauser)
シュヴァーベン・ティロル間の書物史的諸関係
Oster- und Passionsspiele in Schwaben und Tirol (Helmut Gier)
シュヴァーベンとティロルにおける復活・受難劇
Zu Orgelbauern, Orgeln und Organisten vom 15. bis zum 18. Jahrhundert (Josef Mancal)
15~18世紀におけるオルガン制作人、オルガン、オルガン演奏者
Musikinstrumentenbau im schwäbisch-tirolischen Grenzgebiet (Erich Tremmel)
シュヴァーベン・ティロル境界地域における楽器制作
Kulturelle Beziehungen zwischen Tirol und Schwaben. Am Beipiel der Blasmusik (Erich Tremmel)
ティロル・シュヴァーベン間の文化的諸関係。吹奏楽を事例に
Zwei Organisationsformen der Aufkläerung: Akademien und Geheimbundwesen (Josef Mancal)
啓蒙のふたつの組織形式:アカデミーと秘密結社
Das bayerische Königshaus und das Außerfern (Reinhold Böhm)
バイエルン王家とアウサーフェルン

*****

なぜこのタイミングで本書をご紹介したのかと言いますと、じつは南ティロルへの登山合宿が企画されているのです。ほんと楽しみ。はじめてのイタリアでもあります。下調べで歴史をお勉強というわけです。南ティロル登山合宿の写真なども、また当ブログでもいつかご紹介できるかと思います。乞うご期待。
[PR]
by schembart | 2012-10-30 23:39 | 文献紹介
Albrecht Hoffmann (Hrsg.),Die Wasserversorgung in der Renaissancezeit (Geschichte der Wasserversorgung Bd. 5), Mainz 2000.
『ルネサンス期における水供給』

先日の文献紹介に引き続き、中近世ヨーロッパにおける水供給に関する概説的な論文集をご紹介。挿絵も豊富で、ぱらぱらめくってるだけども面白い。ボーツナー・マルクトでの木製水道管作りパフォーマンスが、そのままの形で15世紀の文献に登場してて、これまた興味深い。ちなみに、同シリーズの『中世の水供給』(Klaus Grewe (Hrsg.), Die Wasserversorgung im Mittelalter (Geschichte der Wasserversorgung Bd. 4), Mainz 1991.)も同時に購入してしまいました。引っ越しも近いというのに、またまた荷物が増えてしまった…。悪い癖です。今回は、自分の専門により近い、ルネサンス期の論集をご紹介します。以下が目次。

*****
Vorwort
はじめに

Albrecht Hoffmann
Wassernöte und technischer Wandel in der frühen Neuzeit
近世における水の悩みと技術上の変遷

1. Roter Hahn und Schwarzer Tod
放火と黒死病
1.1. Gefahren durch Brunnengift
井戸の毒による危険
1.2. Stadtbäche als Wasserleitung
水道としての都市水路
1.3. Gegen Feuer und Schmutz
火災と汚物に対して
2. Gesundes Wasser
衛生的な水
2.1. Wasser als Lebensmittel
生活必需品としての水
2.2. Wasser zur Körperpflege
身体衛生のための水
3. Entwicklung der Wassertechnik
水利技術の発展
3.1. Mathematik und Wasserbau
数学と水利工事
3.2. Überlieferung antiken Fachwissens
伝来する古代の専門知
3.3. Rohrleitungen und Laufbrunnen
配管と流下式噴水
3.4. Fortschritte in der Fördertechnik
巻き上げ技術の進歩
4. Wasserlieferung ins Haus
家屋への水供給
4.1. Trägerzunft und Tragetechnik
荷役ツンフトと運搬技術
4.2. Wasserträger in Mitteleuropa
中央ヨーロッパの水運び人
4.3. Wasserträger in Westeuropa
西ヨーロッパの水運び人

Duccio Balestracci
Die Entwicklung der städtischen Wasserversorgung in Italien vom 12. bis 15. Jahrhundert
12世紀から15世紀にかけてのイタリアにおける都市の水供給の発展

1. Die Grundzüge kommunaler Wasserwirtschaft
自治体による水利経済の基本的特徴
1.1. Städte im Wettlauf um Wasserrecht
水利権を相争う諸都市
1.2. Entwicklungen im 13. Jahrhundert - Florenz, Mailand, Venedig
13世紀の諸展開―フィレンツェ、ミラノ、ヴェネツィア
2. Trinkwasser für die Städte
諸都市の飲み水
2.1. Weitere Fortschritte
さらなる進歩
2.2. Wasser als Geldeinnahmequelle der Städte
諸都市の収入源としての水
2.3. Sorge um die Wasserreinhaltung
水質維持のための配慮
2.4. Wasser als Gestalter des Stadtbildes
都市イメージを形作る水

Albrecht Hoffmann
Zum Stand der städtischen Wasserversorgung in Mitteleuropa vor dem dreißigjährigen Krieg
30年戦争前までの中央ヨーロッパにおける都市の水供給の水準

1. Rohrleitungen aus Holz
木製の配管
1.1. Nivellieren und Verlegen
水平化と敷設
1.2. Arbeiten mit dem Rohrbohrer
水道管の穴あけ作業
1.3. Fachkräfte für das Leitungsnetz
水道管網の専門家集団
2. Pumpwerke, Türme und Brunnen
ポンプ装置、給水塔、泉施設
2.1. Pumpwerke mit Wasserradantrieb
水車式ポンプ装置
2.2. Wunderwerk der Technik
技術の驚異
2.3. Pumpen zum Feuerlöschen
消化のためのポンプ装置
3. Brunnenpflege in Nachbarschaften
隣人集団での泉施設の手入れ

Albert Bsur
Wasser für Schlösser und Gärten
お城と庭園のための水

1. Die Gartenanlagen
造園
1.2. Typologie und Entwicklung
類型と発展
1.2. Die Rolle des Wassers in den Gärten
庭園における水の役割
2. Technische Anlagen zur Wasserversorgung
水供給のための技術設備
2.1. Gefällenanlagen
傾斜設備
2.2. Künstliche Wasserhebung - Ziehanlagen für Brunnen und Zisternen - Förderwerke
人口揚水—泉施設と貯水槽のためのつるべ設備、巻き上げ式運搬機
2.3. Behälter und Zisternen
容器と貯水槽
2.4. Teich, Weiher und Kanäle
貯水池、湖沼、運河・水路
3. Wasser in den Burgen und Schlössern
城塞とお城の水
4. Wasser in den Gärten
庭園の水
4.1. Freistehende Brunnen
水無し泉施設
4.2. Wandbrunnen
壁泉
4.3. Kaskaden
階段状の人工滝
4.4. Springwasser und Fontänen
噴水施設
4.5. Grotten und Vexierwässer
人口洞窟と判じ水
4.6. Wasserautomaten
自動水利施設
4.7. Wasserorgeln
噴水オルガン
5. Weitere Entwicklung
さらなる発展

Anhang: Beispiele frühneuzeitlicher Wasserversorgung
付録:近世の水供給の諸事例

1. Unterirdische Wasserleitungen
地下水道
1.1. Die Bottini von Siena (Duccio Balestracci)
シエナの地下水路
1.2. Die Wasserleitungen der Stadt Exeter (Mark Stoyle)
都市エクセターの水道
1.3. Hanns Zschans Plan der Basler Wasserversorgung (Niklaus Schnitter)
ハンス・ツシャンによるバーゼルの水供給設計図
2. Städtische Wasserhebewerke
都市の水巻き上げ装置
2.1. Das Große Rad an der Weserbrücke in Bremen (Herbert Schwarzwälder)
ブレーメンのヴェーザー橋脇の大水車
2.2. Die Wasserkunst der Hansestadt Danzig (Albrecht Hoffmann)
ハンザ都市ダンツィヒの水文術
2.3. Das Wasserwerk der Prager Altstadt (Jaroslav Jásek)
プラハ旧市街の給水施設
3. Wasserversorgung von Höhenburgen
山城の水供給
3.1. Der Tiefbrunnen auf dem Königstein (Ingo Busse)
ケーニヒシュタインの深井戸
3.2. Die Tretrad-Brunnenwinde der Festung Kufstein (Wilhelm Ruckdeschel)
要塞クーフシュタインの踏み車式巻き上げ井戸
3.3. Die Wasserkunst des Schlosses Hellenstein bei Heidenheim (Winfried Müller)
ハイデンハイムのヘレンシュタイン城の水技術
4. Wasser für die Fürstengärten
諸侯庭園の水
4.1. Juanelo Turrianos Wasserhebewerk in Toledo (José Antonio García-Diego)
トレドのジョヴァンニ・トゥリアーニの揚水装置
4.2. Die Wasserkünste des Coudenbergparks in Brüssel (Piet Lombaerde)
ブリュッセルのコーデンベルク庭園の水利技術
4.3. Die Wasserkünste des Schlosses Hellbrunn bei Salzburg (Albert Baur)
ザルツブルクのヘルブルン城の水利技術

*****

ドイツとイタリアの事例が多そうです。当時の水道、泉施設、水車技術の概説的な説明が、数多くの挿絵とともになされています。ぼく自身の関心は、やはり都市と水との関係にあるので、とくに編者のアルブレヒト・ホフマンさんの寄稿論文が気になるところ。ちなみに、中近世における都市の水供給(そして水の排出)については、ウルフ・ディルルマイアーの以下の文献が議論の出発点としていまでも研究史上の重要な意義を持っていると思います。ご関心のある方は、こちらもぜひご参照ください。

Ulf Dirlmeier, Die kommunalpolitischen Zuständigkeiten und Leistungen süddeutscher Städte im Spätmittelalter (vor allem auf dem Gebiet der Ver- und Entsorgung), in: Jürgen Sydow (Hg.), Städtische Versorgung und Entsorgung im Wandel der Geschichte, Sigmaringen 1981, S. 113-150.

ちなみにちなみに、水をめぐる新しい歴史研究としては、中世後期カスティーリャに関する示唆深い論考が翻訳されており、とても勉強になります。日本でも、こういった研究がどんどん増えていけばいいですね。

マリア・イサベル・デル・バル・バルディビエソ(大原志麻、村上司樹訳)「後期中世カスティーリャにおける都市と水―水をめぐる王権・貴族・コンセホの権力構図」『都市文化研究』Vol. 9、2007年、132-145頁。

木製の水道設備(ボーツナー・マルクトにて)
b0175255_2459100.jpg

[PR]
by schembart | 2012-08-18 02:48 | 文献紹介
Martin Kluger, Historische Wasserwirtschaft und Wasserkunst in Augsburg. Kanallandschaft, Wassertürme, Brunnenkunst und Wasserkraft, hrsg. Stadt Augsburg, Augsburg 2012.
『アウクスブルクの歴史的な水利経済と水文術:運河が織りなす景観、給水塔、噴水技術、水力発電』

現在アウクスブルクでは、「歴史的な水利経済と水文術」のユネスコ世界遺産への登録を目指して、都市を挙げての活動がさまざまに行われております。世界遺産への登録リストへの参加表明(こちら)は、すでにバイエルン州レベルでの審査を経て、その推薦を受けることが決定されました。次は、ドイツ連邦レベルでの審査が待ち受けてるようです。さて、どうなるものか。動向に目が離せません。

本書は、世界遺産への登録推進活動の一環として刊行されました。試し読みは、こちらから。世界遺産への登録がどうなるかは別として、アウクスブルクの水利経済は、歴史学的に見ても、非常に興味深い。帝国都市による飲み水の確保・供給政策は、1412年(今から600年前!)まで史料的に遡ることができるようです。本書は、都市内の水路システム、水道管による市内への飲み水供給、給水塔の設置、芸術的な噴水施設、水文学の確立、そして1902年の水力発電所の稼働に至るまで、豊富なカラー写真、挿絵付きで、丁寧に説明してくれます。以下が目次。

*****

Das Einzugsgebiet der Augsburger Wasserwirtschaft
アウクスブルク水利経済の河川流域


Flüsse und Kanäle. Geologie, Topografie, Hydrologie, Naturraum. Die Rahmenbedingungen der Augsburger Wasserwirtschaft an Lech und Wertach
河川と運河。地質学、地誌、水文学、自然空間。レヒ川・ヴェルタッハ川沿いのアウクスブルク水利経済の前提条件

Die Denkmäler der Augsburger Wasserwirtschaft
アウクスブルク水利経済の文化遺産


Kanäle waren die Kraftquellen der Reichsstadt. Im Stadtrecht von 1276 wurden erstmals Augsburger Stadtbäche namentlich erwähnt...
帝国都市の力の源泉たる運河・水路システム。1276年都市法に初めて言及されるアウクスブルクの都市水路

Vom Hochablass werden die "Leche" abgeleitet. Von hölzernen Ablasswehren bis zur Stahlbetonkonstruktion des Industriezeitalters
ホッホアプラスから流れ出る「いくつかの小さなレヒ川」。木製排水堰から産業時代の鉄筋コンクリート設計まで

Wasserkunst zwischen Mittelalter und Neuzeit. Seit 1412 versorgten Wassertürme die Bevölkerung der Reichsstadt mit Fließwasser...
中近世の水利技術。1412年以来、帝国都市の住民に水を供給する給水塔

Wasserversorgung durch Monumentalbrunnen. Mit drei Fließwasserbrunnen gestaltete die Reichsstadt den zentralen Straßenraum...
豪華噴水による水供給。帝国都市の中心街路空間を形作る三つの水道噴水

Wasserwissen in Modellen, Skizzen und Schrifften. Hydrotechnische Modellbauten und Dokumente der Augsburger Wassertechnologie
模型、見取り図、刊行物に水利知識。アウクスブルク水利技術の水文学的模型作りとその記録

Augsburgs Wasser förderte die Industrialisierung. Die Turbinen der Fabriken setzten die Antriebskräfte von Lech und Wertach um...
産業化を支えるアウクスブルクの水。レヒ川・ヴェルタッハ川の水力をエネルギーに変える工場のタービン

Das Augsburger Wasserwerk am Hochablass. Im Jahr 1879 entstand eine europaweit beachtete technologische Innovation...
ホッホアプラスのアウクスブルク給水施設。1879年、ヨーロッパ規模で注目される技術上の革新

Denkmäler der Elektrifizierung durch Wasserkraft. Stromgewinnung durch frühe Wasserkraftwerke und der Bau des Lechkanals...
水力発電による電化の文化遺産。初期水力発電所による電気産出とレヒ運河・水路の建設

Der universelle Wert der Augsburger Wasserwirtschaft
アウクスブルク水利経済の普遍的価値


Die Augsburger Denkmäler und ihre Schutzzonen. Augsburgs Intressenbekundung zur Aufnahme in die Liste des UNESCO-Welterbes
アウクスブルクの文化遺産とその保護区域。ユネスコ世界遺産の登録リスト採用へのアウクスブルクの参加表明

*****

中近世の都市にとって、飲み水の確保と市内への供給は、ぼくが博士論文で取り上げる木材の供給と並んで、無視することのできない重要な課題だったのです。数万、数十万、数百万の都市住民を抱える大都市なら、その重要性はなおさら大きくなります。安全な飲み水の持続的な供給が都市住民の生活・生存を支える重大課題であることは、現在でも変わりありませんし、今後は、より切迫した課題となっていくことが予想されます。いまの研究が一段落ついたら、ぼくもこの分野についてさらに突っ込んだ勉強をしてみたいと思っています。

帝国都市アウクスブルクの高度な水文術(Wasserkunst)は、16世紀の後半から、刊行物や技術者の交流を通じて、ヨーロッパの各地にも伝えられたようです。その意味でも、アウクスブルクの水利経済と水文術は、普遍的な価値を持っているというわけです。ユネスコの世界遺産に無事に登録されれば良いですね。良い結果を、このブログでも報告できればと思います。

ちなみに、本書とも関わるレヒ川の歴史、意義についてはこちら、レヒ川博物館については、こちらをご参照ください。写真は、市庁舎前広場のアウグストゥスの泉。
b0175255_3225517.jpg

[PR]
by schembart | 2012-08-15 03:24 | 文献紹介
André Kirchhofer, Daniel Krämer, Christoph Maria Merki, Guido Poliwoda, Martin Stuber, Stephanie Summermatter (Hgg.): Nachhaltige Geschichte. Festschrift für Christian Pfister, Zürich: Chronos Verlag 2009.
『持続する歴史—クリスティアン・プフィスター記念論文集』

気候史研究で著名なスイスのベルン大学経済・社会・環境史講座クリスティアン・プフィスター教授(Prof. em. Dr. Christian Pfister)の65歳誕生日及び退官記念論文集。19本の寄稿論文が収録されております。以下が目次。

******

Bruno Messerli
Christian Pfister, der Begründer der Schweizerischen Klima- und Umweltgeschichte
クリスティアン・プフィスター、スイス気候・環境史研究の創設者

André Holenstein
Grussworte zum Geburtstag und Abschiedsworte zur Emeritierung von Christian Pfister
クリスティアン・プフィスター誕生日及び退官記念の祝辞

Rolf Peter Sieferle
Der Gegenstand der Umweltgeschichte
環境史の対象

Klimageschichte
気候史


Mariano Barriendos
Historical climatology in Spain. Conceptual and methodological renovation in view of the challenges of the climate change
スペインにおける歴史気候学:気候変動の課題から見る概念および方法論の刷新

Rudolf Brázdil
Historical climatology and its contribution to climate reconstruction in Europe
ヨーロッパにおける歴史気候学と気候再構成への貢献

Heinz Wanner, Martin Grosjean, Jürg Luterbacher, This Rutishauser, Roland Widmer
Die Kleine Eiszeit – mögliche Gründe für ihre Entstehung
小氷期—その発生に関する可能性のある諸原因

Dennis Wheeler
British Ships’ logbooks as a source of historical climatic information
歴史上の気候情報に関する資料としての英国船航海日記

Naturkatastrophen
自然災害


Andrea Janku
What Chinese Biographies of Moral Exemplars Tell Us about Disaster Experiences (1600–1900)
中国の道徳説話伝記が災害の経験について私たちに語ること(1600~1900年)

Christof Mauch
Silberstreifen. Naturkatastrophen und Fortschrittsoptimismus in der amerikanischen Geschichte
一筋の光明。アメリカの歴史における自然災害と進歩楽観主義

Franz Mauelshagen
Keine Geschichte ohne Menschen. Die Erneuerung der historischen Klimawirkungsforschung aus der Klimakatastrophe
人間のいない歴史はない。気候災害からの歴史気候作用研究の更新

Guido Poliwoda
Aus Katastrophen lernen in Zeiten der sich beschleunigenden Moderne
加速する近代という時代において災害から学ぶ

Regionalgeschichte als «histoire totale»
「トータルヒストリー」としての地域史


Beat Brodbeck
Aktenbildner als Akteure sichtbar machen. Die online-Datenbank «Quellen zur Agrargeschichte»
関与者を可視化させる文書作成者。オンライン・データベース「農業史史料集」

Hans-Rudolf Egli, Daniel Salzmann
Landschaft als historische Quelle. Das Beispiel des bernischen Seelandes
歴史資料としての景観。ベルンの湖畔地方の事例から

Daniel Flückiger, Martin Stuber
Vom System zum Akteur. Personenorientierte Datenbanken für Archiv und Forschung
システムから関与者へ。文書館と研究のための個人に即したデータバンク

Verena Winiwarter
Regionalgeschichte als «Histoire totale»
「トータルヒストリー」としての地域史

Verkehrs- und Energiegeschichte (1950er Syndrom)
交通・エネルギー史(1950年代症候群)


Juri Jaquemet, Benedikt Meyer
Take-off, Turbulenzen, Langeweile. Die Entwicklung der Zivilluftfahrt seit dem Zweiten Weltkrieg
離陸、動揺、退屈。第2次世界大戦以来の民間航空の展開

Ueli Haefeli, Ruth Kaufmann-Hayoz
Aufwachsen mit dem Auto. Das 1950er-Syndrom und die Mobilität von Kindern
自動車と一緒に成長する。1950年代症候群と子供たちの流動性

André Kirchhofer, Jonas Steimann
Staatsintervention oder Wettbewerb? Ordnungspolitische Paradigmen im Schweizer Eisenbahnwesen seit 1852
国家の介入か競争か? 1852年以来のスイス鉄道における秩序政治的枠組み

Christoph Maria Merki
Epochenschwellen in der Wirtschafts-, Sozial- und Umweltgeschichte. Plädoyer für eine zeitliche Erweiterung von Pfisters «1950er Syndrom»
経済・社会・環境史研究における新たな時代の開始。プフィスターの「1950年代症候群」論の時代的拡張への賛成表明

Anhang
付録

Lebenslauf von Christian Pfister
クリスティアン・プフィスターの履歴
Werkverzeichnis
作品一覧
Betreute Habilitationsschriften und Dissertationen
教授資格論文および博士論文指導一覧
Betreute Lizentiats- und Masterarbeiten
修士・マスター論文指導一覧

******

プフィスターのこれまでの研究活動・成果にしたがって、本書も大きく、1.気候史、2.自然災害、3.トータル・ヒストリーとしての地域史、そして4.交通・エネルギー史(1950年代症候群)の4部に分かれております。第4部の1950年代症候群について以外は、いずれもぼく自身の研究にも関わる分野です。当該分野で先頭を走ってきたプフィスターの業績は、彼の後任としてベルン大学経済・社会・環境史講座の教授をつとめるクリスティアン・ローア(Prof. Dr. Christian Rohr)の災害史研究と同時に、やはりしっかりと押さえておかないといけません。とくに、「トータルヒストリー」としての地域史は、地域に即した環境史研究とも相通じる議論だと思うので、しっかりと吸収・消化したいところです。気候史研究や災害史研究については、こちらこちら、あるいはこちらこちらもご参照くださいな。

ちなみに表題「持続する歴史」というのは、プフィスターの研究姿勢やその成果が、その同僚やお弟子さんたちにしっかりと受け継がれていることも意味しているようです。付録に収録された、プフィスターの指導を受けた研究者の一覧を見ると、それも頷けます。新しい研究分野に挑み、歴史学界に対して新しい問題を提起し続け、なおかつ、教育にも力を注いできたプフィスターの研究者・教育者としての誇り、それに対する同僚、お弟子さんたちの尊敬の念が伝わってくる素敵な記念論文集です。こういう記念論文集、ぼくは大好きなのです。
[PR]
by schembart | 2012-07-27 00:54 | 文献紹介
Hannes Ludyga, Obrigkeitliche Armenfürsorge im deutschen Reich vom Beginn der Frühen Neuzeit bis zum Ende des Dreißigjährigen Krieges (1495 - 1648), Berlin 2010.
『近世初頭から30年戦争末までのドイツ帝国における統治権力の貧民救済』
 
本書は、ミュンヘン大学法学部の法学博士ハネス・ルディガ氏(PD Dr. jur. Hannes Ludyga)による教授資格取得論文(Habilitationsschrift)です。神聖ローマ帝国、領邦国家、都市において、それぞれの統治権力が行った貧民救済に関する法規定を網羅的に分析しております。

拙稿「貧民への木材供与」では、都市当局による救貧政策に関して、その研究動向をまとめましたが、本研究の存在は知りませんでした。研究手法や研究の目的は、ぼく自身の関心とは異なるものの、アウクスブルクの事例も含まれているし、取り上げてしかるべきだったと思います。反省。せめてもの罪滅ぼし(?)に、以下に目次を紹介しますので、どうかご寛容ください。

*****

A. Einleitung
はじめに

I. Einführung in die Thematik und Gang der Darstellung
テーマへの導入と叙述の手順
II. Literatur und Quellenlage
文献・史料状況

B. Die Armut an der Wende vom Mittelalter zur Frühen Neuzeit
中近世転換期における貧困


C. Die Armenfürsorge auf den Reichstagen an der Wende vom Mittelalter zur Frühen Neuzeit
中近世転換期における帝国議会での貧民救済

I. Der Reichstag von Worms 1495
1495年ヴォルムスの帝国議会
 1. Die Einholung von Erkundigungen über Bettler
 物乞い調査の意見聴取
 2. Das Armenrecht der Reichskammergerichtsordnung von 1495
 1495年帝室裁判所規則の貧民法
II. Die Lindauer Reichsversammlung von 1496/1497
1496/97年のリンダウ帝国集会
 1. „Lex fundamentalis" für die Armenfürsorge
 貧民救済のための「根本規則」
 2. Die rechtlichen Ursprünge für den Lindauer Reichsabschied bei
der Armenfürsorge
 貧民救済におけるリンダウ帝国議会決議の法的起源
III. Der Freiburger Reichsabschied von 1498 und der Augsburger
Reichsabschied von 1500
1498年のフライブルク帝国議会決議と1500年のアウクスブルク帝国議会決議
IV. Maximilian I. und die obrigkeitliche Armenfürsorge
マクシミリアン1世と統治権力の貧民救済
V. Die territorialrechtlichen Bestimmungen zur Armenfürsorge
領邦法的な貧民救済関連規定

D. Die Armenordnungen der Städte seit 1520/1521
1520/21年以降の諸都市における貧民条令

I. Der Reformbeginn in den Städten
諸都市における改革の始まり
II. Die Wittenberger Beutelordnung von 1520/21
1520/21年のヴッィッテンベルク巾着袋共同財庫条令
 1. Der Weg zur Beutelordnung und ihr Erlaß
 巾着袋共同財庫条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Beutel" bzw. „Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「巾着袋共同財庫」あるいは「喜捨箱金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen: Die Versorgung der Hausarmen
 保護が必要な者たち:在宅貧民の生活保障
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Lebensmittelvorräte
 生活必需品の備蓄
 7. Pest und Armenviertel
 ペストと貧民区
 8. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
III. Die Kirchenordnung der Stadt Wittenberg von 1522
1522年のヴィッテンベルク教会条令
 1. Der Weg zur Kirchenordnung und ihr Erlaß
 教会条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Gemeine Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「共通喜捨箱献金箱あるいは共同金庫」
 4. Die geplante Armensteuer
 計画された貧民租税
 5. Die Unterstützungsberechtigten
 保護受給資格者たち
 6. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 7. Die Darlehensvergabe an Handwerker und arme Menschen
 手工業者と貧しい人々へのローン貸与
 8. Die Wirkung der Kirchenordnung
 教会条令の効果
IV. Die Armenordnung der Stadt Augsburg von 1522
1522年のアウクスブルク貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge
 貧民救済のための資金調達
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Armenabzeichen und die Registrierung der Armen
 貧民徽章と貧民の登録
 7. Die Trink- und Spielvorschriften
 飲酒・賭博規定
 8. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
V. Die Armenordnung der Stadt Nürnberg von 1522
1522年のニュルンベルク貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Der „Gemeine Kasten"
 貧民救済のための資金調達:「共通喜捨箱共同金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
VI. Die Leisniger Kastenordnung von 1523
1523年のライスニッヒ喜捨箱条令
 1. Der Weg zur Kastenordnung und ihr Erlaß
 喜捨箱条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die Gemeindekasse bzw.
der „Gemeine Kasten"
 貧民救済の資金調達:ゲマインデの箱、あるいは「共通喜捨箱共同金庫」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Kastenordnung
 喜捨箱条令の効果
VII. Die Armenordnung der Stadt Straßburg von 1523
1523年のシュトラースブルクの貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民管理体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die Opferstöcke
 貧民救済の資金調達:献金箱
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護が必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Die Wirkung der Armenordnung
 貧民条令の効果
VIII. Die Armenordnung der Stadt Ypem im niederländischen Flandern
von 1525
1525年の低地地方フランドルのイープル貧民条令
 1. Der Weg zur Armenordnung und ihr Erlaß
 貧民条令への道のりとその公布
 2. Die städtische Armenverwaltung
 都市の貧民保護体制
 3. Die Finanzierung der Armenfürsorge: Die „gemeine Börse"
 貧民救済の資金調達:「共通の財布」
 4. Die Unterstützungsbedürftigen
 保護の必要な者たち
 5. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 6. Das Gutachten der Sorbonne
 ソルボンヌ大学の所見
 7. Die Armenfürsorge und Juan Luis Vives
 貧民救済とファン・ルイス・ビーベス
IX. Die städtischen Hebammenordnungen
都市の産婆条令
X. Zusammenfassung
まとめ
 1. Die Grundbedingungen für die Neuordnung der obrigkeitlichen
Armenfürsorge
 統治権力の貧民救済の再編成のための基本的前提
 2. Die Kommunalisierung, Rationalisierung, Bürokratisierung und
Pädagogisierung der obrigkeitlichen Armenfürsorge
 統治権力による貧民救済の市営化、合理化、官僚化、教育化
 3. Die Beschränkung des Bettels
 物乞いの制限
 4. Die Überkonfessionalität der Reformen
 改革の超宗派性
 5. Die Wirkungen der städtischen Armenordnungen
 都市の貧民条令の効果

E. Die Reichspolizeiordnung von 1530
1530年の帝国ポリツァイ条令

I. Die Verabschiedung der Reichspolizeiordnung
帝国ポリツァイ条令の議案決議
II. Eingeschränktes Bettelverbot, Heimatprinzip, Ausgleichsprinzip und
Prinzip der Generalprävention
限定的な物乞い禁止、属人主義、調整原則と一般予防の原則
III. Das Hospitalwesen in der Reichspolizeiordnung und die diesbezügliche
Entwicklung im Reich
帝国ポリツァイ条令にみる病院施設と帝国におけるその展開
 1. Die Spitalverwaltung
 施療院管理
 2. Die Armenfürsorge
 貧民救済
 3. Die Krankenpflege und Beherbergung
 看病と宿泊
 4. Die Altenpflege
 老人介護
IV. Zusammenfassung
まとめ

F. Das Edikt Karls V. für die Niederlande vom 7. Oktober 1531
1531年10月7日の低地地方に対するカール5世の勅令


G. Karl V. und die Armenfürsorge in Spanien: Die Ansichten der Moraltheologen
スペインにおけるカール5世と貧民救済:倫理神学の見方


H. Die Reichspolizeiordnungen von 1548 und 1577 sowie die Reichskammergerichtsordnung von 1555
1548年と1577年の帝国ポリツァイ条令、および1555年の帝室裁判所規則


I. Die landesrechtlichen Bestimmungen zur Regelung der Armenfürsorge
貧民救済規制の領邦法的規定

I. Die Grundlagen der Territorialgesetzgebung bei der Armenfürsorge
貧民救済の領邦立法の基礎
II. Die Anfänge der Territorialgesetzgebung bei der Armenfürsorge in
Hessen, Sachsen und Württemberg
ヘッセン、ザクセン、ヴュルテンベルクにおける貧民救済の領邦立法の始まり
III. Die Überkonfessionalität bei der Armenfürsorge: Kleve, Berg und
Jülich, Trier und Köln
貧民救済の超宗派性:クレーフェ、ベルク・ユーリヒ、トリーア、ケルン
IV. Der Einfluß der Reichspolizeiordnung auf die Territorialgesetzgebung
bei der Armenfürsorge: Heimatprinzip und Hospitalwesen
貧民救済における領邦立法に対する帝国ポリツァイ条令の影響関係:属人主義と病院施設
V. Die Ausweisungsbefehle und Bettelverbote in den Territorien
領邦における追放命令と物乞い禁令
VI. Die Finanzierung der Armenfürsorge
貧民救済の資金調達
VII. Die Armenordnung von Herzog Wilhelm V. von 1558
1558年の公ヴィルヘルム5世の貧民条令
VIII. Die Armenordnung von Kurfürst Friedrich III. von 1574
1574年の選帝侯フリードリヒ3世の貧民条令
IX. Die Armenordnung von Kurfürst Maximilian I. von 1627
1627年の選帝侯マクシミリアン1世の貧民条令
X. Die Bergordnungen einzelner Landesherren
領邦君主による鉱山条令
XI. Zusammenfassung
まとめ

J. Formen der geschlossenen Fürsorge
閉じられた救貧の諸形態

I. Die Entstehung der Waisenhäuser
孤児院の成立
 1. Die Waisenpflege
 孤児の養育
 2. Das Waisenhaus in Lübeck vom Jahre 1546
 1546年リューベックの孤児院
 3. Das Waisenhaus in Hamburg vom Jahre 1604
 1604年ハンブルクの孤児院
 4. Das Waisenhaus in Blankenburg vom Jahre 1632
 1632年ブランケンブルクの孤児院
 5. Zusammenfassung
 まとめ
II. Die Entstehung der Zucht- und Arbeitshäuser
矯正・労働施設
 1. Die ersten Zucht- und Arbeitshäuser in Europa
 ヨーロッパ初の矯正・労働施設
 2. Die Gründung der Zucht-und Arbeitshäuser im deutschen Reich
 ドイツ帝国における矯正・労働施設の創設
 3. Zusammenfassung
 まとめ

K. Weitere Regelungsmodelle bei der Armenfürsorge
貧民救済におけるさらなる規制モデル

I. Die Luxusverbote
贅沢禁止
II. Die Heiratsverbote
婚姻禁止
III. Die Anfange der Witwen- und Waisenkassen
寡婦・孤児扶助基金の始まり
IV. Armut und Kriminalität
貧困と犯罪
V. Die medizinische Versorgung
医療の世話

L. Zusammenfassung
まとめ


*****

都市、領邦、帝国のそれぞれの「お上」は、貧民救済に関してどのような条令を公布し、貧民の保護についてどのような政策をとってきたのか? その影響関係は? 統治権力による貧民救済よりも、都市における自助・相互援助を重視するマルティン・ディンゲスの示唆深いテーゼが正面から取り上げられてはいないのが、ちょっぴり残念ではありますが、中近世移行期の貧民救済政策の変遷を追うのには最適な文献だと思います。

ちなみに、アウクスブルクの孤児院に関してはこちら、都市の救貧政策についてはこちら、ニュルンベルクの貧民家庭の家計分析はこちら、養老施設としての12人兄弟館についてはこちら、をご参照ください。
[PR]
by schembart | 2012-06-27 01:17 | 文献紹介
Julian Jachmann, Die Kunst des Augsburger Rates 1588-1631: Kommunale Räume als Medium von Herrschaft und Erinnerung, München - Berlin 2008.
『アウクスブルク市参事会の芸術 1588年~1631年:統治と記憶のメディアとしてのコミューナルな空間』

2006年にマールブルク大学に提出された博士論文。著者のユリアン・ヤッハマン博士(Julian Jachmann)は現在ケルン大学の建築史講座で助手をされているようです。専門は建築史ですが、美術史や建築史の枠組みを超えて、都市史研究としても重要な成果であるように思います。ベルント・レックが『エリアス・ホル』で展開した「危機に対する建築」テーゼや、ローズマリー・アウリンガー(Rosemarie Aulinger)の「帝国議会」論も俎上に載せております。時間ができれば、この方面の分野も深く勉強したいのだけど、なかなかどうして…。以下に目次を紹介して、それから市庁舎とペルラッハ塔の写真を添付して、いつものようにお茶を濁そうと思います。ちなみに、書評はこちら

*****
1. Einführung

1.1. Fragestellung und Forschungsstand
問題提起と研究状況
1.2. Methode
分析方法
1.3. Materialgrundlage
資料的基盤

2. Funktion - Nutzung - Bedeutung
機能-利用-意味

2.1. Das Stadtregiment
都市の統治
 2.1.1. Die Institutionen der Ratsherrschaft
 市参事会の統治機関
 2.1.2. Konstitution von gesellschaftlichen Gruppen und ihre Partizipation an der Herrschaft
 社会諸集団の制度と彼らの統治への参加
2.2. Fürsten in der Stadt
都市のなかの諸侯
 2.2.1. Bewegung und Aufenthalt
 移動と滞在
 2.2.2. Rechtsakte
 法行為
 2.2.3. Die Reichstagsthese
 帝国議会テーゼ
2.3. Fest
祝祭
 2.3.1. Veranstaltungen in Innenräumen: Festmahl und Tanz
 屋内の催し物:祝宴とダンス
 2.3.2. Veranstaltungen im Außenraum: Feuerwerk und Aufführungen
 屋外の催し物:花火と劇の上演野外パフォーマンス
 2.3.3. Wege durch die Stadt: Umzüge
 都市を貫く道:行列
 2.3.4. Wettkämpfe vor und in der Stadt: Turniere, Schützenfeste, Pferderennen
 都市内外における競技:トーナメント、射撃祭、競馬
2.4. Zwischenergebnis: Rat und Bürger, Fürsten und Kaiser im Stadtraum
中間成果:都市空間における市参事会と市民、諸侯と皇帝

3. Gestaltung mit Werken der bildenden Künste
造形芸術作品で形作る

3.1. Medien
諸メディア
3.2. Formen
諸形式
 3.2.1. Formensprachen
 形式の諸言語
 3.2.2. Einzelformen
 個別の形式
 3.2.3. Der Entwurfskomplex am Perlach: Rathaus und Loggien
 ペルラッパ塔わきの複合構想:市庁舎と列柱廊
 3.2.4. Zwischenergebnis: Form im Raum, Raum als Form
 中間成果:空間のなかの形式、形式としての空間
3.3. Ikonographie
図像学
 3.3.1. Sub alarum tuarum umbra: Kaisertum und Stadtgeschichte
 皇帝権と都市の歴史
 3.3.2. Concordia heroum victoriae stabilimentum: Antike Mythologie
 古代の神話
 3.3.3. Jesuittische arbait? Christliche Ikonographie
 キリスト教的図像学
 3.3.4. Caput totius operis est triumphus sapientiae: Allegorien und Exempla
 寓意と事例
 3.3.5. Te poscimus omnes: das Friedenslob
 平和の賛美
 3.3.6. Accipe, posteritas, quod per tua saecula narres: Hoheitszeichen und Inschriften
 高権の象徴と碑銘
 3.3.7. Zwischenergebnis: Bildthemen im Raum - Raum als Bildthema
 中間成果:空間における図像テーマ、図像テーマとしての空間

4. Raumgruppen und Raumfolgen
空間グループと空間の連なり

4.1. Die Grenzen der Stadt: Tore und Türme
都市の境界:市門と塔
4.2. Die Hauptachse der Stadt
都市の主軸
 4.2.1. Der Perlach
 ペルラッハ塔
 4.2.2. Der Weinmarkt
 ワイン市場
 4.2.3. Schrannenplatz und Ulrichsplatz
 穀物市場とウルリッヒ広場
 4.2.4. Zwischenergebnis: Differenzierung und Verknüpfung von Straßen und Plätzen
 中間成果:街路と広場の細分化と結びつき
4.3. Die Raumstruktur des Rathauses
市庁舎の空間構造
4.4. Säle und Fürstenzimmer
広間と諸侯の間

5. Strategien kommunaler Raumbildung
都市共同体の空間形成の策略

5.1. Raum und Kommunikation: Gruppenbildung, Partizipation, Abgrenzung
空間とコミュニケイション:グループ形成、参加、境界の画定
5.2. Ordnung
秩序
5.3. Räumliche Methoden der Vergegenwärtigung
顕在化の空間的方法
5.4. Gradienten der Dauerhaftigkeit: zeremonielle Nutzung, ephemere und dauerhafte Raumgestaltung
持久性の濃淡:祝祭的な利用、つかの間の空間形成と持久的な空間形成
5.5. Räume und Regimentsformen
諸空間と統治形式

6. Schlussbetrachtungen
結語

6.1. Die Intentionen des Augsburger Rates
アウクスブルク市参事会の意図
6.2. Raum in der Frühen Neuzeit
近世における空間

Anmerkungen

Abbildungen
付図
Anhang
付録
*****

アウクスブルク市庁舎とペルラッハ塔
b0175255_23172270.jpg

[PR]
by schembart | 2012-05-31 23:18 | 文献紹介
Jon Mathieu, Die dritte Dimension: Eine vergleichende Geschichte der Berge in der Neuzeit, Basel 2011.
『第三の次元:近代における山岳の比較史』

本書の著者は、以前にもご紹介しました『アルプスの歴史』の著者ヨン・マシュー教授。アルプス山岳地帯の歴史に関する数多くの仕事をされてきたマシュー教授ですが、本書では、世界の山岳地域の比較史的な考察を試みております。

ところで、「山岳」の歴史と「森林」の歴史は、もしかすると、あたかも同義語であるかのような印象があるかもしれませんが、それは山の多い日本に特徴的なことだと思います。とくにヨーロッパだと、アルプス山脈などの山岳地帯を例外として、平野部に森林が広がっている場合が多いので、山岳と森林との間には歴然とした違いがあるのです。森林の歴史に比べると、山岳の歴史は、ヨーロッパにおいても、まだまだ蓄積の少ない研究分野なのです。山岳の比較史は、アルプスのふもと、スイスの地で構想され、本書の著者マシュー教授を中心とした研究グループによって、いくつか国際シンポジウムなども行われており、議論が深められてきたようです。本書は、その成果のひとつであるようです。

以下が本書の目次。

*****

Vorwort
はじめに

1. Globalisierung der Wahrnehmung
認識のグローバル化

1.1. 1992: Eine Verfassung für die Berge
1992年:山岳地帯に関する宣言(地球サミット、アジェンダ21)
1.2. 1492: Expansion und Wahrnehmungswandel
1492年:拡張と認識の変遷
1.3. Alexander von Humboldt
アレクサンダー・フォン・フンボルト
1.4. Aufbruch der Wissenschaften
科学の覚醒
1.5. Die Politisierung der Umwelt
環境の政治化

2. Bevölkerung und Urbanisierung
人口と都市化

2.1. Hochland-Demographie
高地の人口統計学
2.2. Ungleichzeitigkeit der Besiedlung
定住の非同時性
2.3. Urbanisierung
都市化
2.4. Zwei Theorien
二つの理論

3. Landwirtschaft, Familie, Mobilität
農業、家族、移動

3.1. Landwirtschaft
農業
3.2. Tierhaltung
動物の飼育
3.3. Familie und Mobilität
家族と移動

4. Kulturelle Vielfalt und Modernität
文化の多様性と近代性

4.1. Westliche Modernisierung
西洋的な近代化
4.2. Die spirituelle Ermächtigung der Landschaft
景観の精神的な権能
4.3. Nord-Süd-Konfliktgemeinschaf
南北の紛争共同体

5. Ergebnisse und Ausblick
成果と展望


*****

「山岳の比較史」という本書の構想がどれほど成功しているか、その判断を下す材料はまだ持ち合わせておりませんが、魅力的な視点ではあると思います。「海の歴史」に比べると、「山岳の歴史」は、グローバルな視点よりも、ローカルな視点のほうにより親和性があるように思うので、その点でも、「比較史」の視点が重要になってくるはずだからです。時間ができれば、じっくりと読んで、いろいろと考えてみたいと思います。
[PR]
by schembart | 2012-05-11 23:38 | 文献紹介
以前に紹介しました、ゲルハルト・フーケー/ガヌリエル・ツァイリンガー『中世後期の大災害』(Gerhard Fouquet / Gabriel Zeilinger, Katastrophen im Spätmittelalter, Darmstadt 2011)の書評が公開されておりました。

Christian Rohr: Rezension zu: Fouquet, Gerhard; Zeilinger, Gabriel: Katastrophen im Spätmittelalter. Darmstadt / Mainz 2011, in: H-Soz-u-Kult, 02.05.2012.

評者は、こちらも以前にご紹介しました『東アルプス地域における極端な自然現象』の著者でもあるクリスティアン・ロール教授。気候史研究で高名なあのクリスティアン・プフィスター教授(Prof. em. Dr. Christian Pfister)の後任として、2010年からベルン大学の経済・社会・環境史講座の正教授を務めております(前のぼくの記事では、ザルツブルク大学の助教授と紹介してますが、あの時ももうベルン大学の正教授になられていたのかもしれません。うーん。きっと当時のぼくの調べ方が甘かったのでしょう)。これまでも気候史、環境史研究において中心的な役割を担ってきたベルン大学ですが、災害史研究の面でも、注目すべき研究成果が今後もここから発信されていくことが予想されます。要チェックです。

書評は、『中世後期の大災害』が新しい災害史の方法論を提示しているわけではなく、叙述も例示的なものにとどまっているが、入門書としてはしっかりとその任を果たしていると評価しております。「文章は読みやすく、例として引用される史料もよく選択されている。添付された挿絵は一見の価値があるし、文献一覧もしっかりしている」。昨日ご紹介した本が典型的ですが、たしかに災害史研究は、例示的な叙述に終始しがちです。それはそれで意味のある作業だとは思うけれど、方法論としては、もっともっと洗練させる必要があるように思います。うーん。ぼくももう少し考えてみないといけません。
[PR]
by schembart | 2012-05-03 16:24 | サイト紹介
Georg Jäger, Schwarzer Himmel - Kalte Erde - Weißer Tod. Wanderheuschrecken, Hagelschläge, Kältewellen und Lawinenkatastrophen im "Land im Gebirge". Eine kleine Agrar- und Klimageschichte von Tirol, Innsbruck 2010.
『黒い空、寒い地、白い死—山岳地方におけるトノサマバッタ、霰、寒波、そして雪崩災害。ティロルの農業・気候史』

ティロルを事例にした気候史、災害史に関する一般向けの歴史叙述。残念ながら脚注もなく、方法論的にも目新しい感じはありません。中世以来、ティロルを襲った異常気象や災害に関するエピソードを集めた逸話集と言っても差し支えないと思います。方法論としては、災害史研究についてはこちら、気候史研究についてはこちらこちら、あるいはこちらを参照したほうが有意義だと思います。ぼくも隅から隅まで目を通していませんが、とりあえず、以下に目次だけご紹介して、お茶を濁しましょう。

*****

Vorwort
はじめに

I. Grundzüge der Tiroler Agrar- und Klimageschichte: Vom Hochmittelalter bis ins ausgehende 19. Jahrhundert
ティロルの農業・気候史の基礎的特質:盛期中世から19世紀末まで


1. Berichte von Klimaschwankungen in den hoch- und spätmittelalterlichen Quellen
中世盛期・後期の史料に見る気候の変動を伝える諸報告

2. Die agrarklimatischen Verhältnisse während der "Kleinen Eiszeit" (ca. 1560-1850)
“小氷期”(約1560年~1850年)における農業・気候の諸関連

3. Wetterhinweise in Pfarrchroniken aus der zweiten Hälfte des 19. Jahrhunderts
19世紀後半の教区年代記に見る天候警告

II. Berglandwirtschaft, Naturereignisse und Wetterkapriolen in Tirol: Kleines Brot und saurer Wein
ティロルにおける山岳農業、自然現象、そして気まぐれな天候:小さいパンと酸っぱい葡萄酒


1. Trockenheit bzw. Wasserarmut am Land und in der Stadt
農村と都市における乾燥、あるいは水不足

2. Auf Dürre folgten riesige Heuschreckenschwärme und kahl gefressene Getreidefelder
旱魃に続く大量のトノサマッバッタの襲来と食われて裸になった田畑

3. Ein kosmischer Streifzug: Kometen oder Schweifsterne über den Himmel von Tirol
宇宙の運行:ティロルの空を行く彗星と箒星

4. Furchtbare Hagelschläge mit "Taubeineiern": Erschlagene Hennen, große Flurschäden und zertrümmerte Fenster
「鳩の卵」級の恐ろしい霰:打ち殺された雌鶏、甚大な耕地の損害、そして粉砕された窓

5. Die Witterung in Südtirol: Nach dem Tagebuch des Johannes Sigmund von Rost zu Kehlburg und Aufhofen zwischen 1678 und 1728
南ティロルの天候: 1678年~1728年ケールブルクとアウフホーフェンのヨハン・ジグムント・フォンロストの日記から

6. Wetterkapriolen in Nordtirol: Dargestellt am Beispiel des Kitzbüheler "Wetterpiechls" von 1756 und 1765
北ティロルの気まぐれな天候:1756年~1765年のキッツビュールの「天候の書」を事例として

7. Nasskalte Sommer und klimabedingte Missernten im "Land im Gebirge"
山岳地方における湿っぽい夏と気候に起因した不作

8. Vorstoßende Gletscher und verwilderte Hochweiden am Beispiel der Ötztaler Alpen
エッツタール・アルプスの事例に見る押し寄せる氷河と荒れる高原

9. Ausbrüche von Eisstauseen und Bergsturzseen: Vom aufgestauten Rofental zur "Gurgler Lacke" und zum "Passeirer Kummersee"
氷河による堰止め湖の決壊と山崩れ激流:堰き止められたローフェンタールから「グルグァー・ラッケ」、そして「パッザイラー・クンマー湖」へ

10. Gletscherleichen im ewigen Eis: Von Fernern oder Keesen freigegebene menschliche Überreste in den Tiroler Bergen
永遠の氷のなかの氷河死体:ティロルの山の氷河のなかの人間の痕跡

11. Strenge Winter mit heulenden Wölfen: Folgen für Bevölkerung und Landwirtschaft
遠吠えするオオカミのいる厳冬:人口と農業への影響

III. Der "Weiße Tod": Wenig Lebensraum und große Lawinengefahr im "Land im Gebirge"
「白い死」:山岳地方における乏しい生活空間と大きな雪崩の危険


1. Mittelalterliche Lawinenkatastrophen zwischen 1250 und 1500
1250年~1500年、中世における雪崩災害

2. Der "Weiße Tod" im bergbäuerlichen Siedlungsraum von 1500 bis 1900
1500年~1900年における山岳農村定住空間における「白い死」

3. Verlähnte Erzknappen und Sackzieher: Eine Katastrophenchronik über den "Weißen Tod" von Bergwerksarbeitern
雪崩の飲まれた鉱山夫と袋持ち:鉱山労働者の「白い死」に関する災害年代記

4. Die Lawinenschutzbauten bei den Bergbauernhöfen: Steinwälle und Mauerwerke, Pultdächer und Lahnhäusln
山地農場における雪崩対策建築:石の塁壁と石塀、差し掛け屋根と雪崩小屋

700 Jahre Tiroler Wettergeschehen im Zeitraffer
駆け足で見る700年間のティロルにおける天候の動向


*****
[PR]
by schembart | 2012-05-02 03:35 | 文献紹介
バイエルン放送局(BR=Bayerischer Rundfunk)が面白い企画を立ち上げております。『バイエルンの一千年(Das Bayerische Jahrtausend)』というシリーズもの。毎週土曜の夜に放映されるとのこと。11世紀のバンベルクから始まって、20世紀のミュンヘンまで。各世紀を象徴する都市を取り上げて、バイエルンの千年を描き上げるようです。

放送局のサイトには、ちょっとずつですが、動画も紹介されています。こちら

この企画に合わせて、副読本も発売されております。こちら

Andreas Otto Weber: Das 11. Jahrhundert in Bamberg
『バンベルクの11世紀』

Rainer Leng: Das 12. Jahrhundert in Würzburg
『ヴュルツブルクの12世紀』

Nicole Neratzoulis: Das 13. Jahrhundert in Regensburg
『レーゲンスブルクの13世紀』

Werner Schäfer: Das 14. Jahrhundert in Straubing
『シュトラウビングの14世紀』

Peter Fleischmann: Das 15. Jahrhundert in Nürnberg
『ニュルンベルクの15世紀』

Magnus Ulrich Ferber: Das 16. Jahrhundert in Augsburg
『アウクスブルクの16世紀』

Siegfried Hofmann: Das 17. Jahrhundert in Ingolstadt
『インゴルシュタットの17世紀』

Andreas Jakob: Das 18. Jahrhundert in Erlangen
『エアランゲンの18世紀』

Karl-Maria Haertle: Das 19. Jahrhundert in Fürth
『フュルトの19世紀』

Susanne Wanninger: Das 20. Jahrhundert in München
『ミュンヘンの20世紀』

ニュルンベルク(15世紀)とアウクスブルク(16世紀)の巻だけですが、つい買ってしまいました。どちらも、当時はバイエルンではないのですが、まあ難しいことは言いっこなしです。土曜日は登山の日なので、テレビ放送は見られませんが、暇を見つけては副読本をぱらぱらと眺めようと思います。

DVDセットも発売されているみたいです。こちら
[PR]
by schembart | 2012-04-28 03:06 | 文献紹介